国内に留まらず、世界各地でもお祝いムード満載でスタートした令和時代。そこで今回は、記念すべき令和元年をどのように過ごすべきなのか。どのようなことを心がけるべきかを考えてみました。
 

始まりのパワーを活用する

世界各国の人々が喜んでいるというのは、彼らも同じ思いを抱いているということ。人々が上皇陛下に対して感謝の念を抱くと共に、天皇陛下への希望や期待が込められていることがうかがえます。この思いというのは大きなパワーとなり、あらゆるモノを成就させるパワーとして働いていきます。

そしてこの思いは、それを願う私たちにもパワーをもたらしてくれることをご存知でしょうか? 相手に向けたものは必ず返ってくると言われていますので、令和元年は多くの人々にとって大きなパワーが得られるとき。まさに見えない力が働くときなのです。

この大きなパワーを見逃してはもったいない! 実現させたいことや夢や目標があるのなら、直ちに実行に移すとよいですね。何も決まっていないのなら、どのような生活を送りたいのか、じっくりと考え、ビジネスやプライベートの目標を立てていくことをおすすめします。

始まりのパワーは強力です。この機会を見逃す手はありません。
 

年始に立てたプランを見直してみよう

2019年を迎えた際に、ビジネスやプライベートに対してさまざまなプランを立てた人も多いのではないでしょうか? でも、思うように進んでいない人もいるのではないでしょうか?

もし上手くいかないなと思っている、状況が良くないと考えているのなら、この機会にプランの見直しをすることをおすすめします。

良くないと思うことはリセットすることが大切ですし、特に2019年5月はパワーがみなぎっています。いつも以上に思わぬところからヒントが得られたり、アイディアが浮かびやすくなったりします。
 

令和のテーマは「愛」と「共感力」

ここで、数秘&カラーを用いて令和の過ごし方について考えてみたいと思います。令和が誕生したのは、2019年5月1日です。これを計算式※に当てはめていくと、その数字を持つ人が辿る道であると言われているライフパスは「9」です。

「9」の意味は、とても穏やかで優しく包容力があり、常に自分のことだけでなく世界に目を向けて平和を祈るというような、愛と平和がテーマである数字です。そしてカラーは、平和の象徴ともいえる「オリーブ」です。「9」が持つ数字と色の意味は、令和を生きる私たちにも影響を及ぼすことが考えられます。

テーマとなるのは、愛と共感力です。
令和

令和元年、ひいては令和という時代のテーマは愛と共感力です。自分本位にならず、相手の立場に立って行動する、思いやりを持つことが何よりも必要になります。

令和という時代に求められるのは、自分のことだけでなく、相手の立場に立って考え、行動する寛大さです。周りの人を大切に思い行動することで、それが広がり大きな力を生んでいきますし、ひいては世界の平穏へとつながっていきます。新年号を迎えた機に、今よりも広い世界に目を向けてみてください。

【関連記事をチェック】
※計算式:年、月、日のそれぞれをバラバラにし、一桁になるまで足していく。ただし、「11」および「22」はそのままでOK。

<2019年5月1日の場合>
・2+0+1+9+5++1=18 さらに、18を一桁ずつにして足す(1+8=9)。ライフパスは「9」になる。  
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。