それでは次に、ccTLD の人気ドメインについてご紹介致します。

gTLD / ccTLD

ccTLD ( Country-Code Top Level Domains )
汎用JP

2001年5月7日より正式運用が開始された、新しいドメインです。
従来のように「xxxxx.co.jp」や「xxxxx.ac.jp」のように、第2レベルドメイン名に属性などが存在せず、 第2レベルドメイン名に好きな名前を指定できるドメインです。

従来と異なり、取得資格制限がなく、企業や個人など誰でも取得することができます。取得個数にも制限はありません。
※ ただし、日本国内に在住していることが必要なので、外国に住んでいる個人・組織が取得することはできません。 (外国人という意味ではなく、日本人でも外国在住なら不可。)

ドメイン名には日本語を指定することも可能ですが、日本語を使ったドメイン名の運用は、2001年6月現在、まだ開始されていません。

まだ運用が開始されたばかりなので、望みのドメイン名が取得できる可能性は、 (少なくとも「.com」などよりは)高いと思われます。

既に「同時申請期間」は終了していますので、ドメイン名の取得は「早い者勝ち(先願登録)」です。 狙っているドメイン名が空いているなら、早く取得申請をした方が良いでしょう。

このドメインを管理している機関(レジストリ):
JPRS(日本レジストリサービス)
http://www.jprs.jp/

属性型・地域型JP

従来から運用されている「jp」ドメインです。 汎用JPと違って、第2レベルドメインには、必ず何らかの属性名または地域名が指定されます。

属性型:
co.jp株式会社などの会社や、信用金庫・信用組合など
ne.jp不特定多数の利用者に対して提供されるネットワークサービス
go.jp日本の政府機関・各省庁所轄研究所など
or.jp「co.jp」などのドメイン名の条件に該当しない法人
ac.jp学校教育法などの法律の規定による学校など。(ただし、ed.jp 取得条件に該当しないもの。)
ed.jp保育所、幼稚園、小学校~高等学校、専修学校などのうち主に18歳未満を対象とするもの。
ad.jp日本ネットワークインフォメーションセンターの会員
gr.jp日本国内の個人または法人によって構成される任意団体

上記の内、個人でも取得が可能なのは、gr.jp だけです。
※あくまでもグループ用ドメインなので、代表者と副代表者の2名が必要です。

企業の場合、「co.jp」を取得すれば、確実に「日本国内に存在する企業である」ということが示せるわけですから、 通販サイトなどでは、「.com」などよりも、利用者に安心感を与えられるかも知れません。

地域型:
osaka.jp や tokyo.jp など、第2レベルドメインに地域名が指定されるドメイン。 個人でも取得できます。

なお、「1組織1ドメイン」という原則があるので、1つの組織(個人)が複数のドメインを申請することはできません。
※「co.jp」ドメインを持っている会社が、自社運営のネットワークサービスに「ne.jp」ドメインを取得することは可能なようです。

このドメインを管理している機関(レジストリ):
JPNIC(社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター)
http://www.nic.ad.jp/

.tv

ccTLD でありながら、世界中から人気を集めているドメインの1つです。
「tv」ですから、テレビ局はもちろん、何らかの情報発信を目的としたサイトには最適なドメインでしょう。 例えば、BSフジTVのサイトも.tvドメインを使用しています。「bsfuji.tv」とは非常に解りやすいドメインですよね。

「.tv」は、太平洋の島国「ツバル国(Tuvalu)」に割り当てられた ccTLD です。 ツバル国は、「.tv」ドメインの独占的な使用権をアメリカの「dotTV」社に譲っていますので、 現在では「dotTV」社が「.tv」ドメインの全てを管理しています。

取得資格の制限は特になく、世界中の組織や個人が自由に取得できます。

維持費は年間$50ですが、英数文字3文字以内で構成されるドメイン名は「プレミアムネーム」と指定されており、 価格が非常に高く設定されています。 取得するなら、4文字以上の名前を考えた方が良いでしょう。

このドメインを管理している機関(レジストリ):

.to

忘れてならないのは「.to」です。比較的早くから人気を集めたドメインです。
「tel.to」や「mail.to」など、英語の「TO」として利用したものから、 「sa.to」や「mako.to」など、日本語の「と」として利用したものなど様々です。 面白いものでは「konpei.to」(こんぺいとう)などもあります。

「.to」は、太平洋の日付変更線の近くにある「トンガ王国(Tonga)」に割り当てられた ccTLD です。 取得資格に制限はなく、誰でもいくつでも取得することができます。

また、「.to」ドメインでは、ドメイン所有者データベースを公開しない方針なので、 住所を知られたくない個人にも良いでしょう。 なお、アダルト系サイト運営目的には使用できないことになっています。
※あくまでも情報が公開されないだけであって、匿名で取得できるわけではありません。

このドメインを管理している機関(レジストリ):

.ac

日本でも「ac.jp」が学校関係向けに利用されているように、「ac」ドメインは、学術関係サイトに人気のドメインです。

「.ac」は、アセンション島に割り当てられた ccTLD です。
取得資格に制限はなく、誰でも取得することができます。「.ac」ドメインのNIC(Network Information Center)では、 「専門家のためのドメイン」だと宣伝していますが、特に専門家であることを証明する書類等を提出する必要はないので、 誰でも自由に取得することができます。

このドメインを管理している機関(レジストリ):

今回は、今人気のドメイン・これから新しく運用が開始されるドメインについて、いくつかご紹介致しました。
今回扱いきれなかったドメインなどについては、またの機会にご紹介したいと思います。


【独自ドメインを取得しよう!】シリーズ
過去の記事
第1回「ドメインの基礎と種類



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。