誰もが待ち焦がれている夏休み。とはいえ先立つものがなければ、楽しむことはできません。有意義な夏休みを過ごすために、今からでも確実にお金を貯めるコツをお伝えします。
 

何をするのか、したいのかを明確にする

ただやみくもに楽しむぞ! と思っていても、どれくらいのお金を準備しなくてはならないのかが分かりません。そこで大切になるのは、どこでどのように楽しむのかを明確にすることから始めてみましょう。

何事も目的が明確になっていなければ、達成することはできません。これはレジャーも同じこと。旅行するのであれば、どのようなホテルに泊まって何をするのか、交通手段はどうするのかを考えて、いくら必要になるのかを算出してみましょう。

この時に、現地でのアクティビティの費用やお土産代、お小遣いもしっかりと入れて、どれだけかかるのかを計算していきます。計算したからこの金額で大丈夫! と、キツキツの予算だけしか準備をしないと、急な予定変更などに対応できません。

予算を見積もるときには、必要となる資金の2割増し程度を予算として計上しておきましょう。必要な金額が分かれば、いつまでにいくら準備すればよいのかが必然と導き出されます。期限内までにどのようにすればお金を準備できるのかを考えていきましょう。
 
夏休みまでにお金を貯める

目的を明確にし、計画的に準備していきましょう

 

家計見直しで無駄を洗い出す

必要な金額が決まれば、次は期限内にお金を貯めることです。お金を貯めるにはたくさん稼ぐというのはもちろんですが、それと同時に無駄を省き、節約することも必要です。日々の生活の中で無駄はないのかをチェックするために、家計の見直しをしてみてください。

節約で最も素早く効果が見られるのが食費です。とはいえ食費を抑えるのにも限度があります。支出を抑えるためには、まとめ買いや底値買いが基本なのですが、その他にクーポンなどを使って割引価格で購入できないか? 日々使っているポイントサービスで支払いができないのかを考えてみましょう。

ポイントで購入した分の金額を貯蓄に回せば、節約&貯蓄の一石二鳥です。楽しい目標を思い描いて、がんばってみては!?

無駄だと思うことがあれば直ちに廃止し、節約に努めることが必要です。でも、無駄なんてない……という人もいるのではないでしょうか? そのような場合には、今使うべきお金と後回しにしてもよいお金には、どのようなものがあるのかを考えてみてください。
 

やりたいことに優先順位をつける

アルバイトや副業ができるのであれば、節約にプラスしてカバーできない分のお金を貯めるのもアリです。週末のみのアルバイトはたくさんありますので、時間が許すのであればトライしてみてください。

とはいえ、そもそもお金が足りないというのは、楽しみたい内容と自分の収入が見合っていないということ。夏休みの計画を今一度、練り直す必要があります。

複数のイベントを考えているのなら、優先順位をつけて上位のイベントのみを楽しむことも必要です。我慢することは、後になって良い経験になりますし、次回は楽しむぞ~というモチベーションアップにもつながりますよ。

楽しい夏休みはもう直ぐです。やりたいことを家族で話し合い、家族全員で無駄遣いをなくすことも大切なこと。一致団結して今から準備し、有意義な夏休みを過ごしましょう。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。