その3:「精神性のレベル」と「成長の度合い」が似ていること

「精神性のレベル」と「成長の度合い」が似ている人となら、一緒に歩んで行ける

「精神性のレベル」と「成長の度合い」が似ている人となら、一緒に歩んで行ける

「精神性のレベル」が似ている者同士は、一緒にいると居心地の良さを感じるものです。逆に相手の方の精神性が高すぎると、「自分はダメな人間なんだ」と劣等感を抱くこともあれば、逆に相手の精神性が低すぎると、相手に尊敬の気持ちが抱けず、話しているのが苦痛になってくることもあるでしょう。

ただし、出会ったときは「精神性のレベル」が同じであっても、どちら一方かが成長し、もう片方が全く変わらない、もしくは堕落してしまったときには、「精神性のレベル」が合わなくなり、その関係が終わってしまうことは多いものです。
例えば「歳の差カップル」でも、年下の彼女が成長するにつれ、年上の男性に対して物足りなくなり、別れを切り出すことは、よく聞く話。実年齢よりも精神が大人っぽく向上心の高い人ほど、年上の相手に惹かれる傾向があるからこそ、たとえ相手が10歳以上年上であっても成長しないような人である場合は、あっという間に追いついてしまい、レベルが合わなくなってしまうものなんですよね。
だから、「精神性のレベル」だけではなく、「成長の度合い」も同じくらいでないと、月日が経つにつれ、だんだん話が合わなくなってきて、関係が破たんしてしまうことも多いものです。

余談ですが、歳の差カップルでも、年上の方が年下の方に比べて、はるかに上の精神性を持っていて(※単なる経験値による知識の豊富さというレベルではなく)、父性、母性といった大きな愛で相手の成長を応援できるようなタイプであるなら、「精神性のレベル」が一致していなくても、惹かれ合うことはあるものです。もし10歳以上年上の人が好きな人の場合は、そういう相手を選んだ方がうまくいきやすいでしょう。

もしあなたが年上好きな女性で、相手の男性がそういう人かどうかを見抜くポイントを1つ挙げるとすれば、それは、「その人は、同世代の女性のことも相手にできる男性なのか(=同世代の女性にも相手にされる男性なのか)」ということです。同世代の女性には太刀打ちできない程度のレベルの男性だったら、あなたが成長したときには、物足りなくなってしまう可能性は高いでしょう。

ハッキリ言ってしまえば、「うんと年下の女性と付き合えるのは、魅力のある男の証拠」なんていうのは、男性たちの勝手な価値観です。中には、魅力があるどころか、精神性がそれだけ低いこともありますしね。だからこそ、もし年上好きの女性は、相手の「精神性のレベル」と「今後も成長していく人なのか(成長が止まっている人ではないか)」はきちんと見た方がいいでしょう。


ずっと付き合っていける関係を!

人は常に成長し、変化をし続けるし、状況も変わっていくものなので、「同じ相手とずっと合う」というのは、実はとても難しいことです。それは、恋愛に限らず、友達との関係でも同じこと。学生の時は気が合う相手であっても、社会人になって、お互いに環境が変わっていくと、話が合わなくなってくることもありますしね。

今回挙げた3つのポイントは、長続きする関係を持つための「相手選びのポイント」でもあり、「その2」に関しては、自分自身の努力も大切です。長く続く相手かどうかというのは、最後はご縁の話にもなりますが、自分の力でもずっと付き合っていける関係を築いていきたいものですね。

[関連記事]
・関係が長続きする人ができていること
・しぶとく続く恋愛関係を築いてみませんか?


[お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイト「HAPPY WOMAN NEWS」を配信中!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

・今回のコラムをさらに掘り下げて解説!ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。