結婚を希望しています。資金的に子どもは何人持つことができますか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、いますぐ住宅購入をする際、その予算やローンの組み方で悩む35歳の医師の独身男性。結婚の希望もあり、何人くらいなら資金的に持つことができるのかも悩んでいるとのこと。家計コンサルタントの八ツ井慶子さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
35歳で住宅の購入でいくらぐらいの物件を頭金どれくらいで何年ローンが現実的でしょうか?

35歳で住宅の購入でいくらぐらいの物件を頭金どれくらいで何年ローンが現実的でしょうか?


■相談者
DR1984さん(仮名)
男性/公務員/35歳
関西/賃貸住宅
 
■家族構成
独身・一人暮らし
 
■相談内容
今後、結婚を希望していますが、35歳で住宅の購入でいくらぐらいの物件を頭金どれくらいで何年ローンが現実的か、子どもを何人くらい持つことができるのかが見えなく不安です。
 
仕事は病院で医師をしています。正規職員で家賃補助含め額面で45万円の給与をいただいております。医師のバイトもしておりそれが月に64万円(額面)程度の収入となっています。独身で時間があるのと勤務は比較的ゆったり仕事をしている関係で土日もバイトをし、その収入が月に額面で80万円程度あり、今年の最終的な収入は2400万円(額面)程度になりそうで税金、社会保障費(現在月額6万円程度)を引くと大体1550万円程度の手取りの予定です。
 
今までは大学院に通っていたことなどもあり、医師としては給与も少なく貯蓄もあまりできていなかったのに比べると現在は大変恵まれた環境にいるのは理解しています。しかし今年から正規職員になったからといって今の地位は盤石ではなく、数年後に行われる人事で誰につくかによって冷遇や実際辞職をしなくてはいけないこともありえます。そのため退職金は当てにできそうもありませんし、その際は一時的にアルバイトのみの生活になることも考えられます。
 
また、現在は独身ですが、結婚、子どもができた際には家族との時間も大切にしたいと考えていますので、いまの地位のままがしばらく続いても土日のバイトは半分程度に減らす予定で、年収的には1800万円(額面)程度かと考えています。
 
このまま独身の場合は収支が問題になることはないと思っていますが、今後1年を目安に結婚と、それに伴い住宅購入を考えています。子どもも2人ほしいと考えていますが、妻が専業主婦だった場合でもどの程度の額の住宅購入が現実的なのか、またそれに伴い今保有する金融資産をどうふりわけたらよいのか教えていただければと思います。よろしくおねがいいたします。
 
■家計収支データ
「DR1984」さんの家計収支データ

「DR1984」さんの家計収支データ


■家計収支データ補足
(1)住宅購入について
勤務地のある場所の5000万~7500万円程度のマンション(3LDK 70平米以上)。まだ30代で新築を買っても大規模修繕があると思っておりますので中古でも良いと考えている。
 
(2)ボーナスの使いみち
学会参加費と臨時の支出により上記支出を時折越してしまう分の補填に充てるため、結果的に貯蓄はできていない。
 
(3)趣味娯楽費の内訳
旅行費用として月割りで予算10万円、婚活費用として月10万円、付き合いの飲み会が月に2~3万円、その他。
 
(4)加入保険の保障内容
本人/ドル建て個人年金保険=保険料約1万円
 
■家計コンサルタント八ツ井慶子の3つのアドバイス
アドバイス1 試算上は希望される将来は資金的に可能
アドバイス2 不確定な将来の必要額を知ることは重要ではない
アドバイス3 市場や景気の局面には注意が必要
 

アドバイス1 試算上は希望される将来は資金的に可能

ご相談にある「35歳で住宅を購入する場合、どの程度の価格の物件を、どのくらいのローンで組むのが現実的か?」と「子どもは何人持つことができるか」ということですが、シンプルなシミュレーションをしてみましょう。
 
まず住宅資金を考えてみましょう。希望されている物件価格のうち、その上限の7500万円の物件を購入するとします。これに別途、諸経費として600万円がかかるとし、頭金を1000万円入れるとして、手元に残る金融資産は約1000万円となります。ローンは返済期間30年。借入額は7100万円に対して、金利全期間固定で年1.5%だと、毎月の返済額は約24万5000円(ボーナス月の加算なし)。マンションの場合、他に管理費、修繕積立金が発生するので、これに固定資産税も月割りにして加えると、ざっくりひと月あたり30万円程度になるでしょう。
 
一方、今後の収入は「年収で額面1800万円」とのことですから、手取り額はおおまかに見て1200万円。購入後の生活費ですが、便宜上、購入と同時に結婚されたとします。データにある今の生活費からなくなる費目は家賃と婚活費用。対して増えるのは、マンションにかかるコストと食費や光熱費などの基本生活費。それでも、他にまとまった額の新たな支出(例えば、自動車の所有)が発生しなかったら、無理なく月30万円は貯蓄ができそうです。
 
それが定年まで25年間継続されると、貯蓄は9000万円になり、手持ち資金と合わせておよそ1億円。ここから教育費を捻出すると考えると、進路等で大きく幅がありますが、仮に1人あたり3000万円を想定しても、お子さん2人なら、計算上は60歳のときに4000万円(老後資金)は手元に残ることになります。ちなみに、繰上げ返済を一切しなかったとして、この時の住宅ローンの残債は1400万円ほどです。
 

アドバイス2 不確定な将来の必要額を知ることは重要ではない

いかがでしょうか。少しイメージはできたでしょうか。少しでも不安が軽減されるといいのですが。とはいえ、やはりあくまで試算です。また、多くの部分を仮定としています。
 
住宅の物件価格も結婚後の生活費も、想定とは大きく変わるかもしれません。毎月にしたら小さな金額の違いでも、20年、30年と長いスパンでみれば大きな差になります。これは良くも悪くもです。思ったよりお金がかかるかもしれないし、その逆かもしれません。また、未来の奥様の考え方も加われば、家計はガラッと変わるかもしれません。少なくとも、収入を得られるなら、先の試算にもっと余裕が生まれますし、お子さんが医学部に進学する、あるいは海外留学するとなれば、教育費はさらに増えるかもしれません。
 
将来が不安だからどの程度資金が必要かを知りたい。その気持ちは十分わかります。なので、簡単な試算でも、安心感につながるといいなと思うのですが、一方でその数値をあまり信じすぎてしまうのもよくありません。人生に「想定外」はつきもの。試算は試算として、想定外に対応できる心の余裕も同時に持っていただきたいなと思います。
 
35歳にして2000万円超の資産を、自らが頑張って働いた収入から作り出したということは素晴らしいです。ぜひ自信を持っていただいて、その上で今後どういう家庭を持ち、どのような生活をしていきたいかを、ぜひ前向きに考えてみてください。
 

アドバイス3 市場や景気の局面には注意が必要

それと、資産運用について。利用されている社内預金の規約等は不明ですが、おそらく上限預入額が定められていると思います。利率が良いので上限額まで目いっぱい利用されてはいかがでしょうか。
 
また、投資を積極的にされていますが、金額は許容範囲内だと思います。しかし、世界的には経済成長が長期間続いているものの、同時に最近の不確実性は高く、政治的にも地政学的にも危うさを持っています。いつ、リセッション(景気後退)が起こってもおかしくないかもしれません。
 
投資リスクの怖いところは、一度大きく減ってしまうと、なかなか取り戻すのが難しいという点。ご相談者の場合、多くが積立による投資ですので、その影響は多少抑えられますが、それでも、市場や景気がどういう局面にあるかは絶えずチェックしておいてください。場合によっては、資産を守る意味で、一度イグジット(解約)して再度エントリー(買付)することを検討してもいいかもしれません。
 

相談者「DR1984さん」さんから寄せられた感想

八ツ井先生の現状維持で大丈夫とのお言葉で大変安心できました。アドバイスいただいたようにまだ色々不確定な要素も大きいため、これからも堅実に消費と蓄財をバランスよく生活していこうと思います。ありがとうございました。


教えてくれたのは……
八ツ井慶子さん
 
 

 


家計コンサルタント。大学卒業後大手信用金庫に入庫。本当にお客様にとっていいものを勧められる立場になりたいとの思いから、個人相談が中心の家計コンサルタントとして独立。近著に『ムダづかい女子が幸せになる38のルール』(かんき出版)と『サラリーマン家庭は"増税破産"する! 』(角川oneテーマ21)がある。テレビ、新聞、雑誌などでも活躍中。All Aboutマネーのガイドを務める


取材・文/清水京武 


●マネープランクリニックのラジオ番組を始めました!
『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。毎週火曜に更新!



●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!


【関連記事をチェック】
33歳貯金1650万円。スーパーカー購入とそのための自宅を建てたい
35歳一人暮らし、貯蓄1500万円。老後に漠然とした不安
35歳独身、貯金1000万円。年収が200万円下がり悩む
39歳貯金370万円。このまま独身で生きる将来を考え、貯蓄が少なく老後の生活が不安
39歳貯金13万円。離婚で150万円がなくなり、老後のためにどこを見直すべきですか?


 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。