【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
 今回の回答者:藤本シゲユキさん

 今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理"をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:「荷物、持ってもらおうと思ってる?」彼の冷たい一言に違和感……

お悩み:「荷物、持ってもらおうと思ってる?」彼の冷たい一言に違和感……

お悩み:「荷物、持ってもらおうと思ってる?」彼の冷たい一言に違和感……

■すみれさん(32歳・営業)のお悩み

私には婚活アプリで出会った彼氏(37歳)がいます。彼とは付き合い始めて約1カ月です。彼の言動で引っかかるところがあったので、相談させてください。
 
私が出張先から帰ってきて、その日の夕方、地元で彼と会ったときの話です。
 
ごはんを食べた帰り道、私はスーツケースと肩掛けのバッグ、さらに彼がくれたバレンタインデーのお返し(けっこうな大きさの入浴剤で、重い!)の紙袋の3つを持っていました。
 
すると彼は、そんな私を見て、ハッキリこう言ったんです。
 
「もしかして、俺に荷物を持ってもらおうと思ってる? いくら重くても、自分の荷物は自分で持つべきだし、俺は絶対に手伝わへんからな。俺はそういう性格だし、もしそれが嫌だと思うんだったら、俺たち合わないと思うわ」
 
私も、自分の荷物は持つべきだと思います。相手に甘えすぎるのは、人としてNGだと思うからです。
 
でも、彼の一言にショックを受けたのも事実です。荷物1つ持ってくれる程度の器量もないのかと。この先もし結婚して子供が生まれたら、子育て中、この人はたいへんなときに助けてくれるのだろうかと。
 
ただ一方で、私が我慢してうまく収まるなら……とも思うんです。
 
それまで、普段は面白いし気遣いもできる人だし、素敵だなと思っていました。でも今回の一言がきっかけで、このままお付き合いを続けるべきかどうか、気持ちが揺らいでいます。藤本先生、私は気にしすぎでしょうか?
 

アドバイス1:交際したての猫かぶり状態=本当の彼ではない

アドバイス1:交際したての猫かぶり状態=本当の彼ではない

アドバイス1:交際したての猫かぶり状態=本当の彼ではない

結論からお話させていただきますと、気にした方がいいですね。
 
正直、交際1カ月にしてこの発言がでてくるようでは先が思いやられますし、付き合うにつれ、もっとひどくなると思っておいた方がいいです。
 
その理由が2つありますので、詳しく解説させていただきますね。
 
1つめの理由は、人間は自分のことを良く見せることができる期間が限られているということです。
 
人は「素養・性質・習慣」にないことは「絶対に」持続してできません。時間の経過と相手に承認された度合いに応じて、その人の「本質と本性」が出てきます。
 
つまり、最初は誰でも「猫をかぶっている」ので、その仮面が外れたときが、その人の「素の状態」になるというわけです。
 
すみれさんの彼は、普段は面白いし気遣いができるとのことですが、本当に気遣いができる人なら「俺は絶対に手伝わへんからな。」という台詞は出てこないのではないでしょうか。
 
彼女が荷物を抱えていて重そうにしているなら、それがいくら彼女の荷物であったとしても、持ってあげるのが優しさであり、気遣いだと思います。
 
そう考えると、バレンタインデーのお返しも、すみれさんのことを思って選んだというわけではなさそうだなと、感じました。
 
余談ですが、交際して間もない相手に振られてしまい、「忘れられない」と言う人がいますが、これは猫をかぶった状態の元恋人が忘れられないだけで、その人自身が好きなわけではありません。
 

アドバイス2:不信感や違和感は、増えることはあっても消えることはない

続いて2つめの理由が、相手に対して覚えた違和感や不信感は、あとあと増えることがあっても、消えることはないということです。
 
ようは、すみれさんがショックを受けられた彼の一面は、「氷山の一角」ということです。
 
たとえそれが些細なことであっても、説明がつかない「悪い直感」はほぼかならずと言っていいほど当たると思ってください。
 
その些細なことは、放っておくと、そのうち大きな問題になることが多いです。
 
前述したように、付き合うにつれもっと気遣いができない言動が増えてくると思っておいた方がいいですし、ご心配されているように、子育て中のたいへんなときも助けてくれない可能性の方が高いですね。
 
むしろ、子育て以外の場面でも助けてくれないのではないでしょうか。
 

アドバイス3:何気なく発した一言に、本質や本性が現れる

すみれさんが彼に言われた台詞から、彼の人となりを推測すると、以下のようになります。
  • 自己中心的
  • カッとなりやすい
  • 憶測で決めつける
  • 主観でしか物事を判断できない
  • 頑固で自分を変えるつもりがない
大げさだと思われたかもしれませんが、何気なく発した言葉であっても、その人の本質や本性がダイレクトに出る場合があります。彼の発した言葉には、上記の人となりが現れているということです。
 

アドバイス4:話し合いを先延ばしにしても、百害あって一利なし!

とはいえ、別れるのはいつでもできるので、その前にちゃんと話をした方がいいです。
 
「今さら話すのも気が引ける」と思う必要はありません。「ちょっと話したいことがあるんだけれどいい?」という前置きをしてから、次のように話してみてください。
 
「話を蒸し返すようで申し訳ないけれど、どうしても伝えたいことがあって。この間、バレンタインのお返しくれたとき、荷物のことで私に忠告したでしょ? あなたの言い分は正しいとは思うけど、あの言い方にはすごく傷ついた。
 
そもそも、私は荷物を持ってほしいなんて一言も言ってないし、決めつけで別れをほのめかすようなことを言う必要はないと思う。振り返ってみて、あなたはどう思う?」
 
こう伝えて、反省するようなら、交際を継続してもかまわないと思います。
 
一方で、逆ギレしたり、取り合ってくれなかったりするようであれば、別れましょう。彼が完全に「人と向き合えない不誠実な人間」だと証明されたからです。
 
交際相手に対して思うことがあるのに、嫌われたくなかったり、衝突するのが怖かったりして言いたいことを言えない女性がいますが、言いたいことを言ってそれで離れるような相手なら、遅かれ早かれ別れはやってきます。
 
その場合、どのタイミングで言っても同じことです。 時間を無題にしないためにも、勇気を出して話をしてみましょう。
 
たとえ悪い結果になったとしても、「言いにくいことを言いにくい相手にちゃんと言えた」という実績はしっかりと残りますよ。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.男性は浮気する生き物だと、諦めるしかないのでしょうか?
Q.「重い女」じゃだめですか?そもそも重いってなんですか?
Q.気になる彼が突然フェードアウト、気が狂いそうです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。