【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は龍堂薫子さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、龍堂薫子さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、龍堂薫子さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「龍堂薫子さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■龍堂薫子さんプロフィール
 今回の回答者:龍堂薫子さん

 今回の回答者:龍堂薫子さん

下半身が自由奔放なフリーライター、ときどきゴールデン街のバーテンダー

広告代理店勤務を経て、ライターに。現在は新宿ゴールデン街のバーでもバイト中。奔放な性生活を赤裸々に綴ったブログが編集者の目にとまり、文字書きとしてデビュー。最近は「もはやブログやTwitterに書けない」ような、めくるめく(?)日々を送っている。今一番付き合いたい男は、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターであるつば九郎。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/ryudo-kaoruko/
twitter:@ryudokaoruko
 

お悩み:結婚願望がないと言うと、強がり扱いされて嫌な気分になります

お悩み:結婚願望がないと言うと、強がり扱いされて嫌な気分になります

お悩み:結婚願望がないと言うと、強がり扱いされて嫌な気分になります

■まどかさん(30歳・一般事務)のお悩み
 
私は結婚願望がほとんどありません。両親が不仲だったので結婚に対して前向きなイメージがなく、また1人行動が苦にならないタイプなのもあり、今のところは一生独身でもいいかなと思っています。
 
といっても、結婚に対するこだわりがないだけで、絶対にしたくないというわけではありません。今お付き合いしている人はいないのですが、いい人がいたら付き合いたいです。結婚も、したくなったらしてもいいな、と思います。これが私の正直な気持ちです。
 
でも、私が「結婚願望がない」と言うと、周りには強がっているように見えるようです。なかには、将来のことを真剣に考えていないだけ、浅はかだという見方をしてくる人もいます。
 
心の中で思うだけならまだしも、直接「そんなこと言えるのは今だけだよ~」「将来子供がほしくなったらどうするの?」などと突っ込んでくる人も多く、たまらなく不快です。
 
最近は面倒なので、結婚の話になったら「相手がいないので(笑)」と濁して逃げています。ただ、心の中にモヤモヤするものが残ります。
 
こんなとき、どう対処したらいいのでしょうか。何かアドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:結婚願望がない=非モテの強がりという認識は定番 

アドバイス1:結婚願望がない=非モテの強がりという認識は定番 

アドバイス1:結婚願望がない=非モテの強がりという認識は定番 

「結婚したくないの?」と挨拶代わりに聞いてくる人って、よくいますよね。何時代からタイムスリップをして来た人なんでしょうか?

険悪になってもいい相手になら何とでも言えますが、近所の人や仕事関係の人が相手だとそうはいかないのが、やっかいなところです。
 
私も数えきれないほど、その質問を受けてきました。ブログ等で自分の恋愛、性に関するあれこれをオープンに発信していることもあり、遠慮なくプライベートに突っ込んでいい、と勘違いされることも多いのです。
 
いったん結婚願望がないことを口にしようものなら、「今はいいかもしれないけどそのうち後悔するよ」「プロポーズされたことある?ないからそう言っているんでしょ?」「まだ間に合うよ、諦めないで」と返ってくるのが定番。いずれも「モテないブスが強がっている」という意識がビンビン伝わってきて、閉口したものでした。
 

アドバイス2:自分の価値観を否定されたくない人が因縁をつけてくる

なぜ「モテない女の強がり」とされてしまうのかと言うと、理由は2パターンあると思います。
 
1つは「女性は皆結婚したいはず」「結婚こそが女性の幸せ」と強固に信じているパターン。古い人生観がアップデートされておらず、現代にはさまざまな生き方や価値観があるということを信じられないのです。
 
私の周りには、1人で海外旅行をしたり、趣味に給料をつぎ込んだり、朝まで飲んだり、独身でも毎日が充実していて幸せそうな人はたくさんいます。結婚をしている人も結婚をしない人も、どちらが正しい、幸せである、ということはないのではないでしょうか。
 
もう1つは「結婚には価値がないと言われた」「自分の価値観を否定された」「自分の結婚をけなされた」と反発心を抱くパターン。実は自分の価値観に自信がないので、それを揺るがすようなことを言われると不安になって、なんとか否定しようとするのです。
 
このパターンの中には「女性には結婚願望を持っていてほしい。男性が必要ないだなんて男性である自分を拒絶されたようで不快」という、被害妄想ぎみなさみしんぼ男性も含まれます。
 
極端に聞こえるかもしれませんが、女性が男性を必要とせず、女性だけで楽しく過ごしていると、自分の存在を否定されたと思う男性は少なくありません。
 
以前、私が「結婚願望がない」という旨をツイートしたら、知らない男性から「ブスのおばさんがこう言ってるのをたまに見るな」というリプライが来ました。酸っぱい葡萄で、若い美人が男性を必要としないと悔しいので、ブスのおばさんが言ってることにしたかったんでしょうね。

