車検代やガソリン代、駐車場代なしでクルマを使える!

カーシェアリング

カーシェアリングのランニングコストを計算すると?


駐車場代や税金、車検代やガソリン代、おまけに任意保険料……。クルマのランニングコストを計算すると「そんなに乗らないのに、コスパ悪っ!」と思いませんか? とはいえ、買い物や通院などでクルマは必要だし、まったくクルマが使えないのも不便。

それなら、いっそのことクルマの所有をやめて、カーシェアリングに切り替えるという方法もあります。

タイムズカープラス」のカーシェアリングは、入会後は予約専用アプリで近くのステーションを検索し、車種を指定して予約すれば、あとはクルマのセンサーに会員カードをかざして乗り込むだけ。

難しい操作や手続きはないので、クルマ初心者でも大丈夫。レンタカーのような受付もなく、返却したら利用明細はメールで送られてくるので、誰にも会わずにクルマを利用できます。この気軽さが魅力なので、私は最近、自宅周辺だけでなく、実家や出先の周辺でもカーシェアリングをよく利用するようになりました。
 

気になる料金は、1ヶ月3回・6時間利用で1万2000円程度

カーシェアリング

どんなクルマの使い方ならお得になる?

【個人プラン・ベーシッククラス(デミオ・プレオ・アクアなど)】
料金はガソリン代込みで15分206円~
1ヶ月3回、1回あたり6時間借りた場合で試算すると
月額料金は計1万2060円です。

駐車場代を月に何万円も払っている人や、年額3、4万の自動車税、車検代を考えると、シェアリングに切り替えたら圧倒的にコスパが良くなるご家庭も多いのでは? 

私も、自動車ライターという仕事をしていながら「東京でクルマ、要らないんじゃない?」と常々思っております。

月々2万円近い駐車場代を払って、ガソリンはハイオク指定。2年に一度の車検は何十万と飛んでいき、せっせと稼いだ原稿料はクルマの維持費に消えていると言っても過言ではありません……。
 

我が家のケースで試算すると、月6回借りられる

ざっくり、我が家の最低限の自動車ランニングコストを計算すると……
  • 駐車場代:2万円 × 12ヶ月=24万円/年
  • ガソリン代:1万円 × 12ヶ月=12万円/年
  • 任意保険料:5000円 × 12ヶ月=6万円/年
  • 自動車税:3万9500円/年
  • 合計:45万9500円
  • 45万9500円÷12ヶ月=約3万8300円

月々約3万8300円分をシェアリング料金に換算してみると、1回あたり6時間とすると月に6回は借りられます。月に2、3回、コストコや大型ショッピングモールに行く程度の使い方をしている方ならシェアリングで十分でしょう。
 

たまにしか利用しないからこそ、便利な機能もたくさん

タイムズカープラス

手軽なカーシェアリング。維持費がもったいない!と思ったら、試しに一度利用してみては?

クルマには音声案内機能があり、車内に乗り込むと「鍵をグローブボックスから取り出してください」「利用時間の1時間前になりました」と教えてくれて、高速道路を使ったらインターを降りた瞬間に「ETCカードのお取り忘れにご注意ください」とすかさずフォロー。

仕事でクルマに何度となくETCカードを忘れる私のおっちょこちょいっぷりを知っているかのような、丁寧な案内をしてくれます。

利用時間を延長したくなったら、ナビ画面からの簡単な操作で、すぐに手続きOK。子どもとのお出かけで「急に○○しなくちゃ」の事態が起きても安心です。
 

ジュニアシートはあるが、ベビーシートは用意必要

ジュニアシートはクルマに常備されていますので、体重が15kg以上の4歳から10歳くらいまでの子どもであれば使えます。ベビーシートやチャイルドシートは用意されていないので、新生児から3歳までの子どもを一緒に乗せるなら持参しましょう。

また、万が一の事故に備えて、利用料金には対人・対物・車両・人身障害の場合、無制限の補償が付いています。さらに、予約利用時に「TCP安心補償サービス」に加入すれば、事故時のノンオペレーションチャージやペナルティ料金の免除、タイヤの実費、バッテリー上がり、キーのインロック、ガス欠、レッカー等の費用が免除されます。

ステーション(タイムズカープラスが利用できるコインパーキング)によっては、週末は予約でいっぱいになることもありますので、確実に使いたいなら早めの予約を。

タイムズカープラスは利用拠点の多さが魅力です。首都圏の駅から徒歩圏内なら、自宅近くにカーシェアリングを利用できるタイムズパーキングがたくさんあります。一度、検索してみてはいかがでしょう?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。