相続や相続税などを調べていると、多くの専門用語が出てきます。なんとなくはわかるものの、あまり自信がないことが多いのではないでしょうか。そこで、今回は、「直系尊属」と「直系卑属」について解説します。
 
直系尊属と直系卑属とは?

直系尊属と直系卑属とは?

 

直系尊属とは?父母や祖父母を指す

まずはじめに、理解しやすいように、言葉を『直系』と『尊属』に分解してイメージしてみましょう。
 
『直系』は、血筋(血のつながり)が親子関係により、親から子へ直線的につながるイメージです。では、『尊属』とはなんでしょうか?

『尊属』は、ある人を基準として、その人よりも世代が前の人というイメージです。父母や祖父母など、上の世代のことですね。
 

直系卑属とは?子や孫を指す

では、直系卑属も『直系』と『卑属』に分解してイメージしてみますと、『直系』は先ほどの『直系尊属』と同じなので、『卑属』とはなんでしょうか?『卑属』は『尊属』とは逆で、ある人を基準として、その人よりも世代が後の人というイメージになります。

つまり、自分を中心とすると、父母や祖父母などのご先祖様が、『直系尊属』、子や孫などが、『直系卑属』ということです。

また、双方あわせて『直系血族』といいます。血族は、血のつながっているというイメージですね。言葉は難しいですが、わりと理解しやすいですね。

『直系尊属』や『直系卑属』は、民法における『相続人』の範囲や『相続分』を確認するために、非常に重要な用語となっていますので、ぜひ、覚えておいて下さい。

また、『直系尊属』や『直系卑属』を覚える際に、とても参考となる『親族の範囲(親等図)』も見てみましょう。
 

親族の範囲・親等図をチェック

それでは、より理解を深めるために、『親等図』を見てみたいと思います。『親等』とは、世代の遠近を表す単位です。例えば、「子は1親等」、「孫は2親等」、父母は「1親等」、「祖父母は2親等」という感じです。

 
親族の範囲・親等図

親族の範囲・親等図



このうち、黄色が血族(一部省略しています)、緑色が姻族となります。〇内の数字は親等です。

姻族とは、婚姻関係による、配偶者の血族、および血族の配偶者、をいいます。具体的には、「義理の父母」や「子の配偶者」というイメージです。

青枠内は「尊属」、赤枠内は「卑属」となります。
 

親族とは何を指す?民法で規定された親族の範囲

民法において、親族の範囲が規定されています。具体的には下記のとおりです。

(親族の範囲:民法725条)
次に掲げる者は、親族とする。
一 六親等内の血族
二 配偶者
三 三親等内の姻族


つまり、「6親等内の血族(黄色部分)」と「配偶者」、そして「3親等内の姻族(緑色の部分)」が親族ということになります。

(親等の計算:民法726条)
親等は、親族間の世代数を数えて、これを定める。
2 傍系親族の親等を定めるには、その一人又はその配偶者から同一の祖先にさかのぼり、その祖先から他の一人に下るまでの世代数による。


傍系とは、直系以外をいいます。

『親族』という用語も非常に重要となります。なぜなら、相続税における「小規模宅地等の特例」においても『親族』という記述が出てきます。また、『親族』は、相続税のみならず、所得税においても数多く記述されております。「医療費控除」や「生命保険料控除」の適用判定にも『親族』の記述があります。(その他、法人税にも記述があります。)


そして、『親等』に関しては、相続税における「相続税額の2割加算」の適用判定に非常に重要な用語となっておりますので、ぜひ、この機会に覚えておいて下さい。

できるだけわかりやすくなるように、イメージを重視して解説してみました。用語の解釈には諸説あり、解釈がことなる場合もありますので、実際の解釈の際には専門家に相談するようにして下さい。

【関連記事をチェック!】
相続税を払う必要がある人とは?簡単チェック方法
法定相続人とは誰?法定相続人の順位と相続分の割合が5分でわかる
相続の期限、期間とは?いつまでに何の手続きをする?
法定相続分とは?割合と順位をわかりやすく解説
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。