熱帯夜でも快眠!天然繊維のパジャマで快適に眠る

UCHINO

猛暑でも快適な睡眠が健康を守る


「クーラーは苦手だけれど、暑くてなかなか眠れない」「寝苦しくて夜中に何度も起きてしまう」など、日本の熱帯夜による不眠の悩みは深刻です。

外が熱帯夜でも、寝室の環境を快適な状態にコントロールできれば良いのですが、クーラーを使っても快適な温度と湿度の調整が難しく、なかなか安眠できないと悩む方は少なくありません。睡眠の質は健康にも影響するので、寝具や寝室の環境と同じく、パジャマの質や素材選びは重要です。

そんな時、快適な睡眠をサポートするのがナイトウェアやパジャマです。暑いからといって裸に近い状態で寝ていると、温度差により夏風邪など体調を崩す原因になります。そこで、今回は、春から秋にかけて快適な眠りをサポートする、麻・綿・シルクなどの天然繊維・天然素材の働きや選び方、パジャマの形やデザインについても紹介していきます。

 

熱帯夜を快適に眠るためのパジャマのポイント

イーズクリエーション

寝苦しい熱帯夜でも快適に睡眠で着るパジャマのポイントは?


夏の快適な睡眠のためには、体の「血流」や「汗」による体温調節機能を効率的にサポートするパジャマを選ぶことが大前提です。ポイントは以下です。

【夏パジャマのポイント】
  • 吸水速乾性の良い素材……汗をすばやく吸い取り乾かすことで、熱を放出し肌を快適に保ちます。
  • 通気性の良い素材……通気性の良い素材で、汗を乾かし体の熱を放出するのを助けます。
  • 肌触りが良い肌に優しい素材……やさしい肌触りで、寝返りを打っても気持ちが良い。
  • 締め付けないゆったりしたデザイン……寝ている時の体の動きにストレスを与えない、リラックスした状態を保つ。
  • お腹や脚を冷やさない工夫……デザインやディテールで冷えやすいパーツをケア。
つまり、暑く成れば汗をかいて体の熱を放出しやすい、でも、汗がそのまま肌に残って荒れたりべたつかず、寝返りも打ちやすく、冷えやすい部分はカバーして冷えから守ることで、快適に眠ることができるということです。そのためにも重要になるのが素材選びです。

 

おすすめは天然繊維の「麻・綿・絹」

そもそも、リラックスタイムに肌に直接触れるものですから、パジャマやナイトウェアの素材選びは大切です。

一般に、睡眠の暑さから体を守るおすすめの素材として、麻・綿・シルクなどの天然繊維が良いと言われます。なぜ良いのかというと、麻・綿・シルクは汗を素早く吸収して素早く乾かし、その際に、汗とともに熱を放出するので、暑さを和らげるからです。

では、おすすめの麻・綿・シルクなどの天然繊維ごとのパジャマを紹介していきます。

 

天然の接触冷感と肌触りを両立する、麻(プレミアムリネン)のパジャマ 

麻素材は、天然の植物繊維のひとつで、吸水速乾性が良く、天然の接触冷感機能(涼感)があります。麻はリネンとも呼ばれ、発色が美しいので、夏のシャツやジャケットなどのファッションアウター素材としても人気となっています。ヨーロッパでは、リネン素材は高品質のナイトウェアとされており、古くから愛用されてきました。
 
ベルメゾン

サラサラの麻の肌触り。フレンチリネン100%半袖パジャマ 9250円(税抜)/ベルメゾン 


今回は、通販サイト「ベルメゾン」を例に挙げます。ゆったりとしてシルエットのパジャマで、発色がいいリネン素材らしく、コントラストのハッキリしたチェック柄が、シンプルかつ涼し気なデザインです。

サラサラした肌触りでべたつかないハリ感や涼感がある素材なので、汗をかきやすい脇や脚などを麻素材で覆い、お腹や脚はカバーする半袖+長ズボンの組み合わせが、暑い夏の熱帯夜に着るパジャマとしてオススメです。麻素材は買ったばかりの時は、すこし固いと感じることもありますが、何度か洗濯して着用するうちに肌なじみがよくなり、より着用感もよくなってきます。
 
