最近、株をはじめた人から「おすすめのチャート分析法を教えてください!」という要望をよくいただきます。そこで本記事では、チャート分析法について深掘りし、「株初心者でも勝てる可能性が高そうな、おすすめのチャート分析法」についてまとめます。 
 

おすすめのチャート分析法3つ

ずばり、おすすめのチャート分析法は以下の3つです。
 
  1. 1週間で下がったら買いどき
  2. 1カ月で下がったら買いどき
  3. 2~9年で下がったら買いどき
 
この3パターンは、いずれも効果実証済みです(1)(2)(3)。(日本に限っていうと)個別株のチャートを分析するときの基本は「逆張り」です。日本株では「順張り(上がっているものを買う)がほぼ役に立たない」というデータが多いです。だから、下がっている株や出遅れている株を買うのがセオリーです。 
 
買ってはいけないパターン

買ってはいけないチャートパターンはある?

 

買ってはいけないチャート3パターン

ちなみに、「おすすめのチャートパターン」をひっくり返すと、そのまま買うとヤバいチャートになります。
 
  1. 1週間で上がったら売りどき
  2. 1カ月で上がったら売りどき
  3. 2~9年で上がったら​​​​​​​売りどき
 
「買うとやばいチャート」は、そのまま株の売りどきになります。言い換えると、「上がったら売る」のが基本とも言えます。ちなみに、チャートを分析するときは「右肩上がり」か「右肩下がり」か、だけではなくて、市場全体や同業他社などと比べるといいです。 
 

僕が参考にしないチャート分析法3つ

ちなみに、「良い」とも「悪い」とも言えない、グレーゾーンのチャート分析法もあります。それがコチラ。 
  • トレンドライン
  • ダブルトップ
  • エリオット波動
以上に共通するのは、「線を引いたりしてチャートを分析する」点です。この手の分析は占星術や血液型占いに近く、人によってどうとでも分析できます(科学よりオカルトに近い気がします)。
 
有効性を否定するつもりはありませんが、肯定するのも難しいです。この手の分析は有効かもしれませんが、成功や失敗をしたときに「事後検証する」のが困難です。なので僕は、これらの分析を好みません。
 
「神は存在するか?」など、反論しようのない理屈は、同じ理屈で有効性も確認できません。なので、使わないようにしています。 
 

まとめ

本記事をまとめると以下の通りです。
 
【おすすめのチャート分析法】
  • 買いどき:1週間、1カ月、2~9年の下落
  • 売りどき:1週間、1カ月、2~9年の上昇
  • 判別不能:トレンドライン、ダブルトップ、エリオット波動 など
少なくとも僕は、この分析だけでそこそこ儲かっています。シンプルに理解できるので、これで十分かなと思っています。チャート分析の仕方に迷っている方は、本記事が参考になれば幸いです。 
 
●参考文献
 
  1. 論文:Bruce N. Lehmann, 1990, "Fads, Martingales, and Market Efficiency", The Quarterly Journal of Economics, 105(1), pp. 1-28
  2. 論文:Narasimhan Jegadeesh, 1990, "Evidence of Predictable Behavior of Security Returns", The Journal of Finance, 45(3), pp. 881-898
  3. 論文:James M. Poterba and Lawrence H. Summers, 1988, "Mean Reversion in Stock Prices", Journal of Financial Economics, 22(1), pp. 27-59

【関連記事をチェック!】

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。