【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


今後を考えると月3万円の貯蓄では少ないですか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、貯蓄が少ないのではと考えている24歳、独身の女性会社員の方。できれば、自由な独身の時期はいろいろ楽しみたいが、貯蓄も必要と考えている。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
ボーナスもなく、昇給も期待できません

ボーナスもなく、昇給も期待できません


■相談者
MHさん(仮名)
女性/会社員/24歳
東京都/賃貸住宅
 
■家族構成
一人暮らし
 
■相談内容
今働いている会社は新卒で入社して3年目になりますが、ボーナスがなく、昇給も期待できません。昨年は業績が悪く半年間の社員一律1万円の減給もありました。仕事内容は良いとして、社内の空気や社長の考えなどが合わないと感じているためいずれ転職したいと考えていましたがコロナの影響で希望通りにはいかないかもしれないと心配です。仮にこのままの収入でこの先過ごすとなった場合、現状の貯金額では少ないでしょうか。また、お恥ずかしながら保険は親が払っており、金額も定かではありませんが高額だったと思います。そろそろ自分で管理しなくてはと思いますが、どの程度の保険に入ればいいのでしょうか。貯金は社会人になってからはじめ、ずっと月3万円ですが過去に医療脱毛を一括で支払ったため、この額になります。当分結婚の予定もないと思うので、自由に遊べる今のうちに旅行や趣味など楽しみたいと思っています。この先どうなるか未確定の部分が大きいですが、よろしくお願いいたします。
 
■家計収支データ
相談者「MH」さんの家計収支データ

相談者「MH」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)食費について
食費を「月1万5000円」に抑えているのは、他が削れないため、食費を削っているという意味合いが大きい。ただ、慣れてしまって、これが普通になっている。ただし、外食費は交際費(データでの費目は趣味娯楽費)に入れている。
 
(2)趣味娯楽費について
日用品、交際費、化粧品、洋服代など食費以外の生活費。月によって違いますが、目安としては日用品2000円、交際費1万円、化粧品5000円、洋服代1万5000円、趣味3000円。
 
(3)貯蓄ペースについて
月3万円、年間36万円の貯蓄ペースはバランス的に自分に合っていると感じている。ただ、長い目で見れば、これでは足りないと不安にも思っている。ちなみに、コロナで外出できない理由から、4~6月は月5万円貯めることができたとのこと。
 
(4)加入保険の保障内容
・本人/個人年金保険(60歳で10年確定、年金額51万円)=毎月の保険料1万円
 
(5)雑費について
旅行費用、家賃更新費、サブスク代、皮膚科代、美容室代、祝儀代などに充てるのが目的で、現在15万円ほど貯まっている(データにある貯蓄50万円とは異なる)。
 
(6)結婚について
縁があればしたいとのこと。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 今の貯蓄ペースでしっかり貯めていく
アドバイス2 転職活動は手持ち資金が100万円程度貯まってから
アドバイス3 最小限の医療保障を掛け捨てで割安に確保
 

アドバイス1 今の貯蓄ペースでしっかり貯めていく

まず家計管理ですが、しっかりバランスが取れていると思います。食費を必要以上に抑えることはおススメしませんが、外食費を趣味娯楽費に含めているとのことですから、これ以上削らなければいいでしょう。また、雑費に含めている旅行費や祝儀費用など、予算を組んでいるのも堅実。できる範囲で生活を楽しみながら、支出が大きく膨らまない工夫をされています。
 
貯蓄ペースについても、収入と一人暮らしであることを考慮すれば、十分合格ラインだと考えます。年間36万円ですから、5年で180万円。20代で200万円以上、30代前半には300万円の貯蓄ができます。これはとてもいいペースだと言えます。また、コロナ禍で外出自粛となり、貯蓄額が一時的に増えたのもプラス材料。必要に迫られれば、そのくらいは貯められるということです。
 
MHさんの今後のマネープランについては不確定な部分が多く、具体的にはどうすべきかとは言えませんが、少なくとも貯蓄があることで選択肢が増えます。結婚すれば結婚資金や新生活の資金、教育資金などの原資になります。結婚するしないにかかわらず、いずれ住宅を購入するかもしれません。具体的なマネープランが見えたとき、今貯めている貯蓄が役に立つのです。
 

アドバイス2 転職活動は手持ち資金が100万円程度貯まってから ​​​​

転職については、今は時期が良くないので我慢すべきでしょうが、給与面で今の勤務先には今後も期待できないかもしれません。収入アップの手段としてはぜひ実践してほしいと思います。また、転職活動も長くなる可能性もあります。そうなると、ある程度、活動資金は用意したいところ。できれば100万円を目標に、それが貯まったあたり、時期としては1年から1年半後でスタートされてはどうでしょうか。それまでの時間は転職のための情報収集に充ててください。
 
また、今後気をつけるべきは健康管理。今の職場にいる限り、何かとストレスがたまっていくかもしれません。それで体を壊しては元も子もありません。自分なりに解消しながら、上手に付き合うよう心掛ける。そのためにも趣味娯楽費は削らず、このままでいいと思います。
 

アドバイス3 最小限の医療保障を掛け捨てで割安に確保

保険については、現在加入されている個人年金保険は親御さんが加入、その保険料も支払ってくれているとのこと。MHさんは「お恥ずかしながら」と書かれていますが、社会人とはいえ、まだ3年目。一人暮らしで、堅実に生活されています。親孝行や恩返しは、今後いくらでもできますので、親御さんが払えるうちは甘えてもいいのではないでしょうか。受取総額で510万円ですから、将来、老後資金としてもMHさんを助けてくれるはずです。
 
新たに加入すべきは医療保障でしょうか。しかし、健康保険に加入されていますから、高額療養費制度が利用でき、保険適用の治療ならば自己負担は上限で月9万円前後です。保険で新たに確保するのは必要最小限で構いません。入院による差額ベッド代が保険適用になりませんが、入院給付で日額5000円もあれば十分。掛け捨ての医療保険か医療共済で割安に確保します。保険料は月2000円程度で収まります。
 

相談者「MH」さんから寄せられた感想

アドバイスありがとうございました。SNSで同年代の方が公開されている貯金額を見て焦っていましたが、今の貯金額で合格ラインと言っていただき安心しました。100万円貯まるまでは資格を取るなどして転職活動に備えたいと思います。また、保険についても参考にさせていただきたいと思います。こんな漠然とした相談に回答していただけると思っていなかったので嬉しかったです。

●マネープランクリニックのラジオ番組を始めました!
『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。毎週火曜に更新!


●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!



教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など




取材・文/清水京武


【関連記事をチェック】
21歳、新社会人。貯金は5万円ですが、これからの貯蓄や投資、借金返済など何を優先すればいいですか?
26歳、消費者金融のローンが100万円。「足りないと借りる」を繰り返しています……
28歳会社員、貯金90万円。将来の金銭的不安がありますが結婚をして家庭を築きたいのです
27歳貯金50万円。親の介護を経験し、誰にも迷惑をかけずひっそりと暮らしたい
25歳会社員。うつ病により退職をして浪費、借金が50万円ありますが、結婚を考えています

【マネープランクリニックの動画はコチラ】




 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。