次の出費に備えよう

お金は天下の回り物と言いますが、回って来るのを待っているだけではどうにもならないことがあります。使い過ぎてしまったと思っている「あなた」、今すぐにでも3つのことを始めて下さい。

1.計画は万全だったか確認しよう

GWに出かける際、誰とどこに行くのかを事前に計画していたと思います。もしお金を使い過ぎてしまったというのなら、計画を立てた時点での予算立てが間違っていたということになります。

お金を使い過ぎてしまった原因で最も考えられるのが、お小遣いを制限なしに使ってしまったということなのではないでしょうか?

旅先で見つけたもの、そこでしか体験できないこと等、機会は逃したくないと思いますので、予算オーバーだと知りつつも楽しんでしまうのではありませんか? 実は私もこのタイプなのです。

このようなタイプの人はどこへ出かけても同じように行動しますので、旅の予算立てをするときには、お小遣いを多めに予算に組み入れておくことが必要です。お小遣いから逆算して旅費や行き先を調整していけば予算オーバーを回避できるのではないでしょうか? たぶん…?!

2.収入アップを目指す

万一、家計がピンチに陥ってしまった場合には、収入を増やす、借り入れをする等の対策を練らなければなりません。

アルバイトOKの会社であれば、お休みの日や就業時間後にアルバイトをして収入を得ることを目指しましょう。

アルバイト不可の場合には、借り入れしなければならないことも。そのような場合には、金利の低いものから借り入れします。

まずは家族等から直接借りる、銀行の定期預金の貸越、初回のみ期間限定の無料借り入れ可能なカードローン等から借り入れるようにします。

とはいえ、くれぐれも借り過ぎに注意しましょうね。

3.1年間の支出の見直しをする

GWは1年の間で1週間から10日程度の期間です。ここでお金の流れが崩れてしまったら、その後の期間にも大きく影響が出てきてしまいます。

お金をいつ、どのように、どれくらい使うのか、使わなくてはならないのかが分かっている場合には、支出額を見直していくことが必要です。

使い過ぎてしまったというのは、そもそも支出の見積額が少なかったということ。見直しする場合には、収入は少なめに、支出は多めに計上していきましょう。もちろん、使い切らないことが望ましいのは言うまでもありませんが…。

ここでしっかり見直せば、楽しい夏休みが待っています。頑張りましょう♪

GWで使い過ぎ

レジャー費の予算立てはお小遣いから逆算して計画を立てるのもアリ。その他、食費等も事前にいくらかかるのかを調べてから計画を立てると予算オーバーになりにくくなります。


【関連記事をチェック!】
家計を見直しスリム化!お金がかかる夏に備えて
「将来のお金」への漠然とした不安への対処方法とは?
貯金ゼロから脱出するための節約のヒント3つ
お金がないときに!お得な3つのお出かけ方法!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。