Webサイトを閲覧していて、ふと思いついたことをすぐにメモしたくなった。あるいは、表示されたWebサイトの情報をスクラップブックのように切り抜いて保存したい。そんなとき便利なソフト、「Googleノートブック」のご紹介です。

=CONENTS=
■「Googleノートブック」の機能紹介
「Googleノートブック」導入ガイド


「Googleノートブック」の機能紹介

「Googleノートブック」は、名前からわかるとおり、Googleにより提供されるフリーウェアの1つです。Google アカウントを持っていれば、誰でも利用することができる、付箋紙に似たソフト。

Googleノートブック
「Googleノートブック」表示イメージ。「Googleノートブック」をインストールすると、ブラウザのステータスバー上にノートブックの形をしたアイコンが表示される。それをクリックすると上の画像のように「ミニGoogleノートブック」ウィンドウが出現

主な機能は、ブラウザ上からGoogleノートブックのウィンドウを開くことで
  • Webブラウザ表示内容の一部切り抜き
  • テキスト入力によるメモ
をノートブックファイルとして保存できること。

特に、Webサイトの切り抜き保存機能は秀逸の限り。保存したい領域をマウスで反転表示させ、Googleノートブックウィンドウの「切り抜き」ボタンを押すだけでノートブックファイルにその内容がHTMLのレイアウトを保ったまま保存されます。

雑誌や新聞を切り抜いてスクラップブックを作る要領で、必要な情報を必要なだけ、ノートブックファイル化して保存できるというわけです。

メモやWebサイトの切り抜きでできたファイルは、Googleのサーバ上に保存されるため、インターネットにアクセスできる環境があればどこからでも参照・編集することが可能。
GoogleアカウントでGoogleノートブックのページにログインしてファイルを操作できます。

これなら、ローカルPCに必要な情報を保存してしまい、別のPCで作業するときに慌てるといった事態を回避できますね。

マイページURL
保存したファイルは、GoogleノートブックのWebサイトにアクセスしてログインすればどこからでもノートブックファイルにアクセスできる

機能の詳細は、Googleノートブックツアーでわかりやすく解説されていますのでご参考に。

詳細な機能紹介はGoogle Maniaのページにもあります。

次のページでは、「Googleノートブック」のインストール方法を紹介します。