妻のストレスの最大の原因は旦那様? ストレスなく暮らす方法とは

嫌なところのある旦那様とうまく暮らす方法は?

嫌なところのある旦那様とうまく暮らす方法は?

某メーカーの行ったアンケート結果によると、既婚女性にとって最大のストレスの原因は旦那様なのだそう。本来ならストレスを癒してくれるはずのパートナーが逆にストレスの原因になっていては、家庭内が楽しくないのは当然です。家庭内が楽しくなければ、子供に対してもイライラしてしまったり、自分の体調にも悪影響がでてしまうかもしれません。

そんなストレスの連鎖を断ち切るには、旦那様に対して感じる不快感を少しでもなくすことが肝心です。「嫌いな旦那と暮らす方法が知りたい……」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

一度目につくと、どんどん気になる相手の「嫌な点」を気にならなくするにはどうすればいいのか? すぐに実践できる5カ条をご紹介しましょう。
 

夫とストレスなく暮らす方法1:夫に期待しない

夫の行動を「予想はするけど期待はしない」というスタンスで

夫の行動を「予想はするけど期待はしない」というスタンスで

相手に対して「どうして○○してくれないの!?」という思いを持ってしまうのは、相手が「こうしてくれるはず」という期待をしていることが原因。そして、自分の期待と相手の言動が違うことで「がっかりしたわ」「やっぱり駄目な人ね」という落胆や不満を味わうことになってしまうのです。

そこでまずは、相手を自分の物差しで考えて「○○するはず」と期待することをやめましょう。その代わりに、「うちの夫だったら、きっとこうするだろうなぁ」と旦那様目線で考えるようにします。そうすれば、予想結果から導き出される対策も早めにとれるはず。

ここまで準備ができていれば、相手のリアクションに対して「ふふっ……やっぱり予想通り!お見通しよ♪」と上から目線で準備してあった対策をとることができます。「予想はするけど期待はしない」というスタンスでストレスを減らしましょう。
 

夫とストレスなく暮らす方法2:目と意識を離す

「一挙手一投足が不満」なのは「一挙手一投足を見ている」からでは?

「一挙手一投足が不満」なのは「一挙手一投足を見ている」からでは?

「夫の一挙手一投足が不満です」「行動が、逐一気に障ります」という方は、旦那様から、少し意識を離してみましょう。「一挙手一投足が不満」なのは「一挙手一投足を見ている」からではないでしょうか?

「見ないでおく」というのも夫婦生活を円満に続ける大事な才能です。見えなければイライラしないのですから、見ないでおくのが賢明。時々は目を配るけれど、あとは思い切って意識から離してしまいましょう。

「たとえ何か失敗したとしても、だんな様本人の自己責任」ぐらいのつもりで、少し大きく構えておくのが肝心。だんな様は妻の所有物ではありません。すべて管理をしようとするのをやめると、イライラを減らすことができますよ。

>>次もイヤにならない、旦那様への見方を変えるコツが続きます