31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「澤口珠子さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■澤口珠子さんプロフィール
今回の回答者:澤口珠子さん

今回の回答者:澤口珠子さん

自身もネット婚活で結婚!女子力アップ/婚活コンサルタント

理想のパートナーを引き寄せる、外見・マインド作りのプロフェッショナル。自身が3カ月で104人の男性とデートした経験を元に「ネット婚活のノウハウ」を提供中。レッスンやコンサルには全国各地・国外から申込が集まる。『はじめてのネット婚活』他著書多数。

HP:オフィシャルホームページ
twitter:@tamakosawaguchi
 

お悩み:恋愛経験がなさすぎて、気になる彼をご飯に誘う方法もタイミングもわかりません

お悩み:恋愛経験がなさすぎて、気になる彼をご飯に誘う方法もタイミングもわかりません

お悩み:恋愛経験がなさすぎて、気になる彼をご飯に誘う方法もタイミングもわかりません

■なおこさん(31歳・一般事務)のお悩み
2年ほど前から気になっている方がいます。高校のときの先生です。
 
2年前、彼が他県在住だったころは、私がそちらに行ったときに、ご飯やイベントに一緒に行きました。その後、彼は地元に戻ってきたのですが、まだ会っていません。たまに、私から連絡をするくらいです。
 
私はこれまで、誰ともお付き合いをしたことがなく、異性の友達も少ないです。そのため、どうアクションを起こしたらいいのかわからず、ご飯に誘おうか悩みつつも、何もできていない状況です。
 
友人に彼の話をするとポジティブな反応が返ってくるのですが、それを聞いても、自分の勘違いというか、状況をいいように捉えているだけかもしれないし……と思ってしまいます。
 
私はいったい、この後どうしたらいいのでしょうか。
 

アドバイス1:妄想はエネルギーと時間のムダ使い!

アドバイス1: 妄想はエネルギーと時間のムダ使い!

アドバイス1: 妄想はエネルギーと時間のムダ使い!

女性って本当に恋愛における妄想をするのが大好きですよね。相手が自分のことをどう思っているのか、妄想しだすときりがないでしょう?
 
特に恋愛経験のない人ほど、妄想の沼にハマりやすい。でも、妄想ってエネルギーと時間のムダ使いなのです!
 
妄想って、それだけでエネルギーをすごく消耗するんですよ。あれこれ考え過ぎてフラフラになって、結局行動に移せなかった……。そんな経験はありませんか? 
 
妄想のしすぎで、肝心の「行動するエネルギー」を取られてしまったとしたら、すごくもったいない。そう、何事も考えすぎないことがポイントです。
 

アドバイス2:どんなに推理しても、彼の気持ちは彼にしかわからない

当たり前のことですが、どんなに推理したところで、彼の気持ちは、彼にしかわかりません。こちらから行動を起こして、確認するしかないんです。
 
男性は、なんだかんだ言っても追いかけるのが好きってよく言われますが、これって嘘ですから。男性のほうが女性よりも断然臆病だし、打たれ弱いもの。だからこそ、きっかけは女性から与えてあげたほうがいいです。
 
なおこさんの場合、相手は高校のときの先生ですから、元とはいえ教え子相手なわけです。そう考えると余計に、彼からはなかなかアプローチしにくいのではないでしょうか。
 

 アドバイス3:自分からご飯に誘ってみて、客観的な事実で判断する 

この恋愛の停滞状況を打破するためには、自分からご飯に誘ってみて、あとは客観的な事実だけで判断するのがおすすめです。相手が自分をどう思っているかなんてことは、ひとまず考えない。とにかく、自分からご飯に誘ってみてください。
 
彼が自分とご飯に行くか、行かないか。たとえ、その日がダメだったときに、代替案を出してくれるのか、くれないのか。その事実だけから、彼の気持ちが判断できますよね。これって、自分で妄想しているより、ずっと確実な判断方法でしょ?
 
すごく悲しいけど、3回誘って3回とも断られて、なおかつ代替案も出してくれないようなら、諦めたほうがいいかもしれません。でも、3回まではがんばって、自分から誘ってみてください。
 

アドバイス4:正式なオファーは男性から!

女性から誘って、きっかけを作ったとしても、最後に仕留める、つまり決定打を出すのは、男性のお仕事です。「付き合ってください」や「結婚してください」などの正式なオファーは彼から言わせてくださいね。それを男性に言わせるようにもっていくのが女性のがんばりどころであり、お仕事です(笑)。
 
人は誰でも、自分で決めたことには責任を取ろうとするでしょう。特に男性は、そういう意識が強いのです。正式なオファーをさせることで、なおこさんとの恋愛に対してきちんと責任を取る意識を持ってもらうのが狙いです。
 
虫かごを持った少年の前に、ひらひらっとあらわれる蝶々のイメージで、どうか彼をその気にさせてくださいね。ご健闘をお祈りします。
 
 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.恋愛経験がなさすぎて、スキンシップがうまくとれません
Q.年齢=彼氏いない歴の高齢処女です。男性に引かれそうで怖いです
Q.「男性は結局追いかけたい生き物」という説がありますが、本当ですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。