■無くならない「迷惑メール」

以上の検証結果から、現在のドコモの迷惑メール対策では、迷惑メールが無くなることはありません。メールアドレスの変更でしばらくはDMが来なくなると思いますが、それも時間の問題でしょう。現に私もメールアドレスを変更してからしばらくしてDMが来るようになり、過去3日間で8通ほどのDMが私の携帯に舞い込んでくるほどになりました!!

iモードがインターネットに接続されている性格上、迷惑メールが無くなることはありません。また迷惑メールにより受信者に迷惑がかかったり費用負担が発生するのも、システム上仕方のないことと言えます。この問題はiモードのみでなく、インターネットやそれ以前のパソコン通信の時代でも既にあったのです。しかしそれに対する抜本的な対策は未だありません。インターネットは常時接続が一般的になり、迷惑メールを受信しても追加費用がかからなくなったため、受信者が無視するようになって来ました。また受信側で様々な設定が出来るようになり、設定によってはかなりの割合で迷惑メールを排除できるようになったという側面もあります。


■400パケット無料は32億円の損失!

平成11年7月から迷惑メール対策が講じられて来たにも関わらず、ドコモは2001年8月1日から毎月最大400パケット(メール約100通分・120円相当)を無料にするという措置を講ずることにしました。これはドコモにとって毎月32億円の損失!ここまで来ると迷惑メール対策に不備があることを自ら認めているような気がしてきます。

今まで迷惑メールで大金を稼いできた訳ですから「それぐらいしてもいいんじゃないの?」と思ってしまいますが、これはあくまでも迷惑メールが1日3通以内の場合です。もし迷惑メールが毎日4通来るようになったら、ドコモはやはり7億近く儲かってしまうんですね。5通来るようになったら...書きたくもありません!


■抜本的な対策を求む!

いずれにしろ、私たちユーザーにとっては迷惑メールがガンガン来て、嫌な思いをするだけでなく多少なりともお金の出費になり、ドコモが儲かるとなればいい気分はしません。何か抜本的な解決策はないものでしょうか?いくつか私が思いつくものを挙げてみます。