siroca1

食パンなら1斤、1.5斤、2斤を作ることができ、焼き色も選べる  

10年ほど前から使ってきたホームベーカリーは、パンの耳がちょっとかたくて食べにくいのが難点でした。そこで新しいものを探したところ、耳のかたさも調整でき、ピザ生地、うどんやパスタといった麺類やおもちも作れる、多機能でリーズナブルなホームベーカリーを数多く発見!

熟考の末に、シロカの「全自動ホームベーカリーSHB-712」を購入しました。思っていた以上に手軽にパンが焼けるので、毎日のように活用しています。
   

驚くほど簡単に、パンが焼ける!

siroca2

焼き上がりタイマーは最大13時間

 
siroca3

食パンの耳はやわらかめとかためを選ぶことができる

食パンを焼くときは、ホームベーカリー用のパンミックスなら、水とパンミックスを入れてメニューから食パンを選ぶだけ。

4時間後には美味しい食パンができます。材料を入れて焼く場合も水から順番に材料を入れ、最後に人差し指で小さい穴をあけてドライイーストを投入し、ボタンを押すだけです。

予約もできるので、夜に材料を入れて予約すれば、翌朝の朝食で焼き立てパンが食べられます!
 

多機能で本当に便利!

siroca4

うどん生地や生キャラメル、ケーキなども作れる多機能ベーカリー

数多くあるホームベーカリーの中からこの機種を選ぶ決め手となったのが、リーズナブルな値段と、作れる種類の多さです。いろいろな種類のパンやピザを焼くのはもちろん、うどんやそば、パスタなどの麺類も作れます。

おもちも作れるので、きなこやあんこ、海苔などを準備し、おもちパーティーを開くようになりました。つきたてのおもちは、やわらかくてとても美味しく、小学生の子どもたちも喜んでいます。

ヨーグルトやクリームチーズ、ジャムも材料を入れてボタンを押すだけで作れるので、料理のレパートリーが広がります。
 

安心、安全で環境にもやさしい

siroca5

米粉でグルテンフリーのパンを焼けば、アレルギーのある子供も安心して食べられる

ホームベーカリーなら保存料、着色料が入っていない安心安全で美味しいパンが毎日食べられるようになります。また、フードプロセッサーでパンを粉砕すればパン粉も自分で作れます。

材料費がパンの購入金額より安いので節約にもなりました。パンを買わなくなったので、包装用の袋のプラスチックごみも出なくなり、いいことづくめ。ぜひ使ってみることをおすすめします。

毎日の生活に楽しみが増えますよ!
 
DATA
シロカ│全自動ホームベーカリー SHB-712

サイズ:約幅26 ×奥行36 ×高さ31cm
本体重量:約4.15kg
タイマー:13時間まで
消費電力:ヒーター500W、モーター50W
セット内容:本体、パンケース、パン羽根、米粉専用パン羽根、計量カップ、計量スプーン、羽根取り棒、ヨーグルト専用容器、ジャムふた、ミトン、オリジナルレシピ、取扱説明書(保証書)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。