ベルメゾン

チェック柄が可愛い。フレンチリネン100%半袖パジャマ 9250円(税抜)/ベルメゾン


麻は伸縮性がないので、ゆったりサイズを選んで着るのがおすすめです。こちらは身頃は体を締めつけないAラインシルエット、長めの半袖になっており、オーバーサイズ仕様になっているのでいつものサイズでもOKですが、商品や身幅によっては1サイズ大きめを選んでみても良いかもしれません。

また、丈夫な素材なので、お洗濯なども気兼ねなくできるのもメリットのひとつです。

 

やわらかくて通気性もいい、綿のマシュマロガーゼ®のパジャマ

ご存知の通り、綿素材は汗を素早く吸い取ってくれる素材ですが、その一方で、一度濡れてしまうと乾きにくいという特徴があります。例えば、綿100%素材のTシャツやタオルなどは、洗濯するとなかなか乾かないことがあるでしょう。なので、パジャマとして綿素材を選ぶ場合、織り目の粗い「ガーゼ織り」を選ぶと、綿のデメリットである速乾性がよくなるでしょう。
 
内野株式会社

通気性の良いガーゼのパジャマで快適。マシュマロガーゼ®シャンブレーレディスパジャマ 価格:1万8000円(税抜)/UCHINO(内野株式会社)


今回ピックアップしたのは、UCHINO(内野株式会社)のマシュマロガーゼ®のパジャマです。UCHINOの「マシュマロガーゼ®」は、細く柔らかい撚りの少ない糸と、強度の高い糸を組み合わせて3重に織り上げることで、驚くほどの軽さと柔らかさを実現した、これまでにない革新的なガーゼ。ソフトで肌に優しい肌触りに、吸収した汗も素早く乾かしてくれるので、寝苦しい夜でも心地よさと快適さを追求する、究極のナイトウェアと言えます。  
内野株式会社

目の粗い綿のガーゼで通気性が良い


UCHINOのマシュマロガーゼ®は、目の粗いガーゼ織りにすることで、通気性がよくなり、汗を素早く乾かすのです。こちらも伸縮性のない素材なので、ゆったりとしたデザインになっています。
内野株式会社

ゆったりしたサイズ感も快適。マシュマロガーゼ®ギンガムチェックレディスパジャマ 価格:1万8000円(税抜価格)/UCHINO(内野株式会社)


こちらは無地、ストライプ、シャンブレー、ギンガムがあり、それぞれカラー展開があります。半袖やナイティ(ワンピース)も展開していますが、3シーズン着られて、汗をしっかり吸い、肌あたりも良い点で、大人の女性には長袖のセパレートタイプをおすすめします。メンズやお子さま(キッズ・ベビー)用もあるので、より暑がりの方には半袖を選ぶのも良いでしょう。

綿素材は一般に丈夫なイメージですが、目の粗いガーゼは、デリケートな素材ですので、生地や縫い目に強い力をかけたり、洗濯・乾燥の際に強く引っ張ったり、とがったものに引っ掛けると傷んでしまうので注意しましょう。

関連記事:ガーゼのナイトウェアで、夏の快適睡眠環境を作る!

 

高機能繊維の代名詞、絹(シルク)のパジャマで快適快眠

 
有限会社イーズクリエーション

天然の涼感が快適なシルクのパジャマ


麻や綿と違い、絹は天然繊維で動物繊維です。蚕(カイコ)を守る繭(マユ)からできた繊維で、人の体も快適に守ってくれる繊維です。人間の皮膚に近い動物繊維であるため、綿や麻よりも肌なじみがよく、皮膚を快適に保つ機能を持ちます。

シルク素材というとドレスや着物など、「おしゃれ着用の繊維」というイメージもあり、着心地や機能性はどうなの? と心配されるかもしれません。でも、実は綿よりも吸水性も速乾性も高く、汗を素早く吸い取って乾かす、高機能の繊維なのです。天然の接触冷感(涼感)もあり、お風呂上りなどに身に着けるとひやっと涼しく快適に。適度な保温保湿効果もあるので、夏の寝冷えからも守り、冬の寒い時は薄手ながら冷えから守ってくれるなど、年中快適に睡眠できるのです。
有限会社イーズクリエーション

