難しいから敬遠している人へ

テンタクルズの図

オクト・エキスパンションではテンタクルズの物語がクローズアップされます


ゲーム業界ニュースでは、ゲームソフトに関して書く時、ほとんどの場合、評論や批評の類ではありません。紹介であり、オススメです。ですから、ものものしいタイトルがついてはいますが、この記事は任天堂から発売されたニンテンドースイッチ用ソフト「スプラトゥーン2」のダウンロードコンテンツ「オクトエキスパンション」のオススメ記事です。オススメ記事ではあるんですが、実は手放しでオススメできるかというと、そうでもないのです。それでもオススメしたいのです。なのでタイトルが少し不穏な感じになっているのです。

なんで手放しでオススメできないかと言いますと、オクトエキスパンションは難しいのです。任天堂はいつもそうです。いや、いつもではないかもしれませんが、かなりそうです。わりとそう、そこそこそうなのです。なにがどうそうかというと、難しく作るのです。ダウンロードコンテンツとか、クリアしたユーザー向けだとか、そういう時に難しく作るのです、はっきり言ってしまえば難しく作りすぎるのです。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の剣の試練ってあんなに難しい必要あります!? ありますか!? いや、あれは本当に難易度の高いゲームが好きな人むけなので必要あるかもしれませんが、もうちょっとブレス オブ ザ マイルドでもいいとも思うわけです。せめて序位ぐらいはもうちょっと……。

ブレス オブ ザ マイルド、もとい、ブレス オブ ザ ワイルドのことはいいのです。もちろん、難しいゲームがしたい人もいるでしょうから、そういった人むけのゲームがあることを否定はしません、否定はしませんが、問いたいとは思います。ブレス オブ ザ ワイルドではなく、スプラトゥーン2のダウンロードコンテンツについて。オクト・エキスパンションは本当に難しいゲームをプレイしたいユーザー向けのコンテンツなのか、ということを。

つまり、何がいいたいのかというと、オクト・エキスパンションは非常に難易度の高いゲームなんですが、しかし、オクト・エキスパンションがもたらす面白さ、その魅力、感動は決して難しいゲームをクリアしたい人だけに向けられたものではないということです。

誰に向けられているか、スプラトゥーンの世界観が好きな人です。特に、テンタクルズが好きな人です。テンタクルズが好きな人ってどんな人でしょうか? ゲームが上手い人でしょうか? そうじゃないでしょう、ゲームがうまくてテンタクルズが好きな人ももちろんいるでしょうが、ゲームはそんなに上手くはないけれどテンタクルズは好きだという人だってたくさんいるはずなんです。

そういう人が、オクト・エキスパンションは難しそうだからということで敬遠していることが、もったいなく、もどかしく、いかんともしがたいのです。だから、手放しではオススメできないんですが、それでも、それでもヒメと、イイダと、スプラトゥーン2の世界の広がりを感じられるオクト・エキスパンションの魅力をお伝えしたいと思います。
 

海鮮丼のガリだけど

スプラトゥーンの図

スプラトゥーン2は本来インクリングというイカのキャラクターを操作しますが、オクト・エキスパンションではオクタリアンというタコのキャラクターを操作します

オクト・エキスパンションは、怪しげな地下鉄のホームで目が覚めたオクタリアンの「8号」となり、アタリメ指令と一緒に地上を目指して駅をめぐる物語です。テンタクルズとはいうと、その場には現れず、通信でサポートしてくれるのみです。ヒーローモードでシオカラーズのホタルがサポートしてくれるのと似た感じですね。

先ほどテンタクルズが好きな人にオススメしたいと書きはしましたが、実は、分量としてテンタクルズの登場はさして多くありません。これがまたオススメする時に悩ましいところでして、やはりゲームのほとんどはストイックで難易度の高いステージクリア型のアクションゲームなのです。ステージをクリアするたびにムービーシーンが入って……みたいなことは残念ながらありません。

