左から、「タイル目地ブラシ」「バスボンくん」

左から、山崎産業「タイル目地ブラシ」「バスボンくん」


水まわりはこまめに手入れをしないと、カビや水垢に悩まされます。そして溜めた汚れのツケを払うために、各種の洗剤と道具に頼ることに。あれもこれも取り入れた結果、掃除用品が増えて困っている……という人も多いのではないでしょうか? 実は私もその一人でした。

「これではだめだ!」と家庭での掃除の基本をプロから学んだところ、洗剤や道具をたくさんを揃えるより、自分にとってやりやすい道具を見つけることが大事だと気づきました。

そこで掃除への苦手意識が変わり、つらい思いを解き放つ道具に出会うことができたのです。

それが“掃除のプロ”御用達の「山崎産業」のお掃除道具「バスボンくん」と「タイル目地ブラシ」です。

手際よく完璧な仕上がりが求められる、掃除のプロが使っているアイテムなので実用的。だからといって無骨ではなくてシンプルなデザインなので、ご家庭にもピッタリなんです。

 

浴槽を立ったままスイスイ洗える! 山崎産業の「バスボンくん」

山崎産業バスボンくん

フローリングモップを扱う感覚でサッサと洗える


私は毎晩必ず浴槽につかっているので、身体を洗うように浴槽も毎回洗っています。とはいえ、腰をかがめた姿勢で身体を支えながら浴槽を洗うのはつらく、少しでも楽に掃除したいと思っていました。

立ったまま外側から浴槽を洗えるスポンジを探していたところ、山崎産業の「バスボンくん」という商品を教えてもらいました。

洗剤不要でフローリングモップを扱う感覚でサッサと洗えるので、これなら"毎日ちょこっとお掃除”を続けられて、清潔キレイに! 浴槽・浴室・洗面に使えます。

 
バスボンくんのスポンジブラシ

フサフサのソフトなアミ目状の繊維なので、お風呂場に傷をつけにくい素材


「バスボンくん」はふわふわした毛のようなスポンジを、伸縮ハンドルに装着して使います。

このスポンジがすごい! アミ目繊維が水だけで石鹸カス汚れやヌメリなどの汚れを軽々と落とし、浴槽やお風呂場の壁、天井、床を1本でお掃除できます。外干しで乾いたら、浴室にフックで吊り下げるとすぐに使えて便利。「バスボンくん」のおかげで、苦行のような浴槽洗いから解放されました。 
   
DATA
山崎産業┃ユニットバスボンくん抗菌 ロング

寸法:幅約150×奥行約120×長さ約820-1240mm
重量:約253g
素材:ヘッド・組成繊維…ポリプロピレン、ハンドル…アルミ、グリップ・スリーブ…ポリエチレン

そして、この「バスボンくん」に出会うきっかけとなったのが、次に紹介する山崎産業の「タイル目地ブラシ」でした。

 

水垢とカビを1本で! 山崎産業の「タイル目地ブラシ」

山崎産業のタイル目地ブラシ

ハンドルが握りやすく、フックで吊り下げて水切りができる


私がこれまでお風呂掃除に使っていたのは、使い古した歯ブラシやキッチン用ブラシなど様々。でも、どれも満足のいくものではありませんでした。

そんなとき、“掃除のプロ”にすすめられたのが、この山崎産業の「タイル目地ブラシ」でした。
 
水まわりの掃除方法と道具

浴槽の給湯口をカバーするフィルターを外してハードブラシで(右上)。また、浴槽のドアや床の隙間はソフトブラシでシャシャッと!(下2枚)


見た目では何が優れているのか分からなかったのですが、実際に使ってみるとそのよさを実感。

ハンドルとブラシの接続部分に角度が付いていて、掃除するところに合わせてハードとソフトのブラシを使い分けることができるのが高ポイント。「タイル目地ブラシ」という名前ですが、タイル以外にも使えます。

たった1本のブラシでこんなにも掃除できるので、余分なグッズを持たなくていいんです。浴室の給湯口カバー、浴槽のドアや床の隙間、お風呂や洗面所、キッチンの排水口やその内側、蛇口まわりや洗面所の縁裏まで、これ1本でラクに手入れができます。
 
キッチンと洗面所排水口と蛇口掃除

キッチンの排水口周りの細かい部分は小さなブラシで(左上・左下)。蛇口ハンドルの隙間や、洗面台の縁裏などの狭いところもサッパリと(右上・右下)。


ちなみに私は、蛇口などの金属部はハードブラシを使い、浴室の樹脂製の床と壁、床と浴槽の立ち上がりの部分はソフトブラシを使う……というように使い分けています。
 
DATA
山崎産業┃タイル目地ブラシ
寸法:幅250×奥行20mm
重量:58g
素材:甲…PP、ブラシ…PVC

 

これさえあればいい! プロが使う掃除道具はシンプル

外干しで乾いたら、浴室にフックで吊り下げるとすぐに使える

外干しをして、乾いたら浴室にフックで吊り下げるとすぐに使えて便利


はじめは“これで何が変わるのか”……と物は試しに注文しましたが、さすがプロの目にかなった道具。見た目はただの掃除道具ですが、本当におすすめです。

掃除が苦手だと道具が増えがちですが、掃除のプロが使うのは「ブラシとスポンジ、ふきんだけ」。その極意を学び、広い面積の部分は「バスボンくん」、細かい部分は「タイル目地ブラシ」を活用しています。

お掃除グッズばかりが増えて、掃除が進まない……と困っている方はぜひ使ってみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。