突然ですが、質問です。あなたは「1年後に11万円をもらう」のと、「今すぐ10万円をもらう」のであれば、どちらを選びますか? この質問の答えで、あなたが「金持ち体質」か「貧乏体質」かが分かります。
 
あなたは金持ち体質?貧乏体質?

あなたは金持ち体質? それとも貧乏体質?

 

「1年後に11万円をもらう」を選んだ人は……

「今すぐ10万円をもらう」のではなく、「1年後に11万円をもらう」と回答した人は、目先の誘惑につられず、未来に大きなご褒美を得る決断をしました。これは、金持ち体質特有のものです。 

スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルが実施した、ある面白い研究(1)があります。研究者は、4歳の子どもたちを集め、子どもを1人ずつ椅子と机しかない部屋に呼び出しました。
 
そして、研究者は目の前にマシュマロを置き、「すぐ食べずに我慢できたら、もう1つマシュマロをあげるよ」と言い、子ども1人を残して部屋の外へ出ました。
 
結果は、あの手この手を使って誘惑に耐えた子、誘惑に耐えられなかった子と、さまざまでした。その後、研究者らは子どもたちを20年にわたって追跡調査しました。
 
すると、「マシュマロを我慢できた子どもは、我慢できなかった子どもと比べて、成功している」ことが明らかになりました。つまり、「目先の誘惑に吊られず、未来のために合理的な判断ができる人ほど成功しやすい!」ことが分かったのです。
 

「今すぐ10万円をもらう」を選んだ人は、貧乏体質の可能性が!?

あなたは、目先の誘惑につられて、大きなご褒美を犠牲にしました。これは、貧乏体質特有の判断です。ですが、落ち込む必要はありません。
 
あなたが「今すぐ10万円をもらう」と回答したのは、頭が悪いからでも、能力がないからでもありません。僕らは、「ストレス」を感じると自制心が崩壊し、誘惑に負けやすくなることが分かっています(2)。
 
「気分が悪い」「落ち込んでいる」「なんだかイライラする」など、自分では気づかない小さなストレスでも、自制心は失われやすくなります。
 
以前、「睡眠不足が貧乏を引き寄せる!?」という記事を書きました。睡眠不足はストレスの源です。日本人は世界の中でも「睡眠不足大国」です。睡眠不足が原因で冷静な判断ができず、貧乏体質になっている人がごまんといます。
 
大事なのは「生活習慣の改善」です。この質問の結果に一喜一憂する必要はありません。「今日はいつもより30分早く寝る」「すこし散歩して身体を動かす」など、ちょっとした工夫だけでストレスや疲れが癒やされます。判断能力も高まることで、驚くほど人生は変えられるでしょう。
 

貯まる体質づくりは、小さな一歩からでOK!

僕自身、学生の頃は荒んだ生活をしていました。貯金ゼロ、タバコを吸う、ろくに運動もしない、毎晩のように大酒を飲む、といかにも「残念な暮らし」の典型でした。ですが、そんな僕でも、すべての悪習慣を断ち切ることができました。
 
あなたに必要なのは、「最初の一歩」を踏み出す勇気だけです。大きな一歩を踏み出す必要はありません。小さな一歩。できることからでよいので、行動してみませんか?
 

【関連記事をチェック!】  
【参考文献】
 
  1. 論文:Walter Mischel, Ebbe B. Ebbesen, and Antonette Raskoff Zeiss, 1972, "Cognitive and Attentional Mechanisms in Delay of Gratification", Journal of Personality and Social Psychology, 21(2), pp. 204-218
  2. 書籍:ウォルター・ミシェル, 2015, 『マシュマロ・テスト:成功する子・しない子』, 早川書房
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。