【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚したいのに、できないのはなぜ?

結婚したいのに、できないのはなぜ?

結婚したいのに、できないのはなぜ?

婚活女性の中には、「結婚したいのに、結婚できない」「付き合う人は、結婚不適合者ばかり」なんて言っている人もいます。そんな人は、自分の結婚運を嘆いたり、相手のせいにしたりしがちですが、もっと気付いた方がいいこともありますよ?

今回は、そんな結婚したいのにできない婚活女性の矛盾を3つ紹介します。


矛盾1:本気で結婚したい?

婚活女性の中には、「恋人が結婚してくれない」と嘆いている人も少なくありません。でも、本当に結婚をしたければ、「結婚できる人」を求めるもの。結婚できないような相手は、たとえ素敵であっても、恋愛対象から自然と外れるものなのです。
どんなに好きであっても、相手が結婚をしてくれないのであれば、その人とでは、結婚する夢は叶えられないので、他に“結婚できる可能性がある人”を探すものだからです。

では、結婚したいのに、結婚に向いていない人ばかりを好きになる人の心理とはなんでしょうか?そういう人は、「結婚したいのではなく、恋愛がしたい」のです。
とはいえ、「恋愛と結婚は別物」とまで言っているわけではありません。できることなら、愛する人と結婚したいものですしね。逆に、リアルに結婚生活を想像したときには、単に条件だけが合う人と結婚しても、乗り越えられない問題も出てくるので、愛情は大切です。
それで言えば、条件がいいからと好きでもない人と結婚する人もまた、ある意味、結婚を理解しきれていないところはあると言えるのかもしれません。

ただ、だからこそ、リアルに結婚生活を想像したときには、結婚に向いていない人(結婚しても幸せになりそうにない人)とは、わざわざ恋愛をしたいと思わないものなのです。
素敵な人は素敵だと思うまま、また好きな人は好きでいたとしても、本気で結婚をしようと考えている時には、だからって、今、「この人と恋愛をしたい」とは望まないものなのです。
そんなことをしている時間がもったいないですし、その時間があれば、結婚できる可能性のある相手と出会って、結婚に向けて進みたいものですしね。

だから、「結婚したい」と言っておきながら、結婚向きではない人に恋をしている人は、一度、自分の本心と向き合った方がいいでしょう。
別に、今、恋愛をしたいのであれば、それでいいのです。そういう時期もあります。ただ本心では恋愛をしたいのに、結婚をしたいのだと解釈していると、自分の心と行動が一致しないので、物事がうまく進まないことも出てきてしまいます。
結婚したいと思い込んでいる時の行動と、本気で結婚したいと思っている時の行動はやはり違いますし、それに伴う結果も変わってきますしね。

また中には「相手を愛しているから、結婚したいんだ」と思う人もいるでしょう。そういう人にも実は矛盾があります。それを次のページで紹介します。