また別の男性からは「その強がりはいつまで続きますかね?ご両親に何かあったりした後にまたツイートしてください」とも言われました。親に何かあったら結婚願望が生まれるという発想は、女性は親なり男性なりがいないと1人では生きていけないということでしょうか。
 
いずれにしても、結婚願望がないという表明は、私の容姿や年齢、両親が健在かどうかを知らない通りすがりの人の心までもざわつかせてしまうようでした。
 

アドバイス3:古い価値観の人間とは、議論をしないこと

アドバイス3:古い価値観の人間とは、議論をしないこと

アドバイス3:古い価値観の人間とは、議論をしないこと

これに対抗するのは、ちょっと面倒です。相手は既に「女性の幸せは結婚」という価値観からしか、あなたをはかれません。
 
なぜ結婚願望がないのかを説明すればするほど、「本当に結婚願望がなければさらっと流せるはず。むきになっているところを見ると、やはり強がっている」と思われます。
 
かと言って「はいはい、したいけどできないんです~。売れ残りの負け組です~。モテないから相手がいません~」と、相手が望む「結婚できない女性像」を演じてあげても、それで終わらないことがほとんど。
 
相手は満足をせずに「高望みしすぎ、もっと条件を下げろ」「言うだけで何も努力していない」「もっとこうしろ」など、嬉々として説教をし始め、あなたはさらにうんざりすることでしょう。
 
その後も会う度に「いい人いた?早くしないと売れ残るよ?」とおせっかいされ続けるのが目に見えています。
 

アドバイス4:対既婚者の場合は「結婚して幸せ?」と問い返す

そこで、私が編み出した対処法をご紹介します。
 
相手が既婚者の場合は「あなたは結婚して幸せですか?」「奥さん(旦那さん)を愛していますか?」と、質問返しする方法です。

そんなに結婚がいいものなら、当然あなたの結婚生活は素晴らしいのでしょうね?ということを、暗に問うてみるのです。結婚生活は、おそらく、ラブラブハッピーだけではありません。どんな夫婦にも、何かしらかの不満や苦労はあるはずです。

話しているうちに「自分がそんなにうまく行ってないのに他人に結婚の素晴らしさを説く資格はないな」と相手のテンションが下がったらしめたもの。「結婚生活って大変なんですね……」と、やっぱり結婚に憧れられないな……というムードを出せばそれ以上追及はされず、話を切り上げられます。
 
もし逆に「結婚して毎日すごく幸せ!結婚は素晴らしいよ!」とのろけてくれたら、どこがどんなふうに素晴らしいのかを細かく突っ込んで話題をシフト。結婚をしたいのかしたくないのかという問題をうやむやにしましょう。
 
「素敵なご夫婦ですね。いい人と巡り会えたんですね。そういう幸せな結婚もあるんですね。なかなかできないことですよ」と褒めてあげると、相手は肯定されたことに満足するでしょう。
 

アドバイス5:対独身者の場合は「結婚制度を否定しない」スタンスで

相手が独身者の場合は、とにかく結婚制度に対して否定的なことを言わないことをおすすめします。今は結婚は考えていない、結婚したくない、結婚はメリットよりもデメリットの方が大きい、などの発言は控えましょう。

代わりに、というわけではないですが、「結婚制度自体は否定しないけどただ自分には向いてない」というスタンスでいることです。「向き不向きがあるよね」「自分は神経質だから他人と暮らすのがストレス」などの返し方であれば、相手は自分の価値観を否定されたとは思わないでしょう。
 

アドバイス6:「結婚願望がない」という言葉は禁句

アドバイス6:「結婚願望がない」という言葉は禁句

アドバイス6:「結婚願望がない」という言葉は禁句

あなたがどんなに仕事やプライベートが充実した独身生活を謳歌していても、古い価値観の人に結婚願望がないということを理解させるのは困難です。
 
結婚の話になったら「皆結婚すべき」「女性には結婚願望を持っていてほしい」という価値観を真っ向から強く否定せずに、相手の結婚観を聞き、「あなたはそう思うんですね。それは素晴らしいですね(でも自分にはあまり向いていないかも)」と、議論をしない方向に持って行きましょう。
 
そして、自分がこれ以上不快な思いをしないために「結婚願望がない」という言葉は禁句にしましょう。
 
相手を褒めることに脳のリソースを割くのは癪ですが、自己卑下をしたり結婚したいけどできない女性を演じたりするよりは精神の安寧が保たれるはずです。
 
私は口では「そうかもしれませんね~」と言いながらも、心の中では「なんで結婚をしているっていうだけでそんなに偉そうなの?おまえにあって私にないものなんて、金と配偶者だけなんだが?」「おまえみたいに他人の価値観を尊重できない人間が結婚をしても相手が不幸では?」と毒づいています。

結婚以外にもさまざまな生き方があるという考えに自信を持って、相手の価値観を否定せずに、のらりくらりかわしましょう。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.母親に「結婚してほしい」と言われるのがつらいです
Q.「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
Q.大人の恋愛に「付き合おう」という告白は必要ですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。