これらの縛りは、格安で新規加入をして端末をゲットした直後に解約し、その白ロムを売り飛ばすという、携帯電話会社にとって悪質な短期解約ユーザーに対抗するための措置なのですが、これは善良なユーザーにとってもデメリットになってしまうことがあります。

例えば、携帯電話を水没させてしまって機種変更を余儀なくされた場合です。水没のような事故が原因でも前回の機種変更から一定期間を経ていなければ、新端末の購入価格が割高になってしまうのです。

そんなとき白ロムが手に入れば、電話番号を白ロムに移し替えてもらう(手数料が必要)だけで済むのです。この場合、契約は継続しているわけですから、2年契約の料金プランや割引サービスに入っていても問題ありませんし、白ロムという新たな端末があるわけですから高い金額を払って新たな端末を買う必要はないわけです。

 短期利用は煙たがられる

何らかの理由で、短期間だけ携帯電話を利用したいということがあると思います。かくいう筆者も先日海外からの訪問客に持たせるために短期間だけ利用する携帯電話を探していました。いろいろショップにも足を運びましたが、格安店では必ずと言っていいほど1年以上利用しない場合に違約金が取られる割引プランや料金プランの加入が必須でした。要するに、短期利用者が安く端末を購入して利用する道がふさがれてしまっているのです。

プリペイド携帯も1つの道ではありますが、メールやサイト利用に制限があったり、通話料がバカ高かったりと、デメリットも多いのです。

こんなとき、程度の良い白ロムを安く購入できれば、新規で高い端末を購入するよりも格安で利用できます。また、一部の電話会社では、白ロムをプリペイド携帯として登録できる場合もあります。プリペイド専用携帯電話よりも安く手に入ればおトクになります。

 ネットオークションで売ろう

これらの白ロムを個人売買するとしたら、ネットオークションが最適でしょう。試しにヤフーオークションなどで「白ロム」というキーワードで検索してみてください。たくさんの出品が表示されることでしょう。特に「新品未使用」の白ロムは結構イイ値段が付いています。

機種変更したあとの白ロムをネットオークションなどで売れば、事実上、利益の分だけ安く機種変更できたことになります。人気のある機種や程度によっては、思いがけない高値が付くことがあり、機種変更でかかった金額以上になってしまうこともあるかもしれません。