メルカリ独自の配送方法「メルカリ便」

メルカリ独自の配送方法「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」

メルカリ独自の配送方法「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」


メルカリでは出品者が送料を負担することが多いため、出品者はできるだけ安く送りたいと思いますよね。その声に応えるべく、メルカリは独自の配送方法を用意してくれています。「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」です。前者はヤマト運輸と、後者は日本郵便との提携です。どちらにも共通している大きな特徴として「匿名配送」があります。出品者と購入者がお互いに住所や名前を教えなくても、商品が送れるというサービスです。他にも特徴や使うときの注意点があるので、ここで解説していきます。
 

らくらくメルカリ便について

まずはヤマト運輸と連携している「らくらくメルカリ便」についてです。
 
ヤマト運輸との連携、らくらくメルカリ便

ヤマト運輸との連携、らくらくメルカリ便


■配送方法の種類
らくらくメルカリ便には3つの配送方法があります。ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便です。それぞれ荷物のサイズや重さによって使い分けをする必要があります。

ネコポス
サイズ:角形A4サイズ(31.2cm×22.8cm)以内、厚み2.5cm以内、重さ1kg以内
料金:全国一律195円
届くまでの日数:1日~2日

宅急便コンパクト
サイズ:専用の資材に入ればOKです。サイズは薄型の方が24.8cm×34cm、箱型の方が25cm×20cm×5cm
料金:全国一律380円+専用資材65円=445円
(専用資材の再利用はできません)
届くまでの日数:1日~2日

宅急便
サイズ:縦+横+高さが60cm~160cmに対応。重さは最大25kg。
料金:全国一律の料金。サイズと重さによって異なる。
60サイズ(~2kg):600円
80サイズ(~5kg):700円
100サイズ(~10kg):900円
120サイズ(~15kg):1000円
140サイズ(~20kg):1200円
160サイズ(~25kg):1500円

届くまでの日数:1日~2日

■手続の仕方
らくらくメルカリ便で送るためには、手続が必要です。送れる場所は、コンビニ(ファミリーマート・セブンイレブン・サークルKサンクス)かヤマト運輸の営業所です。もしくは手数料として30円かかりますが、集荷を依頼することもできます。

ファミマやサークルKサンクスから発送するときには、店内にある端末を使います。ラベルをレジに持っていき、そこで手続をしていきます。セブンイレブンは、メルカリの取引画面にあるバーコードをレジで読み取ってもらうだけです。
 

ゆうゆうメルカリ便について

次は、日本郵便と連携をした「ゆうゆうメルカリ便」です。日本郵便のe発送サービスを使い、商品を送ることができます。
 
日本郵便(郵便局)との連携、ゆうゆうメルカリ便

日本郵便(郵便局)との連携、ゆうゆうメルカリ便


■配送方法の種類
ゆうゆうメルカリ便は、2つの配送方法があります。ゆうパケットとゆうパックです。それぞれについて解説をしていきます。

ゆうパケット
サイズ:縦+横+高さが60cm以内、厚さ3cm以内、重さ1kg以内
料金:全国一律175円
届くまでの日数:1日~3日

ゆうパック
サイズ:縦+横+高さ60cmから100cmまで。重さは25kg。
料金:全国一律の料金でも、サイズによって違う
60サイズ:600円
80サイズ:700円
100サイズ:900円 

配達までの日数:1日~2日
 

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは届くまでに時間がかかる?

私自身、ゆうゆうメルカリ便をよく使っていますが、購入者に商品が届くまでにちょっと時間がかかるなと感じることがあります。同じ日に、らくらくメルカリ便(ネコポス)とゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)の両方を使ったことがあり、らくらくメルカリ便は翌日、ゆうゆうメルカリ便は3日後に届きました。これは、ゆうゆうメルカリ便が郵便局のサービスであることが関係しています。手紙と同じような扱いになるゆうパケットは、日曜日には配達されません。そのため、発送した日が金曜の夜や土曜日になると、翌日の日曜には届かないのです。一方、らくらくメルカリ便の方は曜日に関係なく営業をしているので、ネコポスでも翌日には届られます。
 

コンビニでは荷物のサイズを測らない

らくらくメルカリ便もゆうゆうメルカリ便も、コンビニで受付をするときには、サイズを測らないようになりました。以前は、店員さんがサイズを測っていたので、その場で大きさが判明していました。そのため、ちょっとサイズオーバーしていたら、梱包し直しもできたのですが、今はそれができません。ということは、発送する前に自分でサイズをきちんと測らないといけないということです。

たとえば、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで送ったときに、厚みがオーバーしていたら、発送した人のところに戻ってきてしまいます。ゆうパックも同じです。特にゆうパックは、100サイズまでなので、注意が必要です。
 

重いものを送るにはどれがいい?

