一生愛せるマリッジリングは、「素材選び」にかかっている!

結婚指輪を手にする、カップル

ふたりで一緒にずっと身に着けるものだから、日常での着けやすさを重視して

 

日常で身に付けることが前提のマリッジリングは、身に着けやすさも重要な選択ポイントです。憧れや好きなデザインも大切ですが、丈夫さはもちろん、金属アレルギーについても知っておきたいところ。ふたりにぴったりのものに辿りつくために、指輪探しを始める前にチェックしておきましょう。


 

定番の素材は、プラチナとゴールド

プラチナリングは、定番であり憧れともいえる素材

プラチナリングは、定番であり憧れともいえる素材


「指輪と言えばプラチナやゴールド」というイメージがあるかもしれません。加工やサイズ直しのしやすさなど、日常遣いの指輪にふさわしい条件が揃っているため、実際にこれらを選ぶ人は多く、人気の素材です。まずは、定番素材の特徴を知っておきましょう。

・プラチナ……産出量が少なく希少性が高い/明るい白系の色(白金と呼ばれます)/変色・変質しにくい/柔らかい素材のため、デザインの種類が豊富
・ゴールド(金)……イエロー、ピンク、ホワイトなど色どり豊富/K 18(純度75%)であれば変質・変色しにくい/ファッション性が高い

プラチナはその希少性や色、純度などから結婚を誓う指輪にふさわしいとされてきました。純度はPtの後に続く数字で表され、Pt900は全体の90%にプラチナが使われているという意味。プラチナは軟らかい性質があるため、他の金属を混ぜることで硬度を高めてジュエリーに使用されています。

一方のゴールドも、純度はKまたは金で表され、K 18は純度75%、K24は純度100%という意味。純度が高くなるほど軟らかく、プラチナと同様に他の金属を混ぜて硬度を高めてジュエリーに使用します。この混ぜる金属の種類と割合により、硬度だけでなくその色合いにも変化がつくというわけです。
どちらも金属アレルギーが起こりにくい素材ですが、強度を保つために配合する他素材によって症状が出るケースがあるようです。心配な場合は、皮膚科で金属アレルギー診断を受けておくといいでしょう。

 

新素材も続々登場。選択範囲はますます拡大!

定番素材であるプラチナやゴールドの存在感は強いものの、最近はさまざまな素材も登場しています。素材ごとにデザインの幅やテイストも異なるので、選び方によってふたりの個性を出しやすいのが魅力。また、金属アレルギーへの配慮から、選択肢に入れる人もいるようです。以下に、いくつかの素材と特徴を挙げて紹介します。

・チタン……他金属に比べ硬く、さびや変色にも強い/硬さゆえ、サイズ直しが難しい/カラーバリエーションが豊富/軽くて着けやすい/傷がつきにくく、非常に丈夫/金属アレルギーを起こしにくい
・ジルコニウム……カラーバリエーションが豊富で、個性を出しやすい/金属アレルギーを起こしにくい/硬くて丈夫
・タンタル……ダークグレーの色調/斬新で個性的/硬度が高く、丈夫でさびにくい/金属アレルギーを起こしにくい/加工が難しく取り扱い店舗が限られる/サイズ直しは困難
・木製……木の材質により強度や色が異なる/加工しやすく、デザインの種類の幅も広い/変色・変形に注意/サイズ直しは困難
・パラジウム……プラチナと似た色と質感で高級感がありながら、プラチナよりお手頃な価格/軽量で硬くて丈夫/変色・変質しにくい/金属アレルギーに注意

チタン、ジルコニウム、タンタルは、医療や工業、宇宙技術など信頼が求められる現場でも使用される素材で、丈夫さは折り紙付き。変質や変色を気にせず使えて、金属アレルギーも起こりにくいとされています。一方で、その強固さからダイヤをあしらうなどの加工は難しくデザインの幅は狭まってきます。素材そのものの存在感や色合いを楽しむ結婚指輪と言えそうです。温もりある木製の指輪は、ひと目で見ただけでふたりの個性を表現できそうですね。

 

結婚指輪は「ふたりで選ぶ」カップルが85%!

ジュエリーショップで指輪を選ぶカップル

一緒に選ぶ過程も、良い思い出に


結婚指輪の素材選びについては以上です。どれもが長所と短所の両方を持ち合わせていて、迷ってしまいますね。ちなみに、結婚指輪は誰が決めているのかというと、「ふたりで選んだ」が85.8%とダントツ(ゼクシィ結婚トレンド調査2017)!

ふたりのライフスタイルや好みを話し合いながら、楽しく幸せな結婚指輪選びを体験していただきたいなと思います。


 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。