適当に済ませがちなチーク&ハイライトに落とし穴が!

血色を良く見せながら、小顔効果も狙えるチーク。そして、顔全体に立体感やツヤ感を与えてくれるハイライト。どちらもメイクの仕上げに欠かせない重要なプロセスですが、やり過ぎても、やらなさ過ぎても老け見えしてしまう難しさがあります。 

そこで今回は、おばさんに見えてしまうNGチーク&ハイライトと、簡単にできる改善ポイントをお伝えします。
 

チークを上手に入れれば、イキイキ血色良く見えてリフトアップ効果も!

 

NGその1:全顔ギラギラハイライト

マットなベースメイクは、肌が乾いて見えたり厚塗り感が出たりして、老け見えしてしまうもの。しかし、ツヤ肌に見せようとして顔全体にやたらハイライトを入れるのはNG。ハイライトは要所要所にのせてこそ、ツヤ感や立体感を効果的に演出できるのです。

入れるべき場所は、おでこから鼻筋の真ん中までのTゾーンと、眉尻から頬骨の上部にかけてのCゾーン。仕上げに軽くあご先にのせるのもおすすめです。しかし、それ以上広げ過ぎると、テカリと見分けがつかなくなってしまうので注意。

また、色選びにも気を配って。真っ白だと白浮きしがちなので、ほんのりベージュがかったものやゴールドパール入りの方が、肌になじんで自然に見えます。
 

NGその2:真ん丸おてもやんチーク

チークは入れる位置や形によって印象を操ることができますが、入れる位置が内側過ぎたり、クルクルと丸く入れたりすると幼い印象になって実年齢とのギャップが生まれ、若作りしているように見えてしまいます。

チークは頬骨に沿って、ふんわりと入れるのが正解。具体的には、ニコッと笑ったときに一番高くなるポイントからこめかみに向かって、斜めにサッとブラシを滑らせるのが基本です。ただし、このポイントは年齢とともに下がってきやすいので、アラフォー世代はやや高めに入れることを意識! 頬がキュッとリフトアップして、若々しく見えます。入れる位置が下過ぎると、頬がたるんで見えるので気をつけましょう。
 

NGその3:げっそり縦長チーク

丸顔の人がやりがちなのが、輪郭を引き締めようとしてチークを縦長に入れる方法。視覚効果で確かに顔がほっそり見えますが、アラフォー世代がやるとげっそりと頬がこけているように見えて、やつれ感が出てしまいます。

チークで小顔に見せたいなら、仕上げにちょっとしたひと手間をプラス。いつも通り頬にのせた後、そのままブラシに残ったチークを輪郭に沿ってぐるりと一周のせて。年齢とともに広くなる顔の余白を埋めて自然な陰影をつけることで、引き締まった小顔に見せることができます。
 

NGその4:くっきり色浮きチーク

似合わない色のチークを塗っていると、肌色がくすんで老けて見えてしまったり、その部分だけが顔から見事に浮いて古臭く見えたりしがち。自分に似合う色のチークをきちんと選びましょう。

自分に似合う色がわからないという人のヒントになるのが、パーソナルカラー診断。肌・瞳・髪の色などを基準にその人に似合う色を導き出すものです。プロによる診断を受けるのがベストですが、自分で簡易チェックする方法もあります。

たとえば、シルバーとゴールドのアクセサリーをつけた時、どちらのほうが肌色がキレイに見えますか? シルバーのアクセサリーをつけると肌の透明感が増して見える人は、ブルーベースの可能性大。青みがかった桜色ピンクやローズ系が似合います。一方、ゴールドのアクセサリーをつけるとイキイキと健康的に見える人は、イエローベースの可能性大。黄みがかったコーラルピンクやオレンジ系が似合います。

ベースメイクの延長でサッと適当に済ませてしまいがちなチーク&ハイライトですが、もう一度、色や入れる位置を見直してみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。