シンガポール ナイトサファリの楽しみ方から予約方法までを徹底解説!

説明画像

人気のマレートラなど夜行性動物の自然のままの姿を間近で観察できる
 

シンガポールが世界に誇る人気観光スポットのひとつがナイトサファリ。その名の通り、夜に楽しむ動物園です。今回は、このナイトサファリの魅力や楽しみ方はもちろん、予約方法やアクセス手段、おみやげに、おすすめレストランまで徹底解説いたします。
 

ナイトサファリの魅力とは?

説明画像

トラムに乗って広大なジャングルにある夜の動物園を探検! 
 

ナイトサファリは1994年に設立された世界初の夜行性動物のための動物園です。約35ヘクタールという広大な敷地は熱帯のジャングルそのもので、約100種900頭にのぼる夜行性の動物が暮らしています。
 
昼間は寝ている動物も、夜になると活動が活発になりますので、ジャングルで実際に生息しているままの姿を見ることができるのが最大の魅力! また、この地域にしか生息していない珍しい動物や、絶滅の危機に瀕している希少な動物を見ることもできます。
 
シンガポールは赤道直下の国なので一年中真夏のような暑さですが、夜はその暑さも和らぎ心地よさすら感じるくらいで動物園散策にはうってつけです。夜の闇の中でジャングルを散策するという貴重な体験はシンガポールだからこそできること!
 

ナイトサファリのおすすめの楽しみ方

説明画像

日本語解説のあるトラムに乗車すればさらに理解が深まる!
 

ナイトサファリを巡るには「トラム」に乗ることをおすすめします。夜のジャングルを動物たちが歩いているすぐそばを通るトラムなら安心して、動物たちを近くで観察することができます。インドサイやマレーバク、キリンやシマウマなどの野生の姿を間近で見ることができ、写真の撮影もOKです(ただしフラッシュの使用は禁止)。
 
日本語解説のあるトラムもありますのでこちらも利用してみてください。日本語解説トラムの予約方法は後の項で詳しく解説しますね。
 
説明画像

フィッシングキャットトレイルの人気者フィッシングキャット
    

トラムだけでは物足りないという人は、自分で歩くコースも3つ設置されていますのでぜひ体験してみてください。15分ほどで巡れる「フィッシングキャトトレイル」ではペリカンやワニなどの小動物が見られますので、空き時間にちょっと散策してみるのもいいかも。

「レオパードトレイル」ではヒョウやゴールデンキャットなどの大型のネコ科の動物など、「イーストロッジトレイル」では人気のマレートラやボンゴ、ハイエナなどのインドネシアやマレーシア地域の動物と、アフリカの赤道付近に生息する動物を観察することができますよ。
 
説明画像

動物が驚異の能力を披露する観客参加型の楽しいショーは必見です
  

もうひとつ人気があるのが夜行性動物による「ナイトショー」です。こちらは入場口のそばにある会場の「アンフィシアター」で1日3回(金・土・日祝は4回)行われています。ここでは、カワウソやアライグマ、ジャコウネコなど夜行動物の習性や捕食能力などを楽しいショー形式で観劇することができます。トラムを確保したらその前後にショーを楽しむのが効率いいと思いますよ。ぜひ、お見逃しなく。
 
その他、おみやげが購入できるショップやシンガポールのローカルフードが楽しめるレストランなどもありますので、こちらも合わせて楽しんでください。
 

チケットの予約方法は?

説明画像

入場したら真っ先にトラムの予約へ。チケットはネット予約がおすすめ
 

ナイトサファリの入場券は当日チケットカウンターで購入することもできますが、公式サイトから予約購入することもできます。
 
ナイトサファリは、昼間の動物園であるシンガポールズーやパンダが見られるリヴァーサファリなどと敷地が隣接しています。これらのスポットを一緒に巡る場合はセットになっているチケットを購入するとかなりお得になります。
 
トラムの料金は入場券に含まれていますので、改めて料金を支払う必要はありませんが、当日乗車の予約が必要になります。入場後はすぐにトラムの予約レセプションへ向かいましょう。動物園内を約45分で1周するトラムはだいたい20~30分おきに運行されています(日によって運行時間は変更あり)。英語解説のほかに日本語解説のトラムもありますが、こちらは本数が少ないので要注意。また、トラムを予約する時はナイトショーの時間を確認して、こちらも合わせて楽しめる時間帯の便を予約するのがおすすめです。
 

お土産も忘れずにチェックしよう

説明画像

可愛いぬいぐるみをナイトサファリの思い出に連れて帰ろう
 

 園内のエントランスにはオフィシャルギフトショップがあります。ナイトサファリでご対面した動物たちのがデザインされたTシャツや帽子からカップ、キーホルダーなどの小物までいろいろ揃っていますが、ここでおすすめなのがぬいぐるみ。
 
動物園内のショップだからこそのクオリティなのに可愛らしい動物たちのぬいぐるみは、ショップでも人気の高いアイテムで、価格も15シンガポール前後から30シンガポールドルくらいまでとお手頃です。中でも人気があるのは、ホワイトタイガーのぬいぐるみでサイズは全4種類。その他、トラやキリンのカチューシャもキュートでおすすめ。これをつけてトラムに乗車したら気分もあがりそう!
 

ディナーが楽しめるレストランにも注目

説明画像

ウルウルアジアンブッフェの料理。シンガポールのローカルフードも楽しめます
 

園内にはレストランやカフェ、アイスクリームショップなどの飲食スポットが5つありますが、ディナーにおすすめなのが「ウルウルサファリレストラン」。その中でもおすすめしたいのが「ウルウルアジアンブッフェ」(ブッフェ開催時間は17:30~20:15)。大人45シンガポールドル、子ども34シンガポールドルで、チキンライスをはじめシンガポールのローカルフードやアジアンフードが楽しめます。ジャングルハウスのような雰囲気の広いレストランで、公式サイト上から予約も可能です。
 

ナイトサファリへのアクセス方法や所要時間は?

 
ナイトサファリまではMRTとバスを利用してアクセスする方法とタクシーでアクセスする方法がありますが、バスでアクセスするのは時間もかかりますしなかなか大変だと思いますので、観光客はタクシーで往復するのがおすすめです。オーチャードなどのシンガポール中心部からでも所要時間は約30分ほどで、タクシー料金は往復で約50シンガポールドルくらい。帰りは閉園後もタクシー乗り場にどんどんタクシーが来るので安心です。
 
いかがでしたか? 熱帯の国シンガポールのまた違った魅力を感じられるナイトサファリは、ガイドも個人的にかなりおすすめの観光スポットです。事前に予約をして、効率よく夜の動物園を堪能してくださいね。
 
NIGHT SAFARI(ナイトサファリ) 
住所:80Mandai Lake Road
電話:(65)6269-3411
営業時間:19:15~24:00(最終入場23:15)
休み:なし
料金:大人47シンガポールドル、子ども31シンガポールドル(トラム乗車代含む)
アクセス:中心部からタクシーで約30分
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。