スマートフォンの次世代高速通信として「5G(ファイブジー)」が始まりました。日本における5Gエリアはまだ限定されていますが、提供エリアでは従来のLTE通信よりも高速通信が実現できています。

そんな5Gですが、利用するには5G対応スマートフォンと5G通信契約が必要となります。今回は5Gに対応したおすすめのスマートフォン(Android端末)をご紹介します。
 

小型ハイスペックな「Xperia 5 II」

 
「Xperia 5 II」

「Xperia 5 II」
 

「Xperia 5 II」は、ソニーモバイルコミュニケーションズから発売されているスマートフォンです。Xperiaは、ハイエンドモデルとして「Xperia 1 II」がリリースされていますが、小型でハイスペックなXperia 5 IIの人気が高くなっています。

5G通信に対応しており、OSはAndroid 10、CPUはSnapdragon 865 5G Mobile Platform、メモリはROM128GB/RAM 8GB、ディスプレイは21:9シネマワイドディスプレイ6.1インチフルHD+有機EL、3眼カメラを搭載しています。特にカメラ機能としては、ソニーのミラーレスカメラαの技術が投入され、人物や動物の瞳に即時にフォーカスを合わせて追従する「リアルタイム瞳AF」や最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写など、高機能なカメラを搭載しています。

さらに映画撮影用プロフェッショナルカメラ「CineAlta」開発チームが監修したシネマ撮影専用機能「Cinematography Pro」も搭載。その他の機能としては、指紋認証、おサイフケータイ対応、耐水・防水機能を搭載しています。2020年12月現在、ドコモ、au、ソフトバンクから発売しています。
 

4眼カメラ搭載「Galaxy A51 5G」

「Galaxy A51 5G」(プリズム ブリックス ホワイト)

「Galaxy A51 5G」2色展開で写真はプリズム ブリックス ホワイト
 

サムスン電子の「Galaxy A51 5G」は、ハイエンドモデルのGalaxy Sシリーズより入手しやすい価格帯で高スペックなモデルになっています。

5G通信に対応しており、OSはAndroid 10、CPUはSnapdragon 765G、メモリはROM128GB/RAM6GB。ディスプレイは6.5インチSuper AMOLED、カメラは約4800万画素のメインカメラを中心に4眼カメラを搭載、大容量バッテリー4500mAh、指紋/顔認証、おサイフケータイ対応、耐水・防水機能搭載です。2020年12月現在、ドコモ、auから発売しています。
 

Googleの5G対応スマホ「Google Pixel 5」

「Google Pixel 5」

「Google Pixel 5」
 

「Google Pixel 5」は、Googleが発売しているスマートフォン。PixelシリーズはAndroidの標準モデルとなっており、Android OSのアップデート対応が早いのが特徴です。

5G通信に対応しており、OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 765G、メモリはROM128GB/RAM8GBとなっています。ディスプレイはフルHD+解像度の6インチ有機EL、2眼カメラを搭載しており、指紋認証、おサイフケータイ対応、耐水・防水機能を搭載しています。auとソフトバンクから発売しており、SIMフリーモデルもリリースされています。
 

5G対応のスマートフォンで高速通信を楽しもう

5G通信が普及することで、リッチな動画コンテンツやゲームが快適に利用できるようになります。5G対応スマートフォンを利用して、次世代の高速通信をお楽しみください。

【おすすめ記事】
iPhone 12で5Gを使うには? 機種変更する際の注意点まとめ
5Gとは? 4G対応のスマホでも使えるの?
楽天モバイルの5G「Rakuten UN-LIMIT V」はどんな人におすすめ?
 

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。