patagonia1

パタゴニアは1965年、登山家のイヴォン・シュイナードが創業したアウトドアブランド

エコグッズガイドの私としては、1つのリュックでたくさんのシーンをカバーできるものが理想です。3泊以上の旅行、子ども達との公園、ハイキング、パソコン持参の打ち合わせなど多様な場面で使える、大容量対応でありながら、少量でも格好がつくものがベスト。

いろいろなアウトドアメーカー、スポーツメーカーのものを比較して選び抜いたのが、パタゴニアの「アーバー・クラシック・パック 25L」。

人間工学に基づくデザインで背負いやすく、防水機能もばっちりです。さらに、見た目がスタイリッシュで町でも自然の中でも使える点が気に入っています。

   

ママバッグにも旅行にも、仕事にも使えます!

patagonia2

縦52cm、横42cm、マチ14.5cmのナイロン製、パソコンが入るスリーブつき


このバッグの素晴らしい点は、誰が持ってもサマになる点です。仕事や勉強でパソコンを使う人が持ち歩く際にもおかしくないですし、大容量なのでママバッグとしても使いやすいです。

私は5泊以上の旅、公園に遊びに行くとき、軽いハイキングのときなど、さまざまな場面で活用しています。
 
 

アウトドアメーカーならではの、機能性の高さ

patagonia3

DWR(耐久性撥水)加工がされている
 

パタゴニアはアメリカに本社を置くアウトドアメーカー。海や山での使用を想定してものづくりをしているので、どの製品も機能性がとても高いです。

このリュックも、少しの雨ならはじく防水性を持っています。また、長時間背負ってもつらくないように、人間工学に基づくデザインになっており、実際トレッキングに行ったときも、負担を感じませんでした。

 

見た目がスタイリッシュ!

patagonia4

メイン収納と、2つの内部ポケット、ファスナー付外部ポケットがついたシンプルなデザイン


町でも、海山などのアウトドアの場面でも違和感なく使える優秀なデザイン。ポケットが少なくスマートなのでロングスカートで背負っても違和感がありません。

シンプルながらも、山をあしらったロゴが良いポイントになっています。また、素材にはリサイクルポリエステルを使用。エコ派には嬉しいポイントです。いろんな場面で使えるパタゴニアのリュック。

この秋、ぜひお気に入りの色のリュックを相棒に、好きな場所にお出かけしてみては?
 
DATA
patagonia | アーバー・クラシック・パック 25L

カラー:CLASSIC NAVY CNY
原産国:ベトナム
素材:ナイロン100%
サイズ(約):52×42×14.5cm
仕様:外ポケット×1 内ポケット×2 A4ノート収納可
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。