オススメ:ゆうゆうメルカリ便のゆうパック(600~900円) 

家具や家電など、重さがある商品を送るときには、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックがオススメです。100サイズまでなのであまり大きな荷物はNGですが、これに収まるようならば、らくらくメルカリ便よりもお得です。理由は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは、重さによって料金が変わらないからです。

らくらくメルカリ便の場合には、サイズと重さで料金が変わります。たとえば、サイズが60でも、重さが10kgあると100サイズになってしまい、料金は900円です。そのため、小さくても重い荷物は、料金が高くなってしまうのです。

重くてコンビにまで運ぶのはツラいならば、宅急便の集荷をお願いするのも手です。ゆうパックよりも送料は高くなってしまいますが、運び出す労力を考えると自宅まで取りに来てもらった方が安心です。
 

サイズの大きいものを送るにはどれがいい?

オススメ:
ゆうゆうメルカリ便のゆうパック(600~900円)
らくらくメルカリ便の宅急便(600~1500円)


荷物のサイズを測ってみたら、ちょっと大きいなと思うような場合には、宅急便かゆうパックになります。荷物が軽めならば、どちらでも送料は変わりません。もし荷物のサイズが100を超えるようであれば、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックでは対応できません。その場合には、らくらくメルカリ便の宅急便を使います。
 

コンパクトなものを送るにはどれがいい?

オススメ:
らくらくメルカリ便の宅急便コンパクト(445円
らくらくメルカリ便のネコポス(195円)
ゆうゆうメルカリ便​​​​​​​のゆうパケット(175円​​​​​​​)


比較的小さくて軽い物を送るときには、宅急便コンパクトかネコポス、ゆうパケットになります。宅急便コンパクトは専用のボックスに入ればよく、厚みが5cmというのも魅力です。ネコポスやゆうパケットは厚みが出なければいいので、本やDVDなどは難なく送れます。春夏用の薄めの衣類には適していますが、秋冬用ではサイズオーバーになる可能性大です。
 

配達時間帯の指定をするならどれがいい?

オススメ:
らくらくメルカリ便の宅急便コンパクト(445円)
らくらくメルカリ便の宅急便(600~1500円)


購入者から配達時間帯の指定をお願いされた場合には、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトか宅急便を使うことになります。らくらくメルカリ便でも、ネコポスでは指定はできません。また、ゆうゆうメルカリ便も時間指定ができないのです。

ただし、時間帯の指定の希望があっても、料金が問題になります。もし、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケット(175円)で送るつもりだったのに、配達時間帯の指定の希望を言われてしまうと、宅急便コンパクト(380円+梱包資材65円)に変更することになります。そうなると、その差額は誰が払うの?という話しになってくるのです。もちろん、購入者が負担することになるとは思うのですが、ここはちゃんと話し合いをしないといけません。しかも購入されてしまうと、それ以上の金額をもらうことができません。非常に複雑な話になるので、そもそも配送方法を変えないというのが一番安全な方法かもしれません。
 

着払いで送るには

らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便の両方とも着払いは使えません。出品者が送料を負担する場合のみに使える方法です。もし着払いを使うならば、通常の宅急便やゆうパック、宅急便コンパクト、ゆうメールになります。この場合、メルカリ便の料金よりは高くなるので注意が必要です。

【関連記事】メルカリ出品者が着払いで送るときに気を付けたいこと

メルカリ便は料金体系が分かりやすく、しかも安いために、使う頻度が高い配送方法です。さらに、万が一のときの補償もあります。これはメルカリが補償してくれていますが、料金や安全面から考えても、メルカリ便の利用をオススメします。