浴衣の髪型ロング編!ねじりんぱ×三つ編みシニヨンヘアアレンジ

浴衣の髪型ロング編!ねじりんぱ×三つ編みシニヨンヘアアレンジ

hair&make WAKO(anti)

和のニュアンスに包まれたしっとりとしたシニヨンアレンジは、浴衣だけでなく和服にも合わせてほしい本格的な仕上がり。一見難しそうに見えますが、実は顔まわりの毛束をねじってくるりんぱを作り、残りの髪で三つ編みを編んでまとめただけの簡単ステップで完成します。
 

ベースのヘアスタイル

顔まわりにレイヤーの入った、胸ラインのロングヘア。赤みの少ないアッシュ系ブラウンの髪色は8トーン。やや量が多く少し硬めの髪質で、あまりクセのない髪です。
 
胸ラインのロングヘア

胸ラインのストレートロング

 

おすすめのタイプ

顔型:丸 逆三角 ベース(えらハリ)
髪量:多い~少なめ
髪質:all(硬い 硬め 普通 柔らかめ 柔らかい)
クセ:all(あり なし)
 

浴衣ヘアアレンジの方法・やり方

顔まわりの髪をブロッキング

顔まわりの髪をブロッキング

1. 写真のように、顔まわりの髪をトップから耳の後ろに向かって斜めにブロッキング。斜めにすることでトップのバランスが良くなります。このときジグザグにとるのがアレンジをきれいに仕上げるコツです。
 
ねじった左右の毛束を後頭部で結ぶ

ねじった左右の毛束を後頭部で結ぶ

2. 分けとったサイドの髪を後ろに向かってねじります。逆サイドも同様にし、後頭部で2本の毛束をひとつにまとめてシリコンゴムで結び、ねじりんぱ。
 
ねじった髪をほぐす

ねじった髪をほぐす

3. ねじりんぱ髪にボリュームが出るよう、少しほぐします。毛束全体を緩めるのではなく、表面の髪を数本ずつ引き出すようにすると上手くいきます。
下ろした髪を三つ編みにする

下ろした髪を三つ編みにする

4. ひとつに結んだ毛束も含め、下ろした髪を左右でふたつに分けます。襟足から毛先まで三つ編みにして、毛先を輪っかにしてシリコンゴムで留めてください。
 
三つ編みを交差させる

三つ編みを交差させる

5. 左の三つ編みを、右の三つ編みの下に通して交差させます。

 
耳の後ろで留める

耳の後ろで留める

6. 毛先の輪っかが上にくる状態にして、耳の後ろでアメピンを使って留めます。step2で作ったねじった毛束のすぐ下に沿わせて留めてください。もう一方の三つ編みも同様にして、形を整えます。

このとき、ピン1本で留めようとせず、安定するまでピンを増やしましょう。地肌に直接ピン留めするイメージで挿すと、留まりやすいです。
 

上手く仕上げるポイント

アレンジのボリュームを低い位置に作るのが、しっとりと大人っぽいスタイルのポイント。そのためには顔まわりの髪をねじった毛束をできるだけ低めの位置で結ぶのが大切です。すっきりと耳を出したアレンジは、凛とした女性の美しさが際立ちます。
 
アレンジのボリュームを低い位置に作る

アレンジのボリュームを低い位置に作る

 

サイド&バック

ロング浴衣・ねじりんぱ×三つ編みシニヨンアレンジ

hair&make WAKO(anti)

ロング浴衣・ねじりんぱ×三つ編みシニヨンアレンジ

hair&make WAKO(anti)

 

使用したヘアアクセサリー

薄紫と濃紫のコサージュは、揺れる飾りがついた、和の気分を高める一点。さらに大きなシルバー地のコットンパール×ドット柄のかんざしと、小さなコットンパールのUピン、ガラス玉のUピンといった、異素材の組み合わせで遊び心をプラスしています。
素材違いのUピンやかんざしを重ね付け

素材違いのUピンやかんざしを重ね付け

 

浴衣×帯の合わせ方

ヘアスタイルに合わせ、着こなしもしっとりと大人っぽく。紫地にストライプと水蓮が描かれたあでやかなデザインの浴衣に、薄い緑色の麻帯を合わせた涼やかな着こなしです。帯締めには紫と補色関係になるワインレッドを使って引き締めつつ、トンボ玉の帯飾りで少女気分をひとさじ。
紫の浴衣に淡い緑の帯を合わせて涼やかに

紫の浴衣に淡い緑の帯を合わせて涼やかに



【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。