快適なシルクニット。シルク パジャマ 前開きタイプ 【上下セット】価格:1万4700円(税抜)/イーズクリエーション

今回は、有限会社イーズクリエーションのシルクニット(シルク天竺)のパジャマを例に紹介します。シルクパジャマというとシルクサテンのパジャマもありますが、洗濯などの取り扱いの簡単なシルクニットをおすすめします。

シルクニットなので伸縮性がよく、寝る前のストレッチや寝返りが激しい人にも好適です。汗を素早く吸い取り乾燥させ、ヒヤッとする冷感機能があり、体を守る適度な保温と保湿効果が、常に心地よい状態を保ってくれるでしょう。
有限会社イーズクリエーション

爽やかなシルクのナイトウェア。杢ネイビー。


トップスは前開きタイプなので、大人のルームウエアの羽織りとして着るのもよいでしょう。ボトムスはふくらはぎ丈のガウチョデザインでウエストゴムのフリーサイズです。落ち感があるなめらかさと、ゆったりとしたサイズ感です。
 
有限会社イーズクリエーション

2018年春夏の新色杢グレー。

肌側の縫い代を寝かせたり、品質表示を取り外せる仕様でより肌への負担を軽減しています。こちらもデリケート素材なので、ネットに入れておしゃれ着洗い洗剤などで「手洗いモード」でのお洗濯が良いでしょう。

 

夏におすすめしないNG素材

今回は、麻・綿・絹の天然繊維を紹介しましたが、ポロエステルやナイロンなどの化学繊維のパジャマやナイトウェアもあります。石油が原料の化学繊維は、長時間の睡眠時、天然繊維に比べて熱が貯まりやすい特徴があります。寒くなる季節のナイトウェアには良いですが、暑い夏のナイトウェアにはおすすめできません。

 

夏パジャマにおすすめのデザイン・形の選び方

常に寝室の温度と湿度が快適な環境に保たれていれば良いのですが、日本の一般的な家屋の場合、眠る時の温度よりも、朝の温度の方が下がりやすくなっています。裸に近いナイトウェアや脚が出るショートパンツなどは、寝るときや寝ている間に暑くても、朝方に寒くなったときの冷えが心配です。

比較的上半身は冷えても大丈夫ですが、お腹や脚を冷やさないことが大切です。例えば、暑がりでタンクトップとショートパンツで眠たいなら、ふくらはぎや足首を温めるレッグウォーマやお腹を包む腹巻を付ける、または、お腹から下に薄手の布団やタオルケットをかけるようにして、体を冷やさないようにしましょう。

つまり、汗を吸って素早く乾かす素材であれば、タンクトップやキャミソール、半袖TシャツでもOK。ボトムは、ロングパンツでもショートパンツでも、自分の好きなデザインのパジャマやナイトウェアで良いでしょう。ただし、寒いと感じたらすぐ保温できるよう、寝具などを上手に合わせることで快適に眠ることができると言えます。

 

夏パジャマにおすすめのインナー選び

夏パジャマのインナー(肌着)をどうするかについては、基本的にはナシでも良いと思います。ただし、冷えが心配な人は吸汗速乾性のいい夏インナーを合わせることで、快適な快眠環境をつくることも重要です。

眠るときのブラジャーは、夏は特にノーブラで眠る人が多いですが、バストのサイドへ流れる原因です。眠るときにもバストラインを守る夜用のブラ(ナイトブラ)を活用するのも手。また、ワイヤーや締め付けが寝苦しさに繋がる場合もあるので、締め付けがなく涼しい夏ブラ(記事『涼しい夏ブラおすすめ比較2018。夏の暑さ・ムレ対策!』)を代用してもよいでしょう。

ご自身にあったパジャマで、夏の熱帯夜も健康的な睡眠を心がけましょう。



【取材協力】
・ベルメゾン(千趣会)
女性下着・インナー・パジャマ フレンチリネン100%

・UCHINO(内野株式会社)
マシュマロガーゼ®

・有限会社イーズクリエーション
E's シルクパジャマ・シルクウエア

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。