【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

 「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

 「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「澤口珠子さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■澤口珠子さんプロフィール
今回の回答者:澤口珠子さん

今回の回答者:澤口珠子さん

自身もネット婚活で結婚!女子力アップ/婚活コンサルタント

理想のパートナーを引き寄せる、外見・マインド作りのプロフェッショナル。自身が3カ月で104人の男性とデートした経験を元に「ネット婚活のノウハウ」を提供中。レッスンやコンサルには全国各地・国外から申込が集まる。『はじめてのネット婚活』他著書多数。

HP:オフィシャルホームページ
twitter:@tamakosawaguchi
 

お悩み:婚活に終わりが見えず、もはや何をやったらいいのかわかりません

お悩み:婚活に終わりが見えず、もはや何をやったらいいのかわかりません

お悩み:婚活に終わりが見えず、もはや何をやったらいいのかわかりません

■さゆりさん(31歳・一般事務)のお悩み
ここ3年ほど気になる男性を見つけられず、もやもやと過ごしています。気が付けば、同じような悩みを抱えていたはずの友人も次々と結婚し、自分だけ取り残されたような孤独感を覚えています。
 
合コンや婚活パーティー、大勢の集まるバーベキューなどに参加し、出会いのチャンスを逃さないよう、自分なりに活動してきたつもりですが、なかなかうまくいきません。
 
自分の生活を変えてみようと、新しく語学を習い始めて、昨年は有給を使ってプチ留学もしてみました。その結果、人間関係は広がったものの、仲良くなるのは同性ばかり。異性の出会いに繋がらず、昔からの友人には独身を謳歌していていいね、とまで言われてしまう始末です。
 
今後、私は何をどうしたら、自分に合った男性と出会えるのでしょうか。アドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1: そもそもなぜ結婚する必要があるのか?を再検討

アドバイス1: そもそもなぜ結婚する必要があるのか?を再検討

アドバイス1: そもそもなぜ結婚する必要があるのか?を再検討

「31歳からの恋愛相談室」には、さゆりさんと同じような不安を抱える方がたくさんご相談くださいます。終わりの見えない婚活という迷路を歩き回ると、しんどくて、疲れてしまいますよね。
 
ただ、いくら焦ってしまうからといって、気が進まない男性と結婚をするのは本末転倒ですし、意味がありませんよね。
 
私はよく、焦っている生徒さんにも言うんです。「そもそも、どうして結婚しなければいけないの?しなくたっていいじゃない」って。
 

アドバイス2: 「婚活」も恋愛!「頭」ではなく「心」で感じることが大切

思い出してください。結婚なんて少しも考えていなかった学生時代は、恋愛をもっと純粋に楽しめていませんでしたか?
 
「婚活」だって、恋愛です。
 
じゃあ、なぜ「婚活」という結婚に至る恋愛を楽しめなくなったのかというと、それは「頭」で考えてしまっているから。
 
恋愛って、「頭」で考えるのではなく「心」で感じてするもの。「思考優先」から、「感情優先」を心がけて過ごさないと、恋愛や結婚とは縁遠くなりやすいんです。
 

アドバイス3:初対面で「結婚相手としてアリかナシか」でジャッジしない

さゆりさんはとっても行動的ですから、多分、出会いの数はきっと足りていると思うんです。ただ、「思考優先」で動いているから、会う男性をすべて、好きか嫌いかの前に、「結婚相手」としてジャッジして、ダメ出ししてしまっているのでは?
 
でも、初対面で「結婚相手として100%条件をクリア!」と思える相手なんて、そうそういません。それじゃ、うまくいかないのは当然です。うまくいかない回数が増えると、自信もなくなってきますし、疲れちゃいますよね。
 

アドバイス4:何かしらのメリットがある男性は付き合いをキープ!

だからこそ、男性との出会いはもっと自由な気持ちで受け止めましょう! 気軽に相談できる、飲みにいける男友達を増やすくらいの気持ちで始めてみましょう。
 
自分に何かしらのメリットがある男性と出会ったら、たとえ結婚相手としては物足りなくても、関係はキープしてください。なんとなく誰かと食事がしたいな~くらいのときに、気軽に声をかけられる男友達がいると楽しいですよ。
 
そうした男友達との付き合いから、グループ交際に発展して、新しい縁が生まれることも多いのです。
 

アドバイス5:週1日は、自分のためだけに時間とエネルギーを使う

婚活疲れに悩まされている方って、スケジュール帳をとにかく埋め尽くしたい、生真面目なタイプの方も多いんですよね。私の生徒さんにもたくさんいますよ。スケジュールが空いていると不安になるからと、デートや習い事でとにかく埋めていくの。それでいつも、疲れきっている……。ね、さゆりさんもそうじゃないですか?
 
そんながんばり屋さんの生徒さんには、「週1日は、自分のためだけに時間とエネルギーを使いましょう」とアドバイスしています。
 
週1日、ほんの少し「ゆるむ」時間を作ることで、体にも心にも余裕ができます。その余裕は周囲にも伝わって、男性も誘いやすくなるんです。空いた1日に、気になる彼からのお誘いがポッと入ることだってあり得ますよ!
 
「何もしない」を「する」。そう考えて、ぜひ実践してみてくださいね。
 
 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.私なんかに好かれたら迷惑かな……と思ってしまいます
Q.メッセージがキモい、でも会えば普通な男性とまた会うか迷っています
Q.男性の自慢話をどう受け止めたらいいかわかりません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。