40代バツあり男性と未婚男性における、大きな違いとは

彼の「最初の妻」にはなれなくても、あなた次第で「最後の妻」になることはできるのです

彼の「最初の妻」にはなれなくても、あなた次第で「最後の妻」になることはできるのです

アラフォー女性が婚活で「同世代の相手」を希望する場合、未婚の男性は少なくなり、逆に離婚経験アリの男性が多くなってきます。

あなたが未婚の場合、結婚生活のリアルを経験していない以上、男性の離婚経験には悪いイメージを抱きがち。「また離婚するかもしれない」と、先入観を持ってしまうのでしょう。

確かに離婚を経験した男性の中には、離婚に対するハードルが低くなっている人もいます。しかし逆に「もう二度と離婚はしたくない」と、経験者だからこその反省や学習を経て、自分に合う女性を探している人もいます。

結婚する以上、一生添い遂げたい相手を選びたいのは、あなたも相手の男性も同じ。むしろ未婚男性のほうが、結婚も離婚も経験していない以上、結婚後どうなるかは未知数です。

その点、バツあり男性は、結婚生活もリアルに経験しているし、離婚が大変なことも知っています。夫婦がうまくいかなくなる原因についても、未婚の男性よりはわかっているはず。

若い頃、デートで女性をうまくリードできる男性は頼もしく見えましたよね。それは女性との恋愛経験があるからこそ発揮できた、男性が身につけた恋愛スキルです。

同様、未知の結婚生活をリードしてくれる先輩として、バツあり男性は頼りになる存在です。未婚で自分からリードするのが苦手な女性は、結婚を経験した男性から選ぶほうが、うまくいくかもしれません。
 

離婚が経験値になっている男性もいれば、反省しない男性もいる

夫婦の数だけ結婚の形があります。大事なのは、2人が仲良く暮らしていけること。過去は関係ありません

夫婦の数だけ結婚の形があります。大事なのは、2人が仲良く暮らしていけること。過去は関係ありません

一口にバツイチといても、いろんな男性がいます。誰もが危惧するのは「前回の離婚に対して反省しているか」ということでしょう。

恋愛を前提として出会った場合、相手の男性は離婚理由を正直に言わないこともあります。
特に、浮気や暴力など「自分に落ち度があった」場合、そのことを隠す男性は多くいます。

離婚の理由が彼自身にあるとしても、同じことを繰り返すとは限りません。

死ぬほど反省して、二度と浮気やギャンブルをしなくなる人もいます。本人の気質によるモラハラやDVであれば繰り返される可能性もありますが、妻となる相手によって引き出された場合、相手が変われば二度としなくなることも。

心配の種となる「過去の離婚原因」が繰り返されるかは、交際してみなければわかりません。逆に早期に発覚するのは難しくても、繰り返す性質の人であれば、1年くらい付き合えば片鱗を見せてくるので、結婚する前に判断することは可能です。

なお、離婚事由が彼以外(嫁姑問題、妻の浮気、性格の不一致など)であれば、相手が変われば状況も変わるもの。繰り返す可能性は、さほど多くありません。

バツあり男性とは、すぐにプロポーズされても急いで結婚へと進めず、じっくりおつき合いすることをおすすめします。
 

事実の追及より「今の彼」とその背景をチェックしよう

「前の結婚では、家事を一切やらずに仲違いしたから」反省して次の結婚で努力してくれるのは、再婚の夫ならでは

「前の結婚では、家事を一切やらずに仲違いしたから」反省して次の結婚で努力してくれるのは、再婚の夫ならでは

過去の真相を追求するより大事なのは、今の彼を「しっかり両目を開けて見る」こと。そのためには、恋が盛り上がる早い時期に結婚を決めず、ある程度クールダウンするまで、焦らずじっくりお付き合いしてみることです。

あなたのほうが「そこまで待てない」というのであれば、最初から信頼できそうな男性(元々の知り合いや共通の友人が多い)の中から結婚相手を探す方が賢明です。

婚活サイトや婚活パーティーなど、全く知らない相手と出会ってお付き合いを始めるならば、彼の友人や親族に会うなど「第三者からの評価」も判断材料にしてから結婚を考えても、遅くはありません。
 

前の結婚で子供がいる場合、経済的に影響あることも

パートナーと元妻の間に子供がいる場合、養育費や面会事情について、あなたが納得できるかどうかはよく考えて

パートナーと元妻の間に子供がいる場合、養育費や面会事情について、あなたが納得できるかどうかはよく考えて

バツあり男性の中には、元妻が子供を引き取っているケースもあります。少数ではありますが、彼自身が子供を引き取り、育てているケースも。

子供がいる家庭の離婚は、その後の養育費や面会など、元妻と取り決めしていることが少なからずあります。たとえ離婚しても子供にとっては父と母。離婚時までに父母で取り決めしたことは、後から出会ったあなたが指図できるものではありません。

結婚したら、彼自身の経済状況はあなたにも少なからず影響が及びます。たとえあなたが「元妻とは一切関わらないでほしい」と望んでも、承諾するかは彼次第。元妻への愛情はゼロでも、子供に対する愛情は別物だからです。

毎月養育費をいくら払っているのか、どのくらいの頻度で子供と面会するか、現状と彼の意向にあなたが納得できない場合は、彼との結婚は考えたほうがいいかもしれません。

蛇足ですが、筆者はもう子供を望める歳ではないので、パートナーと元妻の間に子供がいることはメリットに感じました。彼の分身のような子供は、たとえ自分と血が繋がっていなくても可愛いものです(現在は、彼の子供とも仲良し)。

見方を変えれば、デメリットにはならないという一例です。ご参考までに。

【関連記事】
【ガイドからのお知らせ】
活動情報や告知は、公式サイトFacebookファンページTwitterをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。