「ラジオ・ブラウザ」導入ガイド

■ダウンロード

「ラジオ・ブラウザ」は、開発者が運営するクロノス・クラウンのページからダウンロードできます。

ダウンロードしたLZHファイルを解凍したフォルダにある「radio_browser.exe」がプログラム本体(ラジオの形をしたアイコンのファイルです)。それをダブルクリックすればソフトが起動します。インストールは必要ありません。

初回起動時には、「このマシンではまだインストール設定が行われていません~」というポップアップメッセージ(下図参照)が表示され、設定ウィンドウが自動的に起動します。
が、このウィンドウは「設定」ボタンを押せばいつでも表示させることができるうえ、キャンセルしたとしても動作に問題はありません。
まずはキャンセルしておき、必要に応じて後から設定を行ってもよいでしょう。

初回起動時のポップアップウィンドウ
インストール設定という名目でこのあと設定ウィンドウが表示されるが、設定せずキャンセルしても問題はない

■設定

初回起動時のほか、ウィンドウ左上の「設定」を押すと下の図に示す設定画面が表示されます。

設定画面
設定項目はラジオボタンに示される4項目。必要なものがあれば導入しよう。

設定内容は、画面に表示してあるとおりの4項目。

なかでも、「IEの右クリックに『ラジオ・ブラウザ』で読み上げる」機能をインストールすると、Internet ExplorerでWebを閲覧しているとき、いつでも気になった箇所を選択してマウスの右クリックで読み上げを開始できるので便利です。

その他の機能については、「ラジオ・ブラウザ」を起動した際にウィンドウ内に表示されるヘルプを見ればわかると思います。
ボタンに機能名がそのままついているので、特に操作がわからず困惑することもないでしょう。

このソフトの読み上げ機能は正直にいって、さほど高度であるとはいえません(かなり昔の自動音声案内みたいですね)。

ですが、たとえばオフィスでコーヒーを入れたり書類をコピーしたりといった作業の最中にメールを読み上げさせてチェックできる点が個人的には役立っています。

情報を認識する手段の1つとして活用してみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。