お金が貯まる人には、いくつか共通点がある!

「なぜかお金持ちになる人」と「なぜか貧乏になる人」の違いは何か、心理学者たちがこの難題に立ち向かってきました。
 
実は、お金持ちになる人には、いくつか共通点があります。
 
たとえば、「お金持ちになる人は自制心が強いぞ!」という話が有名です。スタンフォード大学の研究(1)によると、「将来のために今を我慢できる人ほど、人生で成功する可能性が高い!」ことが確認されました。
 
他にも、「お金持ちになる人は息抜きが上手だぞ!」とも考えられています。というのも、ストレスが溜まると自制心が崩壊し、無駄遣いが増えてしまうからです(2)。
 

お金が貯まらない人には、残念な癖があった!

この話と関連して、お金が貯まらない人に共通する残念な癖として、「自己連続性が低いぞ!」というデータ(3)を見つけました。この話の出所は、スタンフォード大学で行われた研究です。
 
自己連続性とは、「今の自分が将来にわたって連続している」と捉える度合いのことを指します。自己連続性が高いと、「今の自分は、将来の自分と似ている」と考えがちなのに対し、自己連続性が低いと、「今の自分は、将来の自分とは別人だ」と考えがちです。
 
この論文によると、自己連続性が低く「今の自分は、将来の自分とは別人だ!」と考えている人ほど、貯金できない傾向があったのだとか。
 
「自己連続性」という概念の話だけを聞いても、イメージしにくいと思います。そこで、「明日から頑張る」という口癖を例にとって考えてみましょう。「明日から頑張る」は、自己連続性の低い人が好きそうな言葉です。
 
お金が貯まらない人に共通する癖とは?

お金が貯まらない人は、「明日から~」が口癖になっているかも!?

 
「明日から頑張る」という口癖には、2つの意味が含まれています。
 
1つは、「今日の自分は頑張っていない」という意味。もう1つは、「明日になれば自分は頑張れる」という意味。よく考えてみると、言っていることが無茶苦茶です。どうして、今でさえ頑張れない人が、明日から頑張れるのでしょうか? この文書を書きながら、我ながら耳が痛くなってきました……。
 

「明日から~」を改めれば、貯まる人になれる!?

一方、お金が貯まる人は、「自己連続性が高い!」という結果が得られました。自己連続性が高いとは、「今の自分は、将来の自分と似ている!」と考えることを指します。
 
自己連続性の高い人は「明日から頑張る」とは考えません。逆に、「今頑張れないなら、明日も頑張れない」と考えます。そして、「明日から」ではなく「今から」頑張ろうとするのです。

話をまとめると、お金が貯まらない人は、「未来の自分を今の自分と別物に考えがち」「今の自分を棚に上げがち」なのに対し、お金が貯まる人は「未来の自分は今の自分と似ている」「未来を現実的に見積もり、今から努力できる」といえるでしょう。
 
以前「循環思考をすることで、貯金がブーストできたぞ!」という話をしました。このメカニズムにも、自己連続性が関わっているようです。
 
「明日から頑張る!」が口癖の人は、「今日から頑張らなきゃ、明日も頑張らない!」を口癖に改めた方がよいのかもしれません。


【関連記事をチェック!】 
【参考文献】
 
  1. 論文:Walter Mischel, Ebbe B. Ebbesen, and Antonette Raskoff Zeiss, 1972, "Cognitive and Attentional Mechanisms in Delay of Gratification", Journal of Personality and Social Psychology, 21(2), pp. 204-218
  2. 論文:Marta Malesza, 2019, "Stress and delay discounting: The mediating role of difficulties in emotion regulation", Personality and Individual Differences, 144, pp. 56-60
  3. 論文:Hal Ersner-Hershfield, M. Tess Garton, Kacey Ballard, Gregory R. Samanez-Larkin, and Brian Knutson, 2009, "Don't stop thinking about tomorrow: Individual differences in future self-continuity account for saving", Judgement and Decision Making, 4(4), pp. 280-286
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。