略奪婚と世間は言うけれど、そんなにいけないこと?

世間から略奪婚だと蔑視されたが、後悔はない

世間から略奪婚だと蔑視されたが、後悔はない



「略奪婚と世間で言われるような結婚をしました。でも、そんなにいけないことですか?」

友人からの紹介で出会ったリサさん(33歳)は、そんなふうに切り出した。26歳のときに出会った彼は7歳年上の33歳で、4歳1歳の子がいた。

「お互いに行きつけの店で顔見知りになって話すようになって。1年ぐらいはごく普通の友人でした。関係が変わったのは彼が転職を考え始めたころ。奥さんには反対されていると言っていました。でも私はすでに外資系の会社を2度も移っていたので、どちらかといえば転職はしたほうがいいというタイプ。そこで彼の転職を後押ししたんです」

結果、彼は無事に転職。前の会社で上司からのパワハラに悩んでいたから、「今度は仕事のことだけを考えてやっていける職場だよ」と喜んでいた。

「『あなたのおかげだよ』と言われてふっと気づいたら、お互いに恋心を隠せなくなっていた。そんな感じです。そこから一気に恋が燃え上がって……」

ふたりとも自分たちは冷静なつもりでいたが、そうではなかったようだ。

 

彼は家庭に帰らなくなり、妻に離婚を突きつけたが

 
世間から略奪婚だと蔑視されたが、後悔はない

妻と離婚を試みるが話し合いにならず……


ひとり暮らしだったリサさんの元に、彼がときどき泊まるようになった。彼が料理上手だったため、仕事が忙しい時期は本当に助かったと彼女は言う。

「一緒に映画を観に行ったりもしました。とにかくいつでもふたりで一緒にいたくてたまらなかった。そのうち彼は平日は私のところに泊まるようになりました。それまでも、家が遠いから、遅くなったら会社近くのカプセルホテルに泊まることもあったみたい。でも、平日一度も帰らないのは奥さんからみればさすがにヘンですよね。逆に私は週末、彼が家庭に戻ってしまうのがつらくてたまらなかった」

平日帰ってこないことで不信感を抱く妻、週末彼がいないことでつらい思いを抱える彼女。いずれの女性たちも決して幸せではない。

彼は、リサさんに会う前から夫婦関係は破綻していたようなものだと言っていた。いつからどう破綻していたのかはわかりづらいが、彼によれば「結婚当初から、どうもしっくりいかなかった」のだという。しっくりいかなくても、子どもをふたりもうけてしまうものなのだ、夫婦というのは。

「彼の方から奥さんに離婚を切り出したそうです。でも奥さんは離婚するくらいなら死んでやる、と感情的になって話し合いが進まないんだと。憎み合わないうちに円満離婚して、子どもとは自由に会いたいと彼はよく言っていました。友人の弁護士などにも相談していたようです」

結局そうこうしている間に、リサさんと彼の関係は妻の知るところとなってしまう。

 

強引に同棲するが周囲に罵倒され、友達も離れていき……

世間から略奪婚だと蔑視されたが、後悔はない

分かってはいたけれど……友人や同僚からあからさまに罵倒されることもあった


ついに彼は、自分の荷物をもって彼女の家に引っ越してきた。

「狭い賃貸マンションですが、彼は『一緒にいられればいい』って。うれしかったです。だけど彼は奥さんを納得させて出てきたわけじゃない。それ以後、私の会社には私を誹謗中傷するメールや怪文書がしょっちゅう来るようになりました。でも私は彼との関係を会社に伝えてあったし、上司も静観してくれていたのでおおごとにはならなかった。ただ、社内でいろいろ噂は飛び交っていたみたい。あからさまに『泥棒猫と一緒に仕事したくないわ』と言ってくるような人もいました」

多くの友人たちも離れていった。「あんたがそんなひどい女だと思わなかった」と面と向かって言う人もいた。彼と知り合った店でも、事情を知った常連さんたちに罵倒されたことがある。マスターだけは助けてくれたので救われたそうだ。

「意外とみんな、自分の近くの人間が“常識外れ”なことをすると冷たいんだとよくわかりました。彼と私、本当に惹かれ合って、一緒にいないとどうかなりそうだったんです。そういう関係もあるんだとわかってほしかった」

どうしても離れられない人に結婚後、出会う可能性は誰にでもある。だが、それを貫こうとすると「世間」は味方してはくれない。

 

7年越しで結婚。それでも、男を略奪した泥棒猫?

世間から略奪婚だと蔑視されたが、後悔はない

元妻と離婚が成立して、二人は結婚。すでに知り合って7年経っていた。


5年にもおよぶ話し合いの結果、やっと彼の離婚が成立した。知り合ってから、すでに7年近くたっていた。そしてふたりはひっそりと婚姻届を出した。

「疲れました。犯罪をおかしているわけでもないし、彼はきちんと離婚をして結婚もしたのに、どうしてこんなにこそこそしなくてはいけないのかと腹が立つこともあります。彼もいろいろなものを失いましたが、子どもと会う権利だけは主張し続けたみたい。みんなオープンに会って、子どもと一緒に過ごしたりできればいいなと思っていたんですが、まだまだそういう関係になるのはむずかしいですね」

彼と一緒にいられることは幸せ。だが、それによって彼の奥さんを傷つけたこと、無関係な人にまで冷たい言葉を投げかけられたこと、友人たちの狭い価値観に悩まされたことなど、リサさんはたくさんの経験をした。

「彼の奥さんを傷つけた自覚はあります。だから、彼女や彼女の友だちが私に対して怒っているならわかるけど、どうして私の友人が私に怒るのかちっともわからなくて。数少ない残った友人たちこそが私の本当の友だちなんだと思っています」

彼女がこの恋を「不倫」だと割り切って、平日は彼と過ごし、週末は自分の時間を過ごすことができれば、略奪婚には発展しなかったのかもしれない。だが彼女は言う、「そうするには彼を愛しすぎていた。というか、独占したくてたまらなかった。それって、そんなにいけないことですか?」と。

出会ったとき、すでに彼は結婚していた。だがふたりは離れることはできなかった。だから愛を貫いた。しかし、「世間」は彼女を蔑視する。

不倫はいけない、略奪婚も常識外れだ――そんな「世間」がなんとなく感じている既存の価値観を覆す人が身近にいたら、あなたはどんな態度をとるだろうか。愛情っていったい何だろう?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。