誤送信を未然に防ぐ3つの対策法

仕事でLINEを使うとき、もっとも防ぎたいのが「誤送信」。LINEはメールよりも手軽にメッセージがやりとりできる分、誤送信も増えがちです。ラインの誤送信を防ぐ3つの方法、
 
  1. 「相手のLINEネームを自分仕様に変更する方法」
  2. 「トーク相手一覧をカスタマイズする方法」
  3. 「壁紙を変更する方法」

をご紹介します。
 

LINEネームを自分仕様に変更する方法

通常のLINEネームのままでやりとりをしていると、似た名前やアイコンの人と間違いがち。そこで、間違えないように自分仕様に登録名を変更します。

友だち一覧
→1.登録名を変更したいトーク相手をタップ
LINEの誤送信防止

友だち一覧画面からトーク相手を選択。この際、一覧のトークではなく、必ず「友だち」からタップする


→「鉛筆マーク」を選択
LINEの誤送信防止

鉛筆マークから新しい表示名を入力

 

→新しい表示名を入力
LINEの誤送信防止

好きな名前に変更。登録名を変更したことは相手に伝わらない

 

トーク相手一覧をカスタマイズする方法

2つめの誤送信対策は「お気に入り」機能を使って知り合いを分類する方法です。

LINEの友だち一覧の表示では、フォルダやタグなどで「仕事相手」「プライベートの友達」を分けることはできません。

ただし、「お気に入りに追加」することで、トーク相手に優先順位をつけて並び順を変えられます。

友だち一覧
→トーク相手を選択→「★」マークをタップ
LINEの誤送信防止

先ほどと同様、友達一覧からトーク相手を選び、★マークをタップ

「★」をつけた人は、「お気に入りカテゴリ」に追加されます。この作業を繰り返すことで、特定の相手だけを「お気に入り」に分類でき、仕事とプライベートの知り合いを分けることができます。

→★をつけた相手は「お気に入り」として上部に分類される
LINEの誤送信防止

★をつけると「お気に入り」に分類され、上部に表示される

 

相手ごとに壁紙を変更する方法

3つめの誤送信対策は、「相手ごとに壁紙を変える」という方法です。

仕事相手や仕事のグループで個別にトークルームの背景を変えることで、見た目が変わって相手を間違えなくなります。

注意点としては、「壁紙の変更」は「着せ替え中」だと適用になりません(「着せ替え」とは、壁紙やアイコン、検索ボックスなどが一変するLINEに搭載されているアプリのこと)。まずは、お使いのLINEで「着せ替え」の状態を確認しましょう。

・「着せ替え」アプリを解除する方法

1.友だち一覧→2.「設定」
LINEの誤送信防止

左下の友だちマークをタップし、左上の設定ボタン


→3.「着せかえ」を選択
LINEの誤送信防止

「着せかえ」を選択

→4.「マイ着せかえ」を選択
LINEの誤送信防止

「マイ着せかえ」を選択


→「基本」を選択して完了
(「基本」以外が適用中なら「基本」に戻す)
LINEの誤送信防止

「基本」を選択


・壁紙を変更する方法

壁紙を変えたい相手のトーク画面を開き、
→右上の「矢印マーク」をタップ
LINEの誤送信防止

矢印マーク→設定

→「設定」をタップ
LINEの誤送信防止

設定を選択

→「背景デザイン」をタップ
LINEの誤送信防止

「背景デザイン」を選択


→「デザインを選択」タップ
LINEの誤送信防止

「デザイン」をタップ

→デザインを選んで完了
LINEの誤送信防止

好きな背景デザインを選択

→壁紙が変更された
LINEの誤送信防止

壁紙のデザインが変更された


LINEに搭載されている既存の機能を駆使することで、ビジネスとプライベートのトーク相手を分けることができ、結果として誤送信対策になります。



それでも誤送信をしてしまったら?
LINEメッセージの「削除・送信取消」に関する記事はこちら
▼ LINE「削除・送信取消」の違い

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。