被害者続出! 夫の「音」にイライラする妻たち

騒音夫

「うちの夫は無口だけどうるさい」という、妻の方々の愚痴をよく聞きます。無口なのにうるさいとはどういうこと?

夫が無意識に出す「音」にストレスをためている妻たちは、実は結構多いのです。

 

夫の「騒音」でイヤホンが手放せない……

「一日中ワイヤレスのイヤホンをつけっぱなしです」というのは美波さん(仮名・38歳)。とにかく夫が「騒音の塊」なんだとか。

「この時期は毎日、まず早朝の夫のくしゃみ5連発で起こされます。花粉症とはいえ、くしゃみの音がハンパないんです。叫ぶような声で『ハクショーーーン!! くそーー』と5連発。そもそも自分のくしゃみに、自分で『くそー』って悔しがるのが、全く意味わかりません」

そんな美波さんの自衛手段はワイヤレスイヤホン。セミロングの髪のため、イヤホンを耳に差し込んだままでも目立たず、好きなクラッシック音楽をずっと流しているのだそうです。この一人BGMが最も役に立つのは食事の時。

「最近はASMRや音フェチ動画が流行っていますが、うちの夫の咀嚼音は心地いいどころか聞いているとイライラしてきます。食器を置く動作も雑でガチャガチャうるさいし、ダメ押しは食後の『ゲーッ』という大きな音のゲップ。もう、不快感MAXです。食事中のイヤホンに最初は抵抗があったけど、自分が美味しく食べるための自衛策と割り切っています。話しかけられた時だけ『え? 何?』と聞き返せば、ほぼ会話も問題ないです」

自衛策をとることでイライラせず笑顔でいられるのなら、それもまた明るい食卓のためにはアリなのかもしれません。

 

行動すべてを実況中継? ナレーション夫

「うちはナレーション夫です」というのは美里さん(仮名・46歳)。

何か行動を起こす前には「よしっ、今から歯磨きしようっ」などと宣言。かと思うと「腹が減ったな。でも今何か食べると、もうすぐ夕飯だからな。だけど何も腹に入れないと胃が痛くなるからヨーグルトだけ食べようかな」と、冷蔵庫の前で自分の気持ちの迷いを実況中継。さらにはスマホのゲームをやりながら「あれ? マジか」「なんでー!」「そうきたか、勘弁してくださいよう」などと、相手がいるかのようにしゃべりっぱなし。

「最初は、話しかけられているのかと思って『どうしたの?』とリアクションしていたのですが、最近はガン無視です。でもリアクションが欲しいのか、なおさら独り言が増えて、もはや一人コントをしているピン芸人状態です。R-1にでも出れば?って、いつか言おうと思っています」
 

たかが音、されど音。家庭内のプチストレスは、意外にこんなことの積み重ねかもしれません。自衛手段をとるだけでなく、一度きちんと、パートナーと向き合い、ストレスになっていることを伝えてみると改善策が見える場合もあります。

逆に「お前のイビキだって轟音だ」と返され、喧嘩になるかもしれませんが、お互いのストレスを知らせるという意味で、「夫婦音会議」には意義があります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。