“性”と“愛”がテーマ!インスタグラムを密かに盛り上げるラブミュージアム

ソウルの弘大(ホンデ)にあるラブミュージアム

大人だけのミュージアムだから、刺激的でドッキドキが当たり前!? カメラは絶対準備してお出かけを!

ソウルに数ある美術館や博物館ですが、今日は観て、触って、写真もOKな遊べるミュージアムをご紹介します。ただし入場できるのは大人だけ!え!? なんでかって?それは……写真をご覧いただければ分かりますね?
 
ソウル弘大(ホンデ)にあるラブミュージアム

ここから先は大人だけが入場可。家族旅行の方はここより1階下に年齢制限なしで入場でき、家族みんなで遊べるトリックアイミュージアムがあります

ソウルの若者の街、弘大(ホンデ)の中でも特に賑やかな一角にあるビルの地下に、この大人のためのミュージアムがあります。エントランスからもう"愛"が溢れる雰囲気ですね~。
 

入場できるのは満19歳から!年齢確認を求められる場合も

入場できるのは満19歳からで、パスポートなど身分証明書の提示が必要なこともあります。
 

ラブミュージアムの楽しみ方

ソウル弘大(ホンデ)にあるラブミュージアム

実際に存在する朝鮮時代の春画のレプリカ展示も。他ではなかなか見られないジャンルだけに鑑賞のチャンス!?

ラブミュージアムは、朝鮮時代の春画から西洋の名画、現代美術作品などを6つのテーマ館にそれぞれ展示しています。でもどれも“性“を遊び心たっぷりに表現したものばかり。
ソウルの弘大(ホンデ)にあるラブミュージアム

あなたが作品の一部になってこそ完成! そして覗いた先にあるものは……?

しかも展示の中に自分も加わることで完成する作品なので、恥ずかしがらずにオブジェに乗っかったり、並んでみたり。それがこのミューアジアムを楽しむポイントです! 
 
ソウル弘大にあるラブミュージアム

ぺらっとめくったその先は? こんなどっきり!な仕掛けも……。

作品は触っても大丈夫。仕掛けを楽しむタイプのものもあります。絵画にかかった布をめくって隠された部分を覗き見できるものや、裸で踊る映像に自分の顔を映すものなど、19禁ミュージアムならではのおもしろい演出、といったところでしょうか。
ソウル弘大(ホンデ)にあるラブミュージアム

エロティックだけど、エロすぎないオシャレな写真が撮れるところも人気

さて、こちらのミュージアム、刺激的な内容をポップに演出しており、実は写真映えがバッチリ。友達同士で訪れて、コメディチックにポーズを決めた写真をインスタグラムにUPする人が続出しています。エロだけでなく、意外とオシャレに撮影できるスポットもあります。

わかっちゃいるけど、顔出しは恥かしい……という方はご安心を。
ソウル弘大(ホンデ)にあるラブミュージアム

この眼鏡さえあれば大胆に写真が撮れるはずっ!男性は黒色の眼鏡がもらえます

入場する際、かわいい目隠し撮影用のオリジナル眼鏡(紙製)をもらえます。これをつけて、思いっきりはじけた撮影してみましょう!
ソウル弘大(ホンデ)のラブミュージアム

それぞれのスポットでポーズをきめて撮影をどうぞ~

ええっ!とびっくりしちゃうオブジェもありますが、そこはノリで楽しんでしまいましょう。
カップルで訪れるのもGood! でも一番オススメなのは、同性の友達同士でワイワイ回ること。異性と一緒に見るとなんとなく恥ずかしさも倍増しちゃうものですが、女の子同士で笑ったり、ちょっぴりふざけたりしながらだと、思いっきり楽しめちゃいますヨ。

「#ラブミュージアム」「#러브뮤지엄」のハッシュダグでインスタ画像なども探してみてくださいね。見ているときっと行きたくなっちゃうはず!

