「デート中にクーポンを活用する男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

「デート中にクーポンを活用する男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

「デート中にクーポンを活用する男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

婚活中、相手の男性にイライラした、ドン引きしたという女性は多いのでは。とはいえ、そんな一見「ダメ男」に見える人の中にも、磨けば光る「いい男の原石」がいるかもしれません。

そこで今回は、以下のお悩みをもとに、「デート中にクーポンを活用する男性」の中に「いい男の原石」はいるのかどうか、どうやったら見抜けるのかについて考えてみます。

■れいこさんからのお悩み
1回ランチデートをした男性と、初めて夜デートをしたときのこと。お会計時にすかさず、スマホでクーポンを提示&来店ポイントを貯めているのが見えて、ドン引きしました。付き合う前のデートのときくらい、せめてかっこつけてほしかった……。後ろに立っていて、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

ちなみにしっかり、2000円回収されました(お会計は5000円ちょっと)。
 

今回のアドバイス担当:大道枝里(パートナーエージェント所属)

今回の回答者:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回の回答者:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回の回答は、大道枝里さん(パートナーエージェント所属)が担当します。

累計120組以上の成婚を導くPA公式アンバサダー
東京都品川区


多数の成婚実績を持つ、パートナーエージェントの元コンシェルジュ。自身の離婚経験や子育て経験も踏まえたアドバイスが好評。現在は公式アンバサダーとして、各種メディア等で婚活の意義やテクニックを発信している。
 
■パートナーエージェントとは
成婚率No.1の結婚相談所。1人ひとりの個性や人生設計に沿って婚活をサポート。業界初の「婚活PDCA」システムや、企業の枠を超えた会員相互紹介プラットホーム「C-ship」など、革新的なサービスを推進。

>>詳しいプロフィール・連絡先はこちら
 

クーポン活用のレベル確認でNOなのかを判断

デート中にクーポンを使う男性は、ダサイとよく女性たちが嘆くと思います。

これってクーポンの使い方やレベルによりませんか? お店選びの段階から、このお店はクーポンがあるからここで!と「クーポンを目的としてお店を探す」なら、結婚生活も細かくケチな人なのかと想像してしまうかもしれません。

初回の時クーポンがなかったのであれば、結婚生活ではバランス良く家計を見てくれる人かもしれないと、受け取るタイミングがあってもいいと思います。

なぜかというと、クーポンが使えるかは、結構それなりに調べたりしないと、わからない。

事前に調べてくれていたとプラスに取るか、毎回かっこよくスマートにお会計をしてくれる人が良いのかは、人それぞれの価値観になりますが、「クーポンの使い方レベル」を測ってからでも遅くはありません。
 

会計時の恥ずかしさはいくらでも回避できる 

会計時クーポンを使っているタイミングなど、女性からすると恥ずかしさはありますよね。

会計の方法って実は沢山やり方があるので、女性側も、相手の進め方についていくのではなく、レジ等で会計の時には先に自分からお金を払える金額をサッと渡して、「トイレに行ってきてもいいですか?」とその場から一旦離れることもおススメです。

ずる賢いと取るかは人それぞれですが、自分主体である程度は動いていくのも、大切なのではないでしょうか。

もう一つ金額の事がありますが、ここも相手に合わせない時も作っていいと思います。

5000円のお会計に対し、自分だったら1000円くらいでいいかなと思えば、「これお会計に使ってください」と自分の価値観や感覚をきちんと理解してもらう。

自分がどうしたいかも大切にした方が、続ける相手かどうか見極められます。
 

できるだけご馳走してほしいなら、頼る甘えるは重要

婚活では、男女ともに相手の発言や行動を採点するかのように、見てしまうものです。なぜならきちんとした人と結婚をしたいと思っているから。

「きちんとした人」「優しい人」と様々な思いはありますが、お互いに成長し合える関係になりたいってよく言いますよね。

成長し合えるには、その結果の前に、必ず訓練のようなプロセスがあると思うのです。

お互いに努力をし意識して相手に伝えなくてはいけないこと、きっといくつもあります。

原石とは、原料となる鉱石であるので、会っている人が未来一緒に過ごすかどうか、今は原料集めをしている。原料にはオリジナルを加えていいんです。

自分がしてほしいことがあれば、「今日はとても楽しい時間であっという間でした」と感謝の言葉ははっきりと表現しつつも、笑顔で伝票を渡すのもありです。

ご馳走してね!というサインとしても使えますし、財布を出すフリをするよりも、潔く相手に頼ってお願いしてしまうことも、決して悪いことではないので、ぜひチャレンジしてみてください。

■私も「こういう男性はどうですか?」と聞いてみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください!(相談は現時点では無料です)

■回答者のプロフィール・連絡先が知りたい!
こちらをご覧ください!

※プロフィールイラスト by せるこさん
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。