耳掃除の頻度は「ゼロ」が正解? 溜まった耳垢はどうなるか

耳掃除の方法

気持ちよさで癖になっている人も多い耳掃除。でも正しい耳掃除の方法を知っている人は、意外と少ないかもしれません


耳掃除をしないと耳垢が溜まって汚い気がする、耳掃除が気持ちよくてやめられない……。そんな理由から、習慣的に耳掃除をしている方は少なくないようです。しかし実は医学的には、耳掃除はしてはいけません

耳垢を取らなくても大丈夫なのかという疑問がわくかもしれませんが、鼓膜が見えないほど溜まってしまった場合は取っても良いのですが、その場合も耳の外耳道をこすってはいけないのです。では、溜まった耳垢はどうなるのでしょうか? 実は耳垢が溜まりすぎて聴こえが悪くなったり、不潔になったりする心配はまずいりません。耳の中には、「線毛」という毛が耳の外側に向かって芝目のように生えています。これにより溜まった耳垢は、耳掃除をしなくても自然に外に出ていく仕組みになっているのです

耳垢は上皮という成分でできており、外耳道の保護といった大切な役割もあるので、ある程度溜まっていても問題ありません。
 

耳掃除のデメリット・耳掃除が危険な理由

それでも耳の中がかゆくなったりすると、どうしても耳掃除をしたくなってしまうことや、習慣的に耳掃除をしていないと落ち着かないということもあるかもしれません。

しかし、耳掃除には明確なデメリットがあります。耳の入り口から鼓膜までの「外耳道」の上皮は非常に薄く、耳掃除をするだけでも傷つきやすい部分です。傷ついたところから細菌が入ると外耳炎になり、慢性化すると真菌というカビが生えてくることもあります。
 

綿棒での耳掃除は、耳垢を鼓膜の方に押し込むリスクあり

では外耳道を傷つけないよう、柔らかい綿棒で耳掃除をするのはどうでしょうか? 残念ながら、これもNG。なぜなら耳に綿棒を入れるだけで、本来なら自然に外に出てくるはずの耳垢を、耳の奥深く、鼓膜の方へと押し込んでしまうことがあるからです。

驚かれるかもしれませんが、アメリカでは綿棒の注意書きに「耳の穴に入れないように」「耳には使用しないように」と書かれていて、耳掃除に綿棒を使ってはいけないことはすでに常識になっています。
 

それでも耳かきがやめられない理由……気持ちよさが癖になるのはなぜ?

そもそも、ここまで危ないと言われていても、なぜ人は耳かきをしてしまうのでしょうか? これにもまた医学的な理由があります。耳の穴には「迷走神経」という神経が走っており、この部分は触れれば触れるほど気持ちよくなる性質があるためです。たまに、この迷走神経に触れると咳が出てしまうという人もいますが、耳かきが気持ちよくリラックスできる至福の時間と感じる人が多いのはこのためです。
 

正しい耳垢の取り方……気になる人は大人でも耳鼻科受診を

正しい耳垢の取り方としては、耳の穴には耳かきも綿棒も入れず、耳の入り口付近に出てきた耳垢をやさしく綿棒で取るだけに留めるのがよいでしょう。もしも耳垢が耳の奥に入ってしまってゴソゴソという音が気になる、鼓膜にこびりついている感じがするといった不快感がある場合は、耳鼻科を受診すればすぐに取ってもらえます。大人が耳掃除だけで耳鼻科を受診してよいのかとためらう方もいるようですが、全く問題ありません。正しい耳垢の取り方は専門医に任せましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項