 

同じ施設で楽しめる!
ARで迫力の体験ができる「トリックアイミュージアム」もおすすめ

ソウル弘大(ホンデ)にあるトリックアイミュージアム

  美術作品展示館としては、世界で初めてAR技術を取り入れたミュージアムです

ラブミュージアムと同じ建物内に、平面の絵が立体的に見える錯視美術館、トリックアイミュージアムがあります。こちらは年齢制限なしで入場でき、家族みんなで遊ぶことができます!

こちらも自分自身が作品に加わることで、ちょっとビックリな面白い写真が撮れることで人気があります。こういった錯視的な美術作品を展示する施設自体は珍しくありませんが、ここは他ではない体験ができる唯一の場所。なんと世界初AR効果で3次元仮想イメージを重ねた迫力ある映像作品となって飛び出してくるのです。
ソウル弘大(ホンデ)にあるトリックアイミュージアム

インスタに写真をアップするのが目的で訪れるインスタグラマーも。専用アプリを利用して観賞するのが正解!

入場前に“Trick Eye”という専用アプリをダウンロードしましょう。(※館内Wi-Fi利用可)
このアプリアイコンの表示がある作品は、正面からアプリで撮影してみてください。すると、平面だった絵がダイナミックに動き出すのです!
 
ソウル弘大(ホンデ)にあるトリックアイミュージアム

アプリを使って撮影すると2度楽しい! 思わず「おお!」と言わずにはいられない迫力です

左側が平面の絵、右側がアプリを使って観た絵です。写真では分かりませんが、実際には動いています。作品と一体になって、ARの世界も体験しましょう! こちらは子どもから大人まで一緒に楽しめる空間なので家族旅行にもオススメです。
 

氷点下5度の世界で体験する冬の王国「アイスミュージアム」

ソウル弘大(ホンデ)にあるアイスミュージアム

まるで「アナと雪の女王」の世界。全てが氷!

もうひとつ、家族で楽しめるのがアイスミュージアムです。倉庫のような入り口から中へ入ると、そこは氷の世界。10メートルの長さの氷の滑り台や、氷の車、氷でできたキャラクターたちが。氷のホテルを覗いてみると、テーブルも椅子もトイレまで氷でできているからすごい!室内は氷点下5度に保たれていて長時間はとてもいられれないほどの寒さです。ここは素早く楽しむのがポイントですヨ。

※トリックアイミュージアムのチケットを購入すれば、アイスミュージアムも見学できます。
 

ラブミュージアム・トリックアイミュージアムのアクセス、入場料

ソウル弘大(ホンデ)にある3つの遊べるミュージアム

作品の中に入りこむ楽しさがあるのがこのミュージアムの魅力です! 弘大(ホンデ)で遊べるアートを楽しんで!

<DATA>
ラブミュージアム/LOVE MUSEUM/러브뮤지엄
(同施設内にトリックアイミュージアム、アイスミュージアム)
住所:ソウル特別市麻浦区弘益路3ル20、西橋プラザ地下1階/서울특별시 마포구 홍익로3길20 서교프라자 지하1층
TEL:02-3144-7740
営業時間:9:00~21:00(最終入場20:00)
定休日:なし
入場料:8,000ウォン
 
トリックアイミュージアム/TRICK EYE MUSEUM/트릭아이뮤지엄
アイスミュージアムを含む
TEL:02-3144-6300
場所:地下2階
入場料:大人1万5000ウォン、子ども(18歳以下)1万2000ウォン

アクセス:地下鉄2号線「弘大入口/ホンデイプク/홍대입구/Hongik Univ.Station」駅9番出口を出て直進。マクドナルド前の横断歩道を渡ってSPAOという洋服屋側へ移動後、左手方向へ曲がり、坂をあがる。Forever21やモバイルショップKT allehの前を通り過ぎ、Bershakaという洋服屋で右折。両側にお店が連なる狭い道を直進すると右手側に大きな建物があり。建物の並びの一番手前に入り口あり。
[Google MAP]
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。