「オーダーアイコン」機能でさらに便利に使う

「オーダーアイコン」は、あらかじめ設定したとおりに画像処理を実行してくれる機能です。
以下にオーダーアイコンの作成方法と使い方を紹介します。

■作成方法

あらかじめ処理内容を設定した状態で、画面中央下の「オーダーアイコン作成」をクリックします。アイコンをどこに作成するかを設定する「オーダーアイコンの作成」ウィンドウが開くので、好きなフォルダに好きな名前で登録します。おそらくデスクトップに、処理内容がひと目でわかる名前で保存するのが賢いと思います。
オーダーアイコン作成画面
「オーダーアイコンの作成」ウィンドウ

■使い方

オーダーアイコン使用例
一度オーダーアイコンを作成してしまえば、次回からは「D-ORDERS!フリー版」を起動することなく、アイコンへのドラッグ&ドロップで処理が完了できて便利だ
オーダーアイコンの使い方は非常に簡単。
作成したアイコン上に、変換処理を加えたい画像ファイルのアイコンをドラッグ&ドロップするだけ。「D-ORDERS!フリー版」を起動していなくとも処理ができるので、日常のちょっとした画像加工には最適です。


画像加工ソフトにはいろいろありますが、複数の画像に対して同じ処理をまとめて行うものはあまりないのではないでしょうか。特に、このページで紹介している「オーダーアイコン」機能は、誰もが
「そう!こういう機能を待ってたのさ!」
と小躍りしたくなるヒットアイディアだと思います。
その意味でも、この「D-ORDERS!フリー版」は手元に置いておきたい一本といえるでしょう。

ちなみに、シェアウェア版の「D-ORDERS!」もあります。
こちらは明るさや輝度、色相、彩度の補正や、シャープ/ぼかし/アンチエイリアス/ノイズ除去/輪郭抽出処理、さらにモザイク/ガラスタイル/エンボス/キャンバス/油絵といったフィルタ機能も充実しておりおすすめですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。