31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:彼氏が元カノからのプレゼントを大切にしていてモヤモヤします

お悩み:彼氏が元カノからのプレゼントを大切にしていてモヤモヤします

お悩み:彼氏が元カノからのプレゼントを大切にしていてモヤモヤします

■愛未さん(29歳・栄養士)のお悩み
彼氏のSNSをさかのぼって見ていたら、彼のサングラスコレクションのうち1つが、元カノからのプレゼントだとわかりました。
 
「SNSを見て気づいてしまった、そういうのは気になる」と伝えたところ、「デザインが気に入っているだけ。限定デザインだから捨てたくない」と言われました。
 
飾り棚からは出して引き出しの中にしまうということで落ち着いたものの、いまだにモヤモヤを引きずっています。彼の部屋には、もしかしたら他にもいろいろ元カノと関連するモノがあるかもしれず、暗い気持ちになります。
 
このモヤモヤは、どうしようもないものなのでしょうか。今はとりあえず、引き出しにしまってくれただけマシだと、自分に言い聞かせています。
 

アドバイス1:「物に罪はない」と考える男性は多い

アドバイス1:「物に罪はない」と考える男性は多い

アドバイス1:「物に罪はない」と考える男性は多い

彼氏が元恋人からのプレゼントをいまだに持っている。もしかしたらまだ元カノに未練があるのではないか? 思い出の品だから捨てられないのではないか? 非常にモヤモヤする出来事だと思います。
 
しかし、これは未練や思い出があるから捨てないのではなく、彼氏さんが言っていることは本心のようにお見受けします。

女性からはなかなか理解されないことですが、多くの男性が元カノからのプレゼントを捨てずに持っているのは、次のどれかに該当しますね。
  • 気に入ってるから
  • 便利だから
  • もったいないから
  • 捨てるのを忘れていた
彼氏さんの場合は1つ目に該当するわけですが、僕も元恋人からもらったプレゼントでそれが気に入っている物であれば、捨てないです。
 
思い出すのが腹立つぐらいの別れ方をしていたら、そんな相手からもらった物を喜んで使う自分にもイライラするので捨てるかもしれません。でもそうじゃないなら、捨てないし使いますね。
 
つまり、4つ目の「捨てるのを忘れていた」という場合を除き、多くの男性はたとえプレゼントをくれた相手が元カノであったとしても、「物に罪はない」と考えています。
 
そして、いまだにそのプレゼントを使っている男性の場合、くれた相手が元カノだったということすら忘れているのではないでしょうか。
 
もちろん、思い出深いから捨てられずに持っているという男性もいるでしょうが、「思い出がある=未練がある」というわけではないんですよね。
 
この場合はただ、捨てるには忍びないし、捨てる理由もないから持っているという感じです。
 
彼の場合は単純にデザインが気に入っているということですし、それ以上の理由はないはずですが、それでも愛末さんはモヤモヤが止まらないかもしれませんね。
 

アドバイス2:まったく同じサングラスをプレゼントしてみては

では、どう解決すればいいか。それは、愛未さんが同じサングラスを買って、元カノがプレゼントしたサングラスを彼に捨ててもらうことです。
 
限定品ということですし、おそらくプレミアがついているでしょうから、新品であれ中古であれ、そこそこの金額がかかることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。
 
「なんで私がそこまでしないといけないの?」と思われたかもしれません。
 
ですが、彼はなんの悪気もなくプレゼントであるサングラスを所持しているはずなんです。
 
それを、「やっぱり元カノからもらった物を今も持っているのは、どうしても嫌だから捨ててほしい」とお願いしたとします。すると、言うか言わないかはさておき、ほぼ確実に「じゃあ同じ物を買ってきてくれよ」と彼は思うのではないでしょうか。
 
彼にとっては、サングラスは元カノのプレゼントではなく、どこまでいっても「デザインが好きな限定品」でしかないんですよ。
 
つまり、そこに人は関係なく「物として」大切にしているものの一つになるんです。
 
これが彼の場合はたまたまサングラスだっただけで、人によって違うのは言うまでもありません。
 

アドバイス3:自分の本心はきちんと伝えること

とはいえ、「元カノのプレゼントを持っている彼に対してモヤモヤしている気持ち」は彼にちゃんと伝えたほうがいいと思います。なぜなら、いくら相手に悪気がないとはいえ、愛未さんが嫌だと思っていることは事実だからです。
 
その気持ちを恋人にわかってもらおうとすることは何も悪いことではないですし、その思いを伝えた上で、こんなふうに言ってみてはいかがでしょうか。
 
「あなたが大切にしている物なのはわかっているから、私が同じ物を買ってきたら、私の買ったほうのサングラスを使ってくれる?」
 
このように伝えて彼が快諾してくれたのであれば、サングラスは元カノへの未練や思い出に関係なく所持していたこともわかるので、モヤモヤはかなり軽減されるのではないでしょうか。
 
もちろん、一番いいのは「そこまでしてもらわなくていいし、そんなに嫌だったなんて知らなかったから、捨てるよ」と言ってもらうことですが、そこはあまり期待しないほうがいいというのが、僕の見解です。
  
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏がよくバレバレの嘘をつきます。どうしてですか?
Q.体の相性が良かった元彼が忘れられません
Q.自分なんかが子供を産んでもいいのか、考えてしまいます

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。