【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

彼に「大切にされる」ってどういうこと?

彼に「大切にされる」「大事にされる」というのはどういうことなのだろう。つい先日、30代の女性たちと、そんな話になった。「彼に対して、なんだか不当な感じがすると思うことがあるんです」という女性の言葉が気になった。

 

「女だから」と不当な扱いを受けた思いが……

心配か支配か

女の子だから、と不当な目に合ってきた思いがある


「そもそも私、自分が女であることで不当な目にあってきたという思いがあるんです。うちの父や祖父母は、最初の子が私だったので『男の子じゃなかったんだ』とがっかりしたらしいし、小さいころは『女の子なんだから、そういう生意気なことを言ってはダメ』『女の子なんだから、そういういたずらはダメ』とけっこう厳しかったんですよね。そういう言葉に惑わされず、私は私なんだからとがんばってきたつもりですが、それが今の恋愛に悪影響を及ぼしているような気がしてならないんです」

ユリさん(32歳)は、そう言ってため息をついた。5年つきあっている同い年の彼がいるが、ずっと結婚を迫られながら、彼女は答えを延期している。

「夫婦別姓にならない限り結婚はしたくない、事実婚ならいいけど――というのが私の言い分。彼が名字を変えることに積極的ならいいんですが、彼にその気はないでしょうね、結婚したら女性が姓を変えるのが当たり前だと思い込んでいるので。そういう人とうまくやっていけるのかなって考えちゃうんですよね」

女なんだから、という言葉に過剰反応してしまい、今の社会のいろいろな制度に合わせていかなければいけないのが、「とてもつらい」とユリさんは言う。

 

相手に従い、意見を受け入れるのが「大切にする」こと?

そんな話から、女友だちに「彼に大切にされていないんじゃない?」と言われたことがあり、その言葉がずっと尾を引いているそうだ。

「大切にされるってどういうことかと女友だちに聞いたら、『デートのときに送り迎えしてくれるとか、ユリの考えを優先してくれるとかでしょ。だから、彼が結婚したいなら、ユリが言うように彼が名字を変える。だって、ユリは今のままじゃつらいんだから。それがユリを大切にしてくれるってことなんじゃない?』って。

結婚をはじめとする社会制度にすんなり溶け込める彼と、“それが当たり前”ということにいちいちひっかかってしまう私。その構図は自分でも理解しているんです。でもそれと『彼に大切にされている』こととは別だと思ってる。でも、友だちにそう言われるとそうなのかなと気持ちが揺れてしまって……。私は大切にされていないのか、と」

結婚したら女性が姓を変えるものだと思い込んでいた彼の不勉強はともかくとして、相手を大事だと思うならすべて相手の意見を聞き入れる、というものでもないと思う。彼には彼の事情や意見があるはずだから。そこをいかにすりあわせていくかが、相手を大切に思っているか否かにつながるのではないだろうか。

 

他人から見れば「大切にされている」ことが息苦しい

心配か支配か

心配か支配か


「彼は私のことをときどき『我が強すぎる』と言うんですよね。それを聞くと、私は単なるわがままなのかなとも思う。私は私という気持ちが強いのは自分でもわかっているから。

私も会社員なので、なんとなくやりづらいなと思いながらも周りに合わせることは多々あります。仕事などで気になることがあって彼に愚痴ると、彼は心配してその後、『あの件はどう? 大丈夫?』と連絡をくれるんです。

ありがたいなと思う半面、この人はこうやって私を支配しようとしているという意識もちらっとかすめる。自分が歪んでいるのはわかっているんですが、心配してくれてありがとうと素直に思えないんですよ」

そんなふうにいちいち細かく考えなくていいのに、と友人に言われることもあるという。だが個人的に私は彼女の気持ちがよくわかる。そして「心配」と「支配」は関係性によっては近いものがあるとも思う。

「彼が実際にどう思っているのかはわかりません。ただ、私はお互いに完全に放し飼い状態であることを欲しているんだと思う。だから、彼の“心配”を“支配”に感じるんですよね。他人から見れば『大切にされている』ことが、私には息苦しいことがある。

結婚制度云々の前に、そういうことを詰めていかないといけないのかなと思っています。こんなに長い期間、ひとりの人とつきあったのは初めてなので、もう一段階上がった“心の開き方”が必要なのかもしれませんね」

人は徐々に相手に心を開いていく。ただ、心のバリアが厚い人はそれに時間がかかる。ユリさんが言うように、彼女はまだまだ彼に対して開く扉をたくさんもっているのではないだろうか。

それを開けるたびにお互いに理解が深まり、彼女が「大切にされる実感、自分も彼を大切にしている実感」をつかめるようになれば素敵なことだと思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。