副鼻腔炎とは……ウイルスや細菌が原因で起こる副鼻腔内の炎症

副鼻腔炎

顔の骨内に広がる副鼻腔に炎症が起こると、黄色い鼻水を始めとする様々な症状が現れます


黄色いドロッとした鼻水という症状で、耳鼻科を受診される患者さんは多いです。これらの多くは一時的な鼻炎ですが、長引いた場合副鼻腔炎が疑われます。副鼻腔炎は主にウイルスや細菌などが原因で起こります。花粉症などのアレルギー性鼻炎との合併も考えられます。

「副鼻腔」は、鼻腔に隣接した骨内に作られた空洞のことです。空洞と一言で言っても、「前頭洞(ぜんとうどう)」「篩骨洞(しこつどう)」「上顎洞(じょうがどう)」「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つに分かれていて、皆さんのイメージよりもかなり広い空間が広がっています。なぜ人間の顔の中に、このように複雑で大きな空洞があるかと言うと、頭蓋骨と脳髄(脳みそ)の重さを受け止め、軽減する役割を果たしているからです。

この空洞内に炎症が起こり膿が溜まってしまうのが「副鼻腔炎」です。膿が溜まることから、そのまま「蓄膿症」と呼ばれることもありますが、副鼻腔炎と蓄膿症は同じものです。

年齢や性別などによる著しい差はありませんが、高齢者は鼻の内部が乾燥しやすく、子どもは免疫力が弱いため副鼻腔炎になる可能性が高くなります。また、子どもと言っても5歳までは副鼻腔が未発達のため副鼻腔炎は起こらず、ただの鼻炎に留まります。副鼻腔にある線毛という毛の運動が低下すると異物を排除できず、副鼻腔炎になりやすくなります。
 

副鼻腔炎の主な症状・急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の違い

副鼻腔炎の主な症状は、
  • 黄色いドロドロした鼻水
  • ニオイがある鼻水
  • 頬の痛み
などです。これらは上述の通り、副鼻腔内に感染したウイルスや細菌が原因で、副鼻腔の粘膜に炎症が起こり、副鼻腔内に膿が溜まることで生じます。

「急性副鼻腔炎」は急に鼻から膿が出始めますが、症状は長くは続きません。一方で「慢性副鼻腔炎」は1か月以上鼻から膿が出続けていて症状が治まらないのが特徴です。
 

副鼻腔炎で困っている方に

上記のような黄色いドロドロした鼻水に加え、歯(特に上顎側)の痛みや、アレルギー性鼻炎、頭痛などがある場合、副鼻腔炎の疑いがあります。耳鼻科を受診すれば投薬やネブライザーなどの処置が行えますが、自分でできる対処法としては、入浴などにより鼻の通りをよくする、加湿をする、鼻うがいを行うなどしていただければと思います。ただし、鼻うがいは鼻内が荒れやすくなるためほどほどにしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項