Twitter懸賞はカンタンすぎる応募が魅力!

Twitter懸賞で当たったボスアロハシャツ

Twitter懸賞で当たったボスアロハシャツ

懸賞の応募方法としてはハガキやWEBなど多様な応募スタイルがありますが、ハガキは書く手間と共に、ハガキ代も掛かるため、当たらなければコストもバカになりません。

各社ホームページなどから応募するWEB応募もコストは低いですが、応募フォームに入力する手間があるため、手続きが少々、面倒なもの。懸賞を効率よく当てるためには、こうした手間やコストを抑え、応募する案件を増やすことが一番です。

そこで今回ご紹介するのは、最もこの条件に合致するカンタンすぎるTwitter懸賞!

ちなみに私自身、このTwitter懸賞では過去に、こんなもの(一例)を当ててきました。

◆「勤続25年 ボスでハワイ! キャンペーン」 ボス アロハシャツ
◆別冊少年マガジン 漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』複製原画
◆アサヒ飲料「WONDA 極」深煎りの極み体験セット
◆ほっともっと から揚スパイス小袋100個
◆商品券1万円
◆全国百貨店共通券5000円
◆タイレストランの食事券3000円……etc


応募の基本は、フォロー&リツイートだけ!

Twitter懸賞に難しいことは、何一つありません。
懸賞を行っている各アカウント上で基本的には、フォローしてリツイートするだけ。
本当にたったこれだけで、応募完了です。

あまりにも簡単すぎて拍子抜けされたかもしれませんが、この簡単さがTwitter懸賞の魅力。あとは抽選結果を待ち、当選した時にダイレクトメッセージで当選通知が届く場合が多いです。

当選通知には、賞品発送用の発送先応募フォームなどが含まれていますので、必要事項を記載すれば賞品が届くシステムです。

一つ注意することは、フォローを解除してしまうとダイレクトメッセージが受信できなくなってしまうので、せっかく当選しても連絡が取れなければ当選無効になってしまうこともあり得ます。ご注意を!

情報収集が当選のカギ?Twitter懸賞仲間をつくろう!

スマホで簡単応募!

スマホで簡単応募!

前述のように、Twitter懸賞応募の仕方は以上で、あとはひたすらフォロー&リツイートを繰り返すだけ。ただ、Twitter懸賞は懸賞サイトにまとめられている情報もありますが、その多くは自分ひとりで探すのが困難なほど、膨大です。

そこで頼りにしたいのが、同じくTwitter懸賞を愛している仲間たちです。Twitterで懸賞をしている人達をフォローしていくと、必然的に彼ら彼女らは常日頃からTwitter懸賞をしているので、リツイートした懸賞情報が表示されてくるようになります。

あとは、その上がってきた懸賞情報をクリックしまくるだけ!
Twitter懸賞は仲間の情報が勝敗を分けるので、どんどんフォローしましょう!

これぞまさしく、SNSの拡散力がもたらしてくれるメリットです。

楽しい大喜利系Twitter懸賞や偽懸賞アカウントも

さて、ここからはTwitter懸賞にまつわる余談です。
Twitter懸賞では、ただフォロー&リツイートで応募が完了するものだけではなく、大喜利のようなコンテスト形式のものがあります。

現在開催中(2018年7月23日(月)10:00締め切り)のポッカサッポロが行っている「がぶ1グランプリ」(http://gabunomi-gabu1.jp/)では、がぶ飲みミルクコーヒーにちなんで、「がぶ飲みしたいとき」という題材をツイッターでつぶやくことで賞金が当たるキャンペーンを実施しています。

こうした大喜利系ではアイデアやひらめきが求められるため、フォロー&リツイートよりも少々、ハードルが上がるため、応募率が下がります。これは賞品を獲得するチャンスが高まることを意味していますし、言うなれば、作品の良し悪しで当選が決まるのでユーモアのある方はぜひチャレンジしてほしい案件です。

そして、もう一つは注意してほしいことですが、Twitter懸賞を催す側(賞品の提供側)には如何にもと言わんばかりの偽懸賞アカウントがあります。

偽懸賞アカウントとはフォロー&リツイートしてもそもそも賞品が当たらなかったり、当たった人もいるという情報を聞いたことはありますが、その後、賞品の発送時に個人情報を渡すことになるので注意が必要です。

大手企業などの信頼できるアカウントが催すTwitter懸賞以外は手を出さないようにすることも大切です。

最後に一言。懸賞に当たった際は、Twitterで当選報告をしてあげましょう! ひとつでも話題にしてお返しすることが賞品を提供してくださった主催者様のPRにつながり、なおかつ、感謝の表明にもつながりますので。

【関連記事】
【狙い目公募】論文に挑戦して高額賞金をもらおう!
サラリーマン川柳も夢じゃない!川柳公募の入選テク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。