そのささやかなテンタクルズの登場がチャットです。チャット、テキストチャット。文字で会話するあれです。今時、文字で会話なんていうとLINEを想像するかもしれませんが、ちょっと違います。イメージ的にはスマホでLINEするというよりは、もうちょっと昔の、いや、今の若い子の感覚からすれば遥か昔の、2000年前後くらいでしょうか、PCで行っていた文字のやりとりの雰囲気です。Webブラウザで、チャット用のサイトに行って会話をしていた時代の雰囲気です。そんなレトロなインターフェースで、アタリメ指令と、そしてヒメとイイダが雑談をしているチャットログが、ゲームの進行にあわせて解放され、読むことができます。今回の記事のテーマからそれる為詳しくは説明しませんが、オクト・エキスパンションは、そここにレトロな雰囲気が溢れる演出が施してあります。

テキストチャットかよ! と思うかもしれません、実際豪華なものじゃありません。海鮮丼でいったら、マグロではなく、エビでもなく、イカでもタコでもなくて、ガリのような添え物です。メインに飽きたらちょっとかじるようなものです。でもそのガリがいい味だしているんです。海鮮丼はなぜか激辛で食べるの大変だから、ガリばっかりかじりっていたいんだけど、お店のオヤジが頑固者で海鮮丼を食べ進めないとガリを出してくれない、そんな状態になります。

イイダとヒメの過去と、日常と、そして個性が、テキストの行間からにじみ出て、思わず、にやけながら読んでいる自分がそこにいるのです。
 

極上のデザート

スプラトゥーンの図

クリアするには様々なブキを使いこなせる必要があります

ステージクリアごとにムービーが挿入されたりはしない、ということは言いましたが、じゃあテンタクルズは通信とチャットだけなのかと言えば、そんなことはありません。当然、出てきます。ちょっとだけです、ちょっとだけですが、ここぞという時に出てきます。ネタバレになりますから詳しいことは何も言えませんが、海鮮丼の話の続きで言えばデザートです。そう、この海鮮丼には超美味しいデザートがついてくるのです。

出てきたときには、テキストチャットもだいぶ読んでますし、通信でも助けてもらって、テンタクルズに対する気持ちが高まってますから、大変な高揚感があります。そして、自由で、天真爛漫で、そしてなんだかわからないけどスゴイ何かを持っていそうなヒメと、丁寧で、親切で、腰が低くて、でも器用でなんでもできちゃうイイダの2人の個性が鮮明に押し出されて、2人とも本当に好きになります。

これはガイドの個人的な感想ではありますが、この2人に会うためだったとしたなら、地下鉄の壮絶なバトルも乗り越えた価値があると、そう思えました。
 

迷っている人は前菜から

ハイカライブの図

ハイカライブは最高でした。そして、ヒメとイイダの魅力が詰まっていました

ここまでお伝えして、微妙……と思われた方、いるんじゃないでしょうか。そうです、微妙なのです。ガイドもオススメするのが微妙だなと悩んだ結果、包み隠さず微妙なままお伝えするべきではないかと思って今このように書いているのです。海鮮丼の例えを引っ張り続けるなら、激辛海鮮丼で食べきれるか分からないけれど、ガリとデザートが超美味しいよとオススメしているようなものなのです。ちなみに、激辛海鮮丼は激辛ですけど美味しいんですよ。美味しいのは美味しいんです。

これが微妙……と思っている方に、じゃあ、前菜を食べてみて、という提案をしたいと思います。というのは、オクトエキスパンションには前菜があるのです。それはゲームではありません、ライブです。2018年2月10日の「闘会議2018」と4月28日の「ニコニコ超会議2018」で開催された「ハイカライブ」。実はテンタクルズの魅力は、まずここで大きく羽ばたいたと言ってよいと思います。ハイカライブについては以前記事を書いているので詳しくはそちらをご覧いただきたいと思うのですが、テンタクルズ初のライブということで、それはもう大変に素晴らしい、ゲームと現実をつなぐようなライブでした。

その中で、ヒメとイイダは、シオカラーズとはまた違う、2人の個性をぶつけあう音楽とパフォーマンスをいかんなく発揮して、観客を虜にしました。ガイドは、ヒメが最後に両手を挙げて去っていく姿がかっこよくてかっこよくて、現地でも観ていたんですが、家に帰ってからも何度も動画を観直してしまいました。

【関連記事】
ハイカライブとゲーム音楽の可能性(AllAboutゲーム業界ニュース)

スプラトゥーン2 ハイカライブ 闘会議2018(You Tube Nintendo 公式チャンネル)


ハイカライブから、オクト・エキスパンションの流れというのは、ヒメとイイダという、スプラトゥーン2のナビゲーターが、キャラクターとしての魅力をどんどん発揮していくコンテンツです。まず、動画がありますのでハイカライブを観てみましょう、ヒメかっこいいな、イイダ素敵だな、もっと二人を見たい、知りたいと思ったら、今こそオクト・エキスパンションに挑戦する時でしょう。
 

オクトエキスパンションってこんなに難しい必要ある?

 
スプラトゥーンの図

オクト・エキスパンションをプレイすることで、スプラトゥーンの世界をより楽しめるようになっていきます(イラスト 橋本モチチ)

ここまできて、ハイカライブを観て、テンタクルズが好きになって、オクトエキスパンションを遊ぼうと思った時、壁となるのはその難易度です。そこで、最初に戻るのです。オクトエキスパンションはこんなに難しい必要があるのだろうか、と。楽しくクリアできるぐらいの難易度で、テンタクルズの魅力を補強するコンテンツでも良かったのではないでしょうか。こんなハード・エキスパンションじゃないくて、もっとソフト・エキスパンションでも良かったんじゃないでしょうか、と。もちろん難しいゲームはあっていいんです、あっていいんですが、オクト・エキスパンションにはテンタクルズの魅力を伝え、スプラトゥーンの世界観を広げる役割もあり、それと難易度の部分がミスマッチに思えるのです。

ちなみに、ゲームをクリアした後に、裏ボス的な存在がいまして、それはもう、オクト・エキスパンションの本編がぬるく感じるぐらいに恐ろしい難しさで、ガイドもクリアできていないんですが、それはいいんです。それは本当に、難しいゲームに挑戦する為に用意されたコンテンツだからです。でも、本編の方のコンテンツは単にストイックなゲーム性を楽しむ以上の意味があると思うのです。

もちろん、救済措置もあります。ゲーム中のステージは、基本的に何度か失敗すれば、クリアしたことにして先に進むことができます。ガイドがこの救済措置をもって、シューティングアクションが苦手な人でもオススメ、と言い切れないのは、クリアしたことにして先に進むことが、ゲームとしてどれほど面白いかということに疑問があるからです。いくつかどうしても苦手な2つ3つのステージを飛ばすために使うためならまだしも、後半、難易度がどんどん高くなる中で、次から次にステージを飛ばすようになってしまったら、なんとも微妙な気持ちになる人もいるんじゃないかと思うのです。

というわけで、オススメしたいけど人によっては微妙だけどオススメしたいという気持ちで体をねじりにねじりながらこの記事を書いております。いよいよねじきれそうです。それでも、テンタクルズの魅力に触れ、今後のスプラトゥーンコンテンツの楽しみが広がり、大きくなるという意味で、オクト・エキスパンションは遊ぶ価値があると思います。ガイドはオクト・エキスパンションを買って、テンタクルズが本当に好きになり、2018年7月13日に発売されたテンタクルズのamiiboも購入しました。好きなものが増えると、楽しみなものも増えるのです。

激辛海鮮丼のガリとデザート、もし前菜のハイカライブにグッときたら、挑戦してみてください。

【関連記事】
ハイカライブとゲーム音楽の可能性(AllAboutゲーム業界ニュース)
ローカルサーモンランがイクラでも遊べるとサケびたい(AllAboutゲーム業界ニュース)
これから始める人のためのスプラトゥーン初心者講座(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連ページ】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。