ビジネス向けリュックの条件とは?

WEAR

ONの日に使えるリュックとは?

少し前までは、「ビジネスシーンにカジュアルな印象のリュックは不向き」と考えられていましたが、今では通勤にリュックを使うことが当たり前の世の中になりました。ビジネスリュックという新たなジャンルまで生まれています。リュックは、「両手が自由になる」「多くの荷物を持ち運べて、手でバッグを持つよりもラク」「荷物の重さを背中や肩で支えるので、左右バランスよく重みがかかる」「スタイリッシュなコーデが叶う」など多くのメリットがあります。

今回は、ビジネスバッグでお馴染みの「ACE(エース)」のプレス 森川泉さんに聞いた、通勤に使えるリュックの条件を3点ご紹介! 早速、みていきましょう。
 

1. カジュアルすぎないデザイン

WEAR

出典:WEAR

仕事で持つので、カジュアルすぎるデザインのリュックは避けるのが無難です。リュックはブリーフケースやトートバッグに比べるとカジュアルな印象の強いアイテム。なので、デザインや素材を見て、ビジネスファッションに合わせても違和感のないものを選ぶのが正解。カラーはブラック、ネイビー、カーキ、ベージュ、ブラウンなど落ち着いた印象のベーシックカラーがいいでしょう。
 

2. ポケットが多いタイプ

名刺、社員証、筆記用具、社用携帯など、ビジネスツールは細々としたものが多いので、ポケットが複数ついたリュックがおすすめです。リュック内で必要なものが見つからず、必死にガサゴソ探すのは、相手にだらしない印象を与えてしまいます。また、PCを持ち歩く方は、PC収納部がついたものを。荷重を両肩でバランスよく背負えるので、少ない負担で持ち運べます。
 

3. ハンドルがついているもの

WEAR

出典:WEAR

ビジネスシーンでは、トップハンドルがついたリュックが◎。トップハンドルとはリュック上部の持ち手のこと。お得意先の訪問時など、ビジネスシーンでリュックを背負っている姿がカジュアルすぎると感じた際に、トップハンドルを使って手に持つことで印象を変えることができます。また、満員電車などで手に持ったり網棚に上げ下げする際にも役立ちます。
 

通勤で使うのは避けた方がいいリュック

番外編として、通勤で使うのは避けた方がいいリュックもご紹介します。それは、ずばり派手色だったり、ロゴが大きく入ったカジュアルすぎるデザインのもの。

お仕事によりますが、ビジネスファッションに合わせるので派手な色や柄物、ブランドロゴが大きくプリントされたカジュアルすぎるリュックは避けた方が無難です。ブラックやネイビーなどベーシックカラーのシンプルなデザインのリュックなら通勤に持ちやすく、ダークトーンの多いスーツスタイルの中でも周囲から浮きにくいです。また高密度ナイロンや合皮、レザーなど張りのある素材のリュックは背中から降ろして置いたときにも形がだらりと崩れにくく、ビジネスシーンで好印象です。

以上、通勤に使えるリュックの条件と、通勤で使うのは避けた方がいいリュックについてご紹介しました。これを参考に、スマートなリュック選びを行ってくださいね!

【取材協力】
ACE(エース)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。