“都合のいい女”になっていない?

“都合のいい女”は、今日からやめよう!

“都合のいい女”は、今日からやめよう!


「付き合ってもらえないのに、Hをしてしまう」「彼女でもないのに、夜中に呼び出されたら、うれしくなって会いに行ってしまう」…そんな“都合のいい女”になっていませんか?
今回は、好きな男性に“都合のいい女”にされてしまっている女性が、その状況から抜け出すための3つの方法を紹介します。
 
“都合のいい女”から抜け出したい人の多くは、「“相手”が変わって、自分を恋人にしたくなる」ことを望んでいます。その考えが根本的に間違っています。
変わるべきなのは、相手ではなく、まずは“自分”なのです。その結果、相手の気持ちが変わることもあるかもしれません。
では、どのように変わればいいのでしょうか?

 

変わること1:“都合の悪い女”になる

“都合のいい女”から抜け出すための、手っ取り早い方法を挙げるとすれば、「“都合の悪い女”になる」ことです。自分を都合よく扱っている相手に対して、「付き合ってくれないのであれば、もうHをしない!」と断言した方がいいですし、それでも相手にうまく言いくるまれてしまうのであれば、「付き合ってくれないのであれば、もう会わない!」といって、距離を空けましょう。
 
その結果、彼から「だったら、付き合おうよ」と言ってもらえないのであれば、これから先、どんなに頑張ったところで、本命の彼女になれる可能性は低いでしょう。そんな不毛な関係に大切な時間をいつまで費やしますか?
 
“都合のいい女”になる時点で、彼は、あなたのことをナメています。そんな相手と本気で付き合いたいのであれば、まずは相手に、「彼女は、“都合のいい女”にしてはいけない人なんだ」と思わせないといけないのです。だったら、まずは、都合のいい関係をきっぱり切らないといけません。
 
更に言うと、彼にとって、「付き合わないと“都合の悪い女”」になることも大切です。厳しいことを言うと、彼にとって、“本命にしないといられないような女性”であれば、とっくに恋人にしてもらっていることでしょう。なぜなら、他の男性にとられては困るからです。
 
彼の「今は誰とも付き合う気がないから」なんて言葉は、信じてはいけませんよ?そんな人ほど、ド・ストライクの好みの女性が現れると、さっさと付き合うものです。
 
「“都合のいい女”になる人は、魅力のない人だ」とはまでは言いませんが、相手にとって、何か“魅力が足りない”から、本命にしてもらえないことは、よくあることです。それは、「内面的な魅力(性格、優しさ、知性など)」であることもあれば、自分ではどうすることもできないような「若さ」や「ルックス」であることもあります。
 
もし、思い当たるものが、すぐに改善できる部分なのであれば、次に彼と会うときには、さらに魅力を増した状態になって、「付き合ってくれないのであれば、もう会わない!」と言えば、効果はあります。
逆に、努力だけではどうすることもできないようなことであれば、「そもそも本命になれる可能性は低い」ということをきちんと認識し、早めにそんな男性とは縁を切った方が、自分のためにもなるでしょう。
 
ただ、元も子もないことを言ってしまうと、その彼が足りないと思っている魅力が、“身持ちの固さ”であることもあります。「恋人にしなくても、Hをさせてくれる女性」に対して、男性は、言うなれば、“安く”見てしまうことも多いものです。だから、遊ばれてしまうのです。
 
本命の彼女にする女性の条件として、「身持ちの固さ」を求める男性は多いです。なぜなら、結婚後、妻が気軽にHをするような女性だったら、他の男との間に子供を作ってしまう(しかも、自分は気付かず、育てていく)可能性も出てくるからです。

だからこそ、付き合ってもいないのにHをするような女性に対して、実際はそうでなくても、「誰とでもHをする軽い女性なんだ。本命の彼女向きの人ではないな」という解釈をしてしまうことだってあるのです。

いくらあなたが「こんな関係を持つのは、あなたが初めてだから」と、気軽にHをする女性ではないことをアピールしたところで、このまま都合のいい関係を続けている限り、それを証明することはできません。だから、相手の認識を変えるためにも、今すぐにこんな不毛な関係はやめましょう。

次は、“都合のいい女”になっている女性が、意外と気付いていない欠点です。次のページをご覧下さい。