肌悩みに合わせて所持したいコンシーラー

コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,エクセル,ザセム,キス

色も形状もテクスチャーも異なるコンシーラーたち。それぞれ用途は異なる

ファンデーションや化粧下地だけでは気になる肌悩みをうまくカバーすることはできません。そこで、コンシーラーの出番。ファンデーションを厚塗りすることなく、コンプレックスとなりがちな肌悩みを自然にカバーしてくれる強い味方です。

コンシーラーはベージュのものもあれば、ピンクなど色付きのものもあります。また、筆ペンタイプやクリームタイプ、ペンシルタイプ、チップタイプなど形状もさまざまです。だからこそ、肌悩みや使用する箇所に応じて使い分けることが大切です。一般的には、

・筆ペンタイプ:動きが出やすい目元や口元
・クリームタイプ:小鼻の赤みなど密着しづらくカバー力が欲しい箇所
・ペンシルタイプ:唇の輪郭調整や小さなシミに
・チップタイプ:広範囲のシミなどのカバー

に、それぞれ適しています。とはいえ、あれもこれもと揃えていくとお金がかかってしまいます。そこで、注目したいのがプチプラコスメ。なかにはお値段以上のクオリティを誇るものもあるので見逃せません。

今回は、美容ライターである私が実際に使用してみてその実力に魅了された、おすすめのプチプラコンシーラーをご紹介します。

 

美容ライターおすすめのプチプラコンシーラー

肌悩み別におすすめのプチプラコンシーラーをご紹介していきましょう。

1. エクセル「サイレントグロウ コンシーラー」 SG01 ピンクグロウ
コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,エクセル,サイレントグロウコンシーラー

適度に筆がしなって塗りやすいエクセルの「サイレントグロウ コンシーラー」

5色の繊細なパールが生み出す光と色の力でくすみやクマを自然にカバーする、エクセルの「サイレントグロウ コンシーラー」(税抜1500円)。5つの美容成分が配合されていて保湿力やケア効果が高いのも嬉しいところ。動きの出やすい目元やほうれい線に使用しても、ヨレたりひび割れたりしないので重宝しています。

「SG01 ピンクグロウ」は淡いピンク色。気になるくすみやクマ、陰にふわっと明るさを出して若々しい印象に仕上げてくれます。白浮きや厚塗り感も出ないので、夕方などにメイクの上からも使いやすく、鼻筋やCゾーンなどにハイライトとして使うこともできます。
コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,エクセル,サイレントグロウコンシーラー

肌にのせると白っぽく感じられるものの、なじませるとスッと肌に溶け込む


2. ザ セム「カバーパーフェクション チップコンシーラー」1.5 ナチュラルベージュ
コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,ザセム,カバーパーフェクションチップコンシーラー

キャップに内蔵されたチップが使いやすい、ザ セムの「カバーパーフェクション チップコンシーラー」

韓国コスメのザ セム「カバーパーフェクション チップコンシーラー」(税抜780円)は、肌にピタッと密着して気になる肌悩みをしっかりカバーするプチプラコンシーラーとして日本でも大ヒットしました。

微かに粘度のあるしっとり濃厚なテクスチャー。丁寧に叩き込むようになじませれば厚塗りにはなりません。また、適度なツヤが出るので、カバーした部分が透明感を欠いて老け見えしてしまうこともありません。

色展開も豊富なので、自分にピッタリの色を探しやすいというメリットもあります。こちらの 「1.5 ナチュラルベージュ」は、シミやニキビ跡のカバーにぴったりの標準色に近いベージュ。頬などに広範囲で使っても周囲の肌色と一体化した自然な仕上がりになります。
コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,ザセム,カバーパーフェクションチップコンシーラー

絶妙な肌なじみを叶えつつ、密着力も高い


3. キス「コントロールカラーベース」02 Orange
コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,キス,コントロールカラーベース

チップが斜めにカットされていて鏡を見ながら使いやすい、キスの「コントロールカラーベース」


キスの「コントロールカラーベース」(税抜800円)は、正確にはコンシーラーではなく、コントロールカラーです。気になる肌悩みに合わせて適したカラーを纏うことで、自然に肌悩みをカモフラージュして理想の肌に近づけることができます。

コラーゲンやスーパーヒアルロン酸などの美容液成分が配合されているので、みずみずしいテクスチャー。しっとりとした使用感なのもお気に入りのポイントです。

「02 Orange」は、クマやくすみをカバーしつつ自然な血色感を出すことで生き生きとした表情を作るのに役立ちます。
コンシーラー,コントロールカラー,プチプラコンシーラー,キス,コントロールカラーベース

のびやかでなじませやすいテクスチャー。透け感もあり


いかがでしたでしょうか。今回は、美容ライターである私が実際に愛用している、おすすめのプチプラコンシーラーをご紹介しました。気になる商品があればこの機会にぜひお試しください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。