世界中を震撼させている新型コロナウイルス。人は不安を感じると、普段では考えられないような行動に走ってしまうことがあります。そして、そのような行動は、ムダ遣いに繋がるだけでなく、運気までも落とすこと。では、どのようなことに注意して、行動するべきなのでしょうか。
 

買い占めを控える

ニュースでも話題になっている買い占め行動。食べるモノが買えなくなったらどうしよう?という不安から、いつもより余計に買ってしまう、買いだめしてしまうという、いわゆる買い占め・買いだめをする人たちが見受けられます。

不安に感じるのは仕方ないと思います。とはいえ、現状、食糧不足にはならないといわれていますので、慌てて買い物に走るのはナンセンスです。いつも通りの生活を送ることが、何よりも必要です。

また買い占め行動に走り、「いつか必要になるかも」「万一のときに」と購入したモノが食べ切れない、使い切れないということもあります。実際に、私の周りでも、食べ切れなくて消費期限が過ぎてしまい、処分したという人もいます。

モノを無駄にするのは、お金のムダ遣いになるだけでなく、ひいては運気を落とすことにもつながります。このような状況だからこそ、冷静な判断を心がけていきましょう。
 

不要不急の外出を控える

不要不急とは特に重要ではなく、急がなくてもよいことをいいます。つまり、退屈だから買い物に出た、友達と遊ぶために出かけるといった行動はNGです。

政府は、今回のコロナ対策において「要請」という言葉を使っていますので、判断は私たちに委ねられています。とはいえ実際は、禁止に近いものと捉えている人も少なくありませんし、そのように解釈してほしいと思っているはずです。

基本的に自分で考えて行動することは大切ですが、このような状況下で自分の都合のいいように解釈し、出かけてしまうのは、規則を守らないことなのです。規則を守らない人に、天はミカタをしてくれません。

一時の楽しみのために、その先に訪れるであろう幸せを手放してしまう可能性さえあるのです。これは、まさに運気を落とす行動といえるのではないでしょうか。

不要不急の外出をしなくても、楽しいことはあるはずです。できることは限られるかもしれませんが、自宅で楽しめることを考えてみては?
コロナ運気を落とす行動

家族で過ごすのも貴重な時間の一つ
 

人を気遣うと運気はアップする

今のような状況下では、自分や自分の家族を優先するのは当然のことです。まずは、自分たちの安全を確保してください。そして、それと同時に、自分の周りの人はどうなのかも考えて行動するようにしてみましょう。

たとえばモノがないという思いは、ネガティブな思いであり、「ない」という状況を引き寄せることになります。また、自分勝手な行動は運気を落とすことばかりでなく、自らを危険にさらすことにもなります。自分の安全の確保がなされていなければ、大切な人を守ることなどできません。

ほんの少しでよいので、他の人はどうだろうか?と考え、気遣うことで運気はアップします。また、「運」は貯金ができるので、この機会にみんなで力を合わせて運気を高め、この状況を乗り越えていきましょう。

【関連記事をチェック!】 【動画もチェック!】
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。