月経不順の原因は「病気」とは限らない?

つらい生理不順を改善するには

病院でも原因が分からず、気になる生理不順……普通の食事やセックス頻度に問題がある?と考えるのは誤りです


月経不順の原因」でも詳しく解説しましたが、月経周期は25~38日であれば正常で、月経周期が25日未満で短いものを「頻発月経」、39日以上開くものを「稀発月経」と言います。月経不順が引き起こされる原因は様々ですが、大きく「治療が必要な病気が原因のもの」と「病気ではなく生活習慣が原因のもの」に分けることができます。

■月経不順をもたらす病気
卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発卵巣機能不全、多嚢胞性卵巣症候群、排卵障害、高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、染色体異常、また、正確には病気ではありませんが更年期などが挙げられます。

■月経不順をもたらす生活習慣
炭水化物過多やカロリー不足など栄養バランスの偏り、過労、睡眠不足、冷え、体重減少・肥満、一部の薬の常用などが挙げられます。

今回はそれぞれの原因別の月経不順の治し方・改善法について解説します。
 

病気が原因の月経不順の治療法……原因に応じてピル、カウフマン療法、排卵誘発等

病気が原因で月経不順が起きている場合、病院やクリニックで適切に治療する必要があります。原因となっている疾患にあわせて治療法は異なりますが、主に以下の方法が挙げられます。
  • ピル
  • カウフマン療法(ピルより弱いホルモン剤による治療法)
  • 排卵誘発剤(妊娠希望の場合)
  • 漢方薬
  • プロラクチンや甲状腺ホルモン異常に対する投薬

生活習慣が原因の月経不順の改善法……日常生活の工夫・考え方の見直しを

月経不順の原因となるような病気が診察でも見つからず、生活習慣が原因と考えられる場合は、自分でできるところから生活習慣を改善していくことが有効な場合があります。

生活習慣を整える上で特別なことをする必要はなく、バランスのいい食事、十分な睡眠、明らかに体を冷やすような習慣がある場合はそれを改善するなどを試していくのがよいでしょう。心身の健康に影響を与えるような「考え方のクセ」がある場合は、意識して修正することで症状が改善していくケースがあります。ここでいう考え方のクセとは、女性性の否定や男性性への抵抗、親からの独立への抵抗、妊娠や性的なことへの抵抗などです。

また、巷で言われているような、健康のためにと炭水化物を完全に抜く食事法やマクロビなどの極端な食事療法は逆効果です。同様に、適度な運動は推奨できますが、運動のし過ぎも逆効果になりますので注意が必要です。俗説として「セックスするとホルモンバランスが整う」「セックスは女性ホルモンが増える」といったものも見聞きしますが、こちらも科学的には全く根拠がありません。極端な健康法や俗説に振り回されずに、日常生活を整えていくことが大切です。
 

慢性的な月経不順で病院受診のタイミングに迷っている方に

月経不順のすべてが病的なものとは限りませんが、月経は心身の状態のバロメータでもあり、体が何かを訴えようとしている可能性もあります。月経不順があるものの何となく放置してしまっている人は、一度婦人科できちんと相談してみましょう。原因となる病気があった場合は早い段階で必要な治療を受けるべきですし、病的な原因が見つからなかった場合は余計な心配を減らすことができます。まずは自分の体を向かい合うきっかけとして、月経の状態をきちんと